風呂掃除におすすめのブラシ・スポンジ6選&とっておきの道具収納術

お風呂掃除に欠かせないブラシやスポンジ。

皆さんはどんなものを使っていますか?

使い勝手のいいものは掃除を楽しくしてくれますよね。

でも、色々と種類があって迷ってしまいます。

そんな方へ私のおススメブラシとスポンジをご紹介したいと思います。

-----スポンサーリンク-----

お風呂掃除におすすめのブラシ4選

お風呂掃除のブラシには、ハンディタイプと伸縮タイプがあり、先端もブラシとスポンジタイプがあります。

どれも使う用途によって、利点がありますので、それぞれご紹介したいと思います。

ハンディタイプ

ハンディタイプは、先端がブラシになっている物が多く、蛇口や排水溝、ドアの溝部分など細かな場所のお掃除に最適です。

なかなか手では行き届かない部分まで、ゴシゴシとお掃除をすることが出来ます。

伸縮タイプは、先端が大きめの物が多いので、細かな溝のお掃除はハンディタイプを活用することをおススメします。

そんなハンディタイプのおススメは、「バスボンくん すき間スッキリクリーナー グリーン」です。

何とも言えない柔らかなブラシが、汚れをよく落としてくれます。

サイズはやや小さめで、細かなところをお掃除するにはとても使いやすいサイズです。

伸縮タイプ

伸縮タイプは、低い床や浴槽はもちろん、高い天井などもお掃除したい箇所に合わせて長さが変えられる優れものです。

腰を曲げることなくお掃除が出来るので、お掃除するのが大変な高齢者の方でも気軽にお掃除が出来ます。

伸縮タイプでお勧めは、「スコッチブライト おふろスポンジ ハンディロング 伸縮 バスシャイン」です。

こちらは、49cm~69cmまで長さの調整が可能です。

先端が180°動くので、手が届かない天井の角でもスイッとお掃除することが出来ます。

汚れたらヘッドだけ売っているので、ヘッド交換だけすればOKなのも、経済的で嬉しいです。

スポンジタイプ

先端がスポンジタイプになっていると、浴槽を傷つけずにお掃除が出来ます。

ブラシではお掃除出来ない大理石や木製タイルもお掃除できるのがメリットです。

スポンジタイプでお勧めは、「aisen バスブラシ トレピカ イエロー」です。

繊維1本あたりがわずか0.045mmの超極細繊維で出来ているので、浴槽や浴室の細かい溝や傷に入り込み、付着した汚れも力を入れずに楽にお掃除が出来ます。

ポリFRPやステンレス、ホーロー、人工大理石、木製、タイルほとんどの素材に使用可能です。

スポンジを取り外して、使う事も交換することも出来るので、とても便利です。

ブラシタイプ

ブラシタイプは、しっかり汚れを落としたい時にゴシゴシ洗えていいですね。

昔ながらのデッキブラシは力も入れやすいので、お掃除が楽しくできます。

そんなブラシタイプでお勧めは、「ダイソー デッキブラシ」です。

値段もお手頃ながら、しっかりお掃除出来る優れものです。

取っ手と先端部分がバラ売りのジョイントタイプで販売されています。

ブラシが汚れても、お手軽価格なのですぐに買い替える事が出来ていいですね。

-----スポンサーリンク-----

お風呂掃除におすすめのスポンジ3選

スポンジといえど、色々と種類があります。

今回は、種類と共におススメのスポンジをご紹介します。

ウレタン素材&ナイロン不織布の一石二鳥なスポンジ

台所用スポンジのキクロンなんかは、この素材のスポンジで有名どころですかね。

ウレタン素材と研磨粒子付きのナイロン不織布が一体となったスポンジです。

柔らかいウレタン素材は、柔らかな汚れに使用でき、傷がつきにくいのが特徴です。

頑固な汚れには、研磨効果のあるナイロン部分で使用できます。

一石二鳥なスポンジなので、汚れに合わせて使用でき、とても便利です。

もちろん風呂用スポンジにも、この素材の物が多くあります。

そんな風呂用スポンジでお勧めなのが、、「スコッチブライト おふろスポンジ 抗菌 特殊研磨粒子付き バスシャイン」です。

台所用スポンジでも有名なスコッチブライトシリーズのお風呂スポンジです。

抗菌加工なので、ヌメリもなくお風呂を清潔にしてくれます。

ラックやタオルバーに引っ掛けられる水切れが良い形状なので、スポンジ置き場にも困りません。

アクリルスポンジ

アクリルは、細かな繊維が汚れを落としてくれるので、洗剤いらずで水だけ汚れを落としてくれます。

手作りで編むことも出来るので、自分だけのスポンジも作れたりして、エコスポンジとも呼ばれています。

アクリル素材は、「磨く」ことに特化しているので、皮膚汚れのついたお風呂掃除にも、しっかり使えます。

そんなアクリル素材でお勧めのスポンジは、「激落ちバスクリーナーアクリルニット」です。

水だけで、浴槽についた湯垢や皮脂汚れを綺麗に落としてくれます。

手荒れが気になる方は、洗剤不要なのでおススメです。

アクリルスポンジは、雑菌が繁殖しやすいので、お掃除後はしっかりと水洗いと乾燥をしてください。

メラミンスポンジ

色々な汚れ落としに使えるのが、メラミンスポンジ。

少し水をつけてこするだけで、力を入れなくても汚れを落としてくれます。

お風呂場の桶や風呂椅子、鏡などの水垢落としに最適です。

メラミンスポンジでおススメは、「レック 激落ち ポイポイ」です。

使いたい分だけちぎって使用できるので、とても経済的です。

細かな汚れもこれひとつで、綺麗に磨くことが出来ます。

ただ、光沢のある素材は艶が落ちてしまう事があるので、ご注意を。

ブラシとスポンジの収納術

お掃除に使うブラシやスポンジは、直接床に置かずに通気性がいい場所に置いておく事が大事です。

掛けて置く

シャンプー台やタオル掛けに掛けておくことで、入浴前後などにさっとお掃除する事が出来てとても便利です。

掛けておくことで、水切りも出来るので衛生的にもいいですね。

ペットボトルは便利な収納BOXに

大きめのペットボトルは、半分に切って水出し口を下にしてしまうと、手作りスポンジ入れになります。

水切りも心配いらずで、手軽に持ち運び出来るのでとても便利です。

濡れた道具はどうする?

濡れた道具は、そのまま放置しておくとカビや水垢、最近の原因になります。

濡れた道具は、必ず乾かしておきましょう。

スポンジやブラシは、床に置くと汚れの原因になるので、直接床に置かない方がいいです。

スポンジは、絞った後に乾いたタオルで軽く絞ると水分を取ってくれます。

お天気のいい日は、お外で日光消毒することで、清潔に保つことが出来ます。

まとめ

  • ブラシとスポンジは、用途に合わせて選ぶ
  • 収納は、通気性がいい場所へ
  • 掃除道具は、直接床に置かずに必ず乾かしておくこと

使い勝手のいいスポンジやブラシを使って、掃除の腕をあげちゃいましょう。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ