布団についた愛犬・愛猫の毛を簡単きれいに掃除する方法4つ

布団掃除 猫 犬

動物は好きですか?

私は、犬が大好きで、室内でシェットランドシープドックを飼っています。

最近は犬を外で飼う方は珍しく、室内犬の方が多いですよね。

とてもお利口で可愛い愛犬ですが、毛が長いので部屋中毛だらけになってしまいます。

「大好きな洋服も、毛だらけなんてしょっちゅう」なんて方も多いのではないでしょうか。

私も、持っているアイテムは、毛が目立たないグレイとかが多くなってしまいます。

そんな私の愛犬・てんちゃんが一番大好きな場所は、お布団です。

人間と同じくぬくぬくした場所が大好きなんですね。

ただ、大事な就寝の場が毛だらけでは、睡眠の妨げになります。

大好きな愛犬・愛猫と共に暮らす方必見の動物の毛対策をお伝えしたいと思います。

-----スポンサーリンク-----

毛がつきにくい生地とは?

お布団と一言でも、色々と種類がありますね。

布は、静電気が発生しやすいので、選ぶ生地によっては、毛を吸い寄せてしまう場合もあります。

まずは、毛がつきにくい生地を選ぶことが大事です。

とは言っても、人間でも毛は落ちますから、ペットを丸刈りにしない限り100%除去することは不可能です。

ペットの毛を除去しやすいという意味でいうと、綿100%の物がおススメです。

生地がサラサラしているので、お外で軽くはたいたり、少しお掃除するだけで毛残りはしません。

反対に、フリース素材の物は、毛が生地内に絡んでしまう為、お勧めできません。

ポリエステル素材は、一見毛がつきにくいように思いますが、動物の毛と静電気を起こしやすいので要注意です。

布団を綺麗に保つためにカバーを敷こう

綿100%のカバー

お布団を敷いた上に、さらにお布団カバーをすることで、動物の毛が直接お布団につかないようにします。

動物の唾や汚れは、ばい菌が発生したり、臭いがついたりするので、カバーをすることで保護することが出来ます。

撥水カバー

おねしょシート、こたつの撥水ビニールシートもおススメです。

撥水コートがついているので、毛のお掃除もしやすくて一石二鳥です。

ただし、ポリエステル素材なため、静電気が発生しやすいことも。

柔軟剤を薄めた物や除菌スプレーをこまめにすることをおススメします。

ペットの毛がついた布団をきれいにする方法4つ

布団 犬

ご自宅にあるもので、簡単に出来る方法をお伝えします。

お掃除は、手間なくできるものが一番長続きします。

自分に合ったお掃除方法を見つけてください。

コロコロ

なんといっても、お手軽にお掃除するならコロコロが一番です。

表面の毛であれば、見事にキャッチしてくれます。

就寝直前は、必ずコロコロしましょう。

ただし、定期的にコロコロ以外での掃除もしたほうがいいですね。

カーペットにはコロコロだけではダメ?正しい掃除の仕方とダニ対策3選

掃除機

お布団クリーナーは、動物の毛はもちろんですが、ダニやほこりも吸ってくれるので一番安心ですね。

ただ、ご家庭にある掃除機でも大丈夫です。

お布団をたたむ前に掃除機ですいーっと吸うだけ。

ノズルを細い方にすると、細かい毛もとることが出来ておススメですよ。

ゴム手袋

お布団の素材や動物の毛とゴム製品は、正反対の磁気にあるので、ゴミをよくとってくれます。

やり方は、超簡単!

ゴム手袋をつけて、お布団の上を優しくこするだけです。

ポイントとしては、往復すると毛がまたお布団に戻ってしまうので、一定方向に手を動かす方がいいですよ。

こんな商品もあります

ハンディータイプのお掃除ブラシ。

ゴム素材なので、汚れても水洗いで綺麗になるので、お勧めです。

-----スポンサーリンク-----

犬・猫の抜け毛を防ぐには?

布団選びもそうですが、まずは事前に抜け毛予防をすることはとても大事なことです。

ここからは、私のおススメ予防法と便利グッズを紹介したいと思います。

ブラッシング

毛並みが長い動物ほど、毎日ブラシをかけてあげることは最大の予防です。

ブラシをする際に、スプレーをしてあげると、静電気も起きずらいのでおススメです。

余分な毛を簡単に落としてくれる優れものです。

刃先は少し鋭いので、優しくなでるようにブラッシングしてあげてください。

ネットだと、お安く買えるのでお勧めです。

毛の拭き取り

除菌消臭効果のあるペット用のスプレーで、全身を拭いてあげる事をお勧めします。

持っていない場合は、濡れ布巾でもOKです。

デリケートな部分は、コットンを使うのといいですよ。

ペットスプレーは、手作り出来たりもします!!

お時間がある方はお試しください。

スプレーの作り方

色々なやり方がありますが、簡単なのは重層スプレーですね。

ぬるま湯500mlに、重層を大さじ1入れて混ぜるだけ。

お口に入っても安全だし、ペットのトイレの消臭などにも使えます。

お好みで精油のアロマオイルを入れる方もいるそうです。

おすすめ市販スプレー

植物抽出物とアミノ酸配合なので、ペットのお口に入っても安全です。

虫が嫌う精油が配合されて、とってもいい香りです。

シャンプーをする

月に1回はシャンプーをしてあげることで、ぬけ毛や毛玉防止をしましょう。

動物は、季節の変わり目に毛が生え代わるので、その時期は必ずシャンプーをしてあげるといいですよ。

ただし、犬は人間より皮膚が薄くデリケートなため、犬用のシャンプーを必ず使いましょう。

シャンプーのし過ぎやこすり過ぎは、皮膚を傷めてフケの原因にもなるので、洗いすぎには注意です。

又、シャンプーした後は、人間同様ドライヤーで乾かしてあげるといいですよ。

スプレーをして乾かしてあげると、静電気防止になり、毛並みに艶も出るのでおススメです。

まとめ

犬 猫

1.毛がつきにくいお布団生地を選ぼう
2.カバーをすることで、綺麗を保つ
3.お家にあるもので、、こまめにお掃除を
4.抜け毛予防で、お布団も愛犬・愛猫も綺麗に

愛犬・愛猫も大事な家族の一員です。

大好きな家族と、毎日快適に眠れる環境づくりを心掛けていきましょう。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ