▼「知識・教養」の記事一覧(2 / 4ページ)

「にやける」の正しい意味と使い方 誤用多し!漢字で書ける?

niyakeru-thum

「彼は、にやけた男だ」という表現から、どんな男性を想像しますか? 「にやにやと笑っている男」と答える人が多いと思いますが、実は、違います。 どのような男性か、一言でいうと、「オネエ」?

「割愛する」の意味と使い方とは?微妙に誤用している人が多いので注意

割愛する 意味

プレゼンの席などで、「この件の説明は、時間の都合上、割愛させていただきます」のような発言を聞いたことがあると思います。 では、「割愛(かつあい)する」とは、どういうこと? A、重要ではないので、省略する。 B、重要なこと・・・

話・サビの「さわりだけ教えて」ってどういう意味?最初だけというのは誤用!

sawari-thum

「時間がないから、話のさわりだけ教えてよ」と頼まれたら、どこを教えればよいのでしょうか? 話の最初の部分? それとも、話の一番盛り上がる部分? さて、「さわり」って、どういう意味なのでしょうか。

誤用注意!上には上がいる?ある?意味と正しい使い方の例文

uenihauega-thum

©pony3295 「テストで、Aさんは98点、Bさんは100点。上には上が……」の続きに来る言葉は、「いる」でしょうか、それとも「ある」でしょうか。 人間について言っているから「いる」だと思いませんか? ところが「上に・・・

愛想と愛嬌の意味・違いと使い方 ふりまくのはどっち?

愛想 愛敬

愛想と愛嬌。 よく似た言葉のようですが、どう違うのでしょうか。 愛想を振りまく。 愛嬌を振りまく。 正しい使い方はどっち?

誤用注意!「浮き足立つ」の正しい意味・使い方と例文

浮き足立つ

「彼は浮き足立っている」という表現から思い浮かべる様子はどのようなものですか? 「喜んでウキウキしている」と思う方が多いかもしれませんが、それは違います。 本来の「浮き足立つ」は、「ウキウキ」とは正反対の意味なのです。

辛党・甘党の意味・語源と使い方 辛いもの・甘いもの好きは誤用!

karatouamatou-thum

友達とパスタを食べに行きました。 「私、辛党なのよ」と言って、友人はナポリタンにタバスコを大量に振りかけていました。 でも、それ違います。 「辛党」とは、ピリピリと辛いものが好きな人のことではありません。

誤用が多い「たそがれる」の意味・語源と使い方 黄昏時の時間っていつ?

たそがれる

ぼんやりと窓の外を見ながら考えごとをしている友人に、「何をたそがれてるの?」なんて話しかけたこと、ありませんか? でも実は「たそがれる」は、そういう「物思いにふける状態」を表す言葉ではないのです。

誤解が多い「破天荒」の本来の使い方・どんな性格の人を指す?

破天荒

「破天荒」というと文字の感じから、荒々しくて豪快な人を思い浮かべませんか? しかし、それは本来の使い方ではありません。 本来の意味は何でしょうか。

保証・保障・補償の意味・違いと使い分け 保険やメーカー・学力はどれを使う?

hosyou-thum

「ほしょうする」という言葉は、いろいろな場面で聞きますね。 いざ、漢字にしようと思うと、保証・保障・補償、どれを使えばいいのか迷うことはありませんか。 ここでは、保証・保障・補償の意味・違いと使い分けを調べてみました。

「苦渋」と「苦汁」の違い・意味と使い方 「辛酸」や「煮え湯」とはどう違う?

苦渋 苦汁

よく政治家のコメントなどに使われる「苦渋の決断」という慣用句があります。 うっかり「苦汁の決断」と書いてしまうことはありませんか? 「苦汁の決断」は、間違いなのでしょうか。 ここでは、「苦渋」と「苦汁」の意味や使い方の違・・・

誤用が多い「檄(げき)を飛ばす」の意味・語源と正しい使い方の例文

gekiwotobasu-thum

「ゲキを飛ばす」の「ゲキ」を漢字で書いたらどうなるでしょうか? 答えは、「きへん」の「檄」。 「さんずい」の「激」ではありません。 でも、「ゲキ」ってそもそも、何?

サブコンテンツ

このページの先頭へ