一人暮らしのお風呂掃除の頻度はどれぐらい?シャワーのみ・湯を張る場合

風呂掃除 頻度

一人暮らしは、快適でいいですよね。

お風呂の時間も誰の目も気にすることなく、ゆっくり入れて最高です。

ただ、一人だとお掃除ってどれくらいの頻度ですればいいのか分からなくなってしまいます。

そんな方へ、一人暮らしのお風呂のお掃除頻度や効率的な掃除法をお伝えしたいと思います。

-----スポンサーリンク-----

お風呂掃除の必要性

お風呂場って、タイル張りだし一見綺麗に見えて、まだお掃除は大丈夫と思いますよね。

ただ、水場なのでカビや水垢が発生しやすい場所です。

最近は窓がついてない風呂場も多いので、換気をしていないとあっという間に菌が増殖してしまうんです。

黒カビ・ピンクカビ・水垢の汚れを放置していると…

風呂場に出るカビで一番気になるのが、黒カビですね。

黒カビは、主に壁やタイルに発生しやすく、なかなか落ちづらい特徴があります。

次に、気になるのがピンクカビです。

ピンクカビは、ジャンプ-の裏や桶なんかを同じ場所にずっと放置しておくと発生します。

薄いピンクのぬるぬるが特徴です。

あとは、蛇口や鏡なんかに出来る水垢です。

これもなかなか落ちなくて苦労します。

このカビや水垢を放置しておくと、とても不衛生です。

風呂場の悪臭や体の病気・虫の発生など、色々な良くない事が起きてしまいます。

体を清める場所だからこそ、清潔にしておくことはとても大事です。

どれぐらいの頻度で掃除すべき?

お風呂掃除は、最低でも週1回はやることをおススメしますが、時間がある方は、毎日ちょこっとずつやるのがいいと思います。

カビはすぐ生えないと思っている方もいると思いますが、目に見えないだけで1日放置だけでもカビは発生します。

目に見えたカビが生えている時には、時すでに遅しな状態なわけです。

シャワーのみの場合

一人暮らしだと、普段シャワーのみを使用する方も多いですよね。

週1回のお掃除の際は、タイルや壁・シャンプーの裏などお掃除をした方がいいです。

毎日ちょこっと掃除をするのであれば、シャワーが終わった際にお湯で風呂場を一周綺麗に流しましょう。

石鹸残りや髪の毛など思ったより風呂場には広がっています。

そのカスを溜めるとカビなどの発生に繋がるので、お風呂を使用したばかりであれば、お湯をかけることで綺麗に流すことが出来るので、かなり効果があります。

そして、最後はお湯ではなく水で流すことで風呂場の温度が下がるので、湿気の広がりを抑えてくれます。

最後は、換気です。

窓がある方は最低でも30分ほど、換気扇の方は1~2時間ほど換気してあげると熱がこもらずカビの発生が防げます。

湯を張る場合

お湯をはる場合は、シャワーのお掃除とプラスで、浴槽のお掃除が必要です。

お掃除頻度としては、シャワーと同様週1回+ちょこっと掃除が効果的です。

浴槽は、市販の洗剤でゴシゴシと洗ってもいいですし、重層でつけ置きする方法もあります。

重層の場合は、お風呂に入った後、残り湯に重層を入れて放置し、次の日に流すだけです。

その際に、桶やスポンジなど一緒につけることで手間なくお掃除が出来ます。

浴槽を流した後は、シャワー同様水シャワーで浴槽をよく流しておきましょう。

シャワーヘッドの掃除法

シャワーヘッドってお掃除したことありますか?

シャワーを多く使用する一人暮らしだからこそ、シャワーが目詰まりして出が悪いなんてことになったらとても不便ですよね。

シャワーヘッドは、水垢やカルキ汚れがたまると出が悪くなってしまいます。

3か月に1回を目安にお掃除してあげると、快適に使う事が出来ます。

用意するもの

  • セスキ炭酸ソーダ
  • 竹串

セスキ炭酸ソーダとは、弱アルカリ性で水に溶けやすく、浸透性が高いのが特徴です。

皮膚や手垢、カルキなど様々な物を溶かして綺麗にしてくれます。

薬局や100均などで購入することが出来ます。

セスキ水にシャワーヘッドをつけ置きする

洗面器などに水を溜めて、セスキソーダを溶かし、そこへシャワーヘッドをつけ置きします。

分量は、1リットルの水に対して、セスキ炭酸ソーダ大さじ1です。

30~1時間ほどつけ置きすると、汚れを浮き出してくれます。

竹串で細かな汚れをとる

シャワーヘッドの穴の細かな部分はつけ置きでは取りきれないので、竹串やブラシなどでとります。

あまり強くとってしまうと、汚れが奥につまったり、シャワーヘッドを傷づけてしまうので、優しく注意してとるようにするといいです。

-----スポンサーリンク-----

風呂掃除のタイミングはいつ?

お風呂掃除のタイミングは、いつでもいいですが、お風呂に入った後の「ついで掃除」するのがベストなタイミングです。

お風呂の後にお掃除をしておけば、次にお湯をはって入る際も軽く流してお湯をためる事も出来るので、手間なく入浴時間がとれます。

ついで掃除のポイント5つ

毎日使うお風呂場は、入浴後に「ついで掃除」がいいとおススメしましたよね。

その際のお掃除ポイントを幾つかご紹介したいと思います。

入浴後のお湯掛け習慣を作ろう

シャワーの際も伝えましたが、入浴後の皮膚や髪の毛、石鹸残りがカビを発生させる一番の原因です。

入浴後は、お風呂場をシャワーで流す習慣を作りましょう。

出来れば、上から下へ流していくといいです。

排水溝の髪の毛をとる

シャワーで流した後は、排水溝の髪の毛は綺麗にとりましょう。

放置しておくほど、石鹸残りやホコリもまざって白っぽい触りたくない状況が出来上がります。

毎日とれば、綺麗を保つことが出来ます。

シャンプーや桶は直接床に置かない

タイルに直接シャンプーや桶を置いておくと、そこに湿気が集まってカビの発生源となります。

シャンプーはカゴなどに入れ、桶も浴槽の上に置くなど、直接タイルに置いておかない方がいいです。

一番効果的なのが、お風呂が終わったら桶にシャンプーなどを入れて風呂場に置かずに脱衣所に置いておく方法です。

この方が風呂場に余計な物がないので、カビが発生しにくくなります。

場所がある方は、是非試してみてください。

シャワーホースは床から離す

シャワーホースが床についた状態だと、そこにヌメリやカビが発生します。

ホースは、床につけず宙に浮いた状態で置いておくようにしましょう。

入浴後は、必ず換気する

湿気が多い場所にカビは発生します。

入浴後は、必ず換気をしましょう。

まとめ

  • 週1回は風呂掃除をしよう
  • 風呂掃除は、入浴後がおススメ
  • 毎日出来る「ついで掃除」を実践しよう

入浴後の「ついで掃除」を習慣化することで、汚れを溜めずに効率的にお掃除をしていきましょう。

アンケート「あなたのお風呂掃除の頻度はどれぐらい?」

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ