こどもの日の由来を子供向けに説明!食べ物や兜の意味は?

こどもの日 由来

4月の新生活が落ち着いたころにやってくる「こどもの日」

GWともなればどこかへ出掛けるにも人が多いですよね?

そんな連休の中にあるからこそ子供を連れて出掛ける家族連れが増えるというのも納得です。

では、そんな「こどもの日」とはどのようなものなのか、その由来や意味を子供向けにも説明してみましょう。

-----スポンサーリンク-----

こどもの日っていつ?

こどもの日 いつ

「こどもの日」は毎年5月5日の端午の節句です。

この日に選ばれたのは1948年。

もとは「男の子の健やかな成長を願う」という行事が5月5日に行われていたため、この日を「こどもの日」とするように決められました。

ちょうど女の子の節句として有名な桃の節句は3月3日なので、色々と忙しい4月を挟んで5月5日が男の子の節句と決まったのも頷けます!

また、このこどもの日は5月の連休の一日としてカウントされていますね。

大体この日の前後には青空にこいのぼりが挙げられているというのが風物詩とも言えます。

そのため、近年のようにマンションやアパートが増える以前では男の子のいる家庭の目印とも捉えられていたそうですよ。

こどもの日の由来は?

こどもの日 由来

男の子が健やかに成長することを願う行事が行われていた5月5日。

実は、この「こどもの日」はもしかすると別の日だった可能性もあるんです。

それは、「こどもの日」を国民の祝日とするにあたり、どの日にするかという選定の際にこの5月5日を選ぶ人が多かったために決定されたものなので、もしかすると他の日に決まっていたかもしれませんね。

そして、端午の節句は男の子の節句と言いますが、「こどもの日」と考えると男の子だけでなく女の子も対象という事実はご存知でしょうか?

日本国憲法に掲載されている祝日法。

この2条に書かれているのが「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」という5月5日を休日とする趣旨です。

つまり、子供の成長や幸せを願い支えるだけでなく、その子供を産んだ母に感謝をするという日だと定められています。

子供の健やかな成長を願う日とはよく聞きますが、私自身「母への感謝」というのは初めて知りました!

5月の第2日曜日が「母の日」ですし、子供にとってかけがえのない存在である母親には5月というのは感謝を伝えるのに相応しい月かもしれませんね。

こどもの日には何を食べる?

柏餅

ひなまつりにはあられや菱餅といったお菓子がよく食べられますが、それでは端午の節句でもあるこどもの日には何を食べるのか見てみましょう。

柏餅(かしわ餅)

柏という木があることをご存知でしょうか?

この柏、実は新芽が出るまで決して古い葉が落ちないんです!

そのため、柏餅が生まれた江戸時代、徳川九代将軍・家重の頃より「途切れることがないこと」から、その縁起を担いで子孫繁栄(家系の存続)を願って食べられたとされています。

また、元々はサルトリイバラという草の葉で餅を挟んでいたものから始まっているため、この時期より以前であればサルトリイバラ、つまりイバラ餅だったわけですので、柏の葉に注目が向かなかったなら今現在も柏餅ではなくイバラ餅だった可能性もあるんですよ!

そんな柏餅、現在では粒あんのみならずこしあんの入っているものやヨモギの餅であったり、地域によってはみそあんを中に包んでいるという地域もあるようです。

ちなみに、私が小さい頃の記憶では、近所の和菓子屋さんでイバラ餅が手作りされていたため、山でイバラの葉を摘んで和菓子屋さんに持って行ったところ餅を挟んで食べさせてもらったことがあります(笑)

そんなことをしてくれるような年齢ですので、物心ついた頃くらいでしょうが、いくら近所の常連客の孫と言っても親切にして貰っていたんだなぁと思いますね。

-----スポンサーリンク-----

ちまき

ちまきと聞いて何を連想されますか?

551の肉まんや飲茶の中にある竹皮で包んだ中華ちまきを連想される方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、このこどもの日に食べるちまきとは、笹の葉につつんで藁で結んだ中からほんのり甘い団子が出てくるという代物。

元々、5月5日にちまきを食べるという文化が生まれたのは中国なんです。

約2300年前に有能で愛国心の強い政治家であり詩人としても知られていた「屈原(くつげん)」という人が陰謀により失脚・国外追放となってしまった後、その祖国の行く末に失望して川へ投身。

その日がちょうど5月5日だったそうです。

正義感の強く皆に慕われていた屈原に供えようと供物を川に投げるも龍に盗まれてしまいました。(昔の中国の話なので龍の登場です!)

そんな龍に供物をさらわれたくない人々が龍が嫌いな楝樹(れんじゅ)の葉(センダンの葉)で包み、邪気を払うと言われる五色(赤・青・黄・白・黒)の糸で縛って投げ入れたということから始まります。

この五色、実は鯉のぼりの吹き流しの色になっているのをご存知でしょうか?

そんな厄除けのされたちまき。

このことが日本に伝わり、以来5月5日にはちまきを食べるという風習が続いています。

こどもの日には何をする?

こどもの日 何をする

こどもの日はよく家族で過ごすという思い出のあるお父さんお母さんはいらっしゃいませんか?

そんなこどもの日。

実際にはどのようなことをするのが良いのでしょうか?

昔からの風習を見てみましょう。

鯉のぼりを飾る

昔は大きな支柱を庭に立て、そこにこいのぼりを掲揚するという風習がありましたが、現在ではマンションやアパートのご家庭も増え、据え置き型や簡易な旗のような小型のものも販売されています。

そんな鯉のぼりを飾るというのもこどもの日ならでは。

この鯉のぼりがなぜこのような数になっているのかご存知でしょうか?

鯉のぼりの内訳

いっぱいヒラヒラの付いている飾りを筆頭に、仲良く鯉の一家が並んで泳いでいるというのが鯉のぼり。

このヒラヒラは、イカでもなく、ましてやタコでもありませんよ?

鯉は淡水魚ですし、海水魚のイカもタコもお呼びじゃないです(笑)

本当の名前は「吹き流し」。

また、この下に並んでいる鯉のぼりは一体どのような内訳なのかご存知でしょうか?

近藤宮子さんが作詞された「こいのぼり」という歌には、本来いるべきお母さんが居ません!

でも、実は現在の鯉のぼりにはお母さんが居ます!

内訳としては以下の通り。

真鯉・・お父さん
緋鯉・・お母さん
その下の小さい鯉・・子供達
鯉のぼりの歴史

この「こいのぼり」という歌が作られた時代より以前、鯉のぼりが作られた当初は鯉=子供としてたった一匹のみの鯉のぼりでした。

しかし、それが男尊女卑の時代に入ると2匹になり、必然的に女性の立場が子供よりも低くなったことから父親と子供という内訳になりました。

ただ、これには諸説あり、いわゆる五節句が中国より伝わる前には田植えに入る前の「豊作の祈りの日」として女性が神殿や家に籠る日=女性のための行事ということで父親と子供が遊んでいることから「母親不在」という鯉のぼりとなったという説もあります。

ちょうどGWに田植えをするご家庭も多いことから納得できる理由ですよね。

鯉のぼりの由来

鯉という生き物。

淡水であればどのような場所でも生きながらえるという強い生命力の持ち主です。

中国で伝えられていた伝承「鯉が登竜という滝を遡上すると龍になる」という言い伝えはご存知でしょうか?

「登竜門」と聞けばご存知の方も多いはず・・

つまり、鯉のぼりは、子供の立身出世を願ったものとされています。

-----スポンサーリンク-----

五月人形を飾る

ひなまつりにはひな人形を飾るように、こどもの日には「五月人形」もしくは「兜」を飾ります。

この五月人形には、可愛らしい子供の姿であったり、厳つい武者の姿であったりと様々なタイプがあり、それを簡易なものにしたのが「兜」です。

部屋の大きさによってどちらを選ぶか、また管理のしやすさにも差がありどちらを選ぶかはご家庭にもよってくるものですが、これをこどもの日に飾るという風習がありますね。

鎧武者、兜。

どちらも戦国武将を彷彿とさせますよね?

ですが、「戦うためのもの」ではなく、「身を護るもの」として江戸時代には鎧や兜を神社に奉納するしきたりがありました。

そのため、現在ではこどもの身を護るためのものとして飾られています。

「子供の頃は男の子のほうが体が弱いから・・」

そんな言葉をよく言われますが、このような飾りを家に飾るというのは男の子を守りたいという親心からでしょう。

菖蒲湯に浸かる

菖蒲という植物をご存知でしょうか?

このような葉です。

菖蒲

よく聞かれるアヤメや菖蒲(これは花菖蒲)とは違い、菖蒲湯に使われる菖蒲の花はガマの穂のような円柱状の花を付けます。

この菖蒲はとても強い香りがするため、厄除けに効果があると言われています。

また、よく菖蒲(花菖蒲)やアヤメが飾られているのはちょうど5月の花だからですね。

この菖蒲、ひらがなで表記すると「しょうぶ」と書きますね?

菖蒲という植物から転じて、鎧や兜から連想されるように「尚武」という言葉の読みでもあるため、「軍事を尊ぶこと」や「勝負」に勝つという意味も含められています。

菖蒲が使われていた時代の方が古いため、軍事に関する由来については後から伝わったものとされています。

また、上で述べたように、田植え前には女性が祈るため、身を清める必要があったことからこの菖蒲湯も身を清めるためのものとして広まっていたようです。

ちなみに、物が腐りやすく、疫病が流行しやすいとされる梅雨に入る前の厄払い・邪気払いにも有効だとか・・

こどもの日の由来を子供向けに説明

こどもの日 説明

では、大人には理解しやすいこどもの日の説明。

「子供向けにする場合にはどうすれば良いのか?!」

そんなお悩みのお父さんお母さんにこちらをどうぞ!

こどもの日とは、もともとは病気を追い払うための行事から始まりました。

それが、「こどもにすくすくと元気に育ってほしい」というお父さんやお母さんの願いを込めた行事となりました。

5月5日は日本ではこどもの日として休みの日になっていますよね?

この日には「こどもの事を考えるだけでなく、こどもを産んだお母さんにもありがとうの気持ちを込めてお祝いをする」ということが大切と言われています。

そして、こどもの日に飾る鯉のぼりは、最初こどもの鯉1匹だけだったのが、順番に増えていき、今では「こいのぼり」の歌にはない「お母さん」も緋鯉として登場し、家族仲良く空に泳ぐようになりました。

鯉のぼりは何でコイなの?

ポケットモンスター、略してポケモン。

子供なら誰もが知っていますね?

そのポケモンの中に「コイキング」というポケモンがいます。

このコイキング。

LV20になって進化をするとギャラドスという龍の形をしたポケモンになります。

そう!弱そうなコイは進化をすると強い龍になります!

また、コイは滝を登ると龍になるという伝説が中国にあり、そのお話があるので将来子供が出世出来ますようにと願って飾るようになりました。

鎧武者・兜はなぜ飾るの?

強そうなイメージの鎧武者。

けれど、戦うなら無傷ではいられません。

そのために、身体をガードする必要も!

そこで、鎧を身に付けて体をガードするようになりました。

もちろん、戦うためだけではなく、江戸時代には「身を護る」ためのものとして神社に飾りお祈りしてもらうためのものでもありました。

そのことから身を護るために飾るものとして現在も飾られています。

柏餅・ちまきはなぜ食べるの?

柏餅とは、柏という木の葉で餅を包んだもの。

柏の葉でなければならない理由は、一般的には木に生えた葉は次の葉が出てくるまでに落ちちゃいます。

けれど、柏は次の葉が出てくるまで葉を落とさないそうです!

そのため、「途切れないこと」から転じて「家が続いていく」ことを祈って柏の葉が使われるようになりました。

つまり、柏餅は「子孫繁栄(家が続いていくこと)」を願って食べられています。

ちまきは元々中国で始まった文化。

屈原(くつげん)という政治家がいて、とても有名で正義感が強く、みんなに慕われていました。

けれど、それを良く思わない悪い人が屈原を政治の世界から追い出し、中国からも追い出してしまいます。

その後、「どうしようもないなぁ・・」と国の将来について心配になった屈原は、川に飛び降りて亡くなってしまいました。

屈原と仲の良かった人たちは屈原にお供えをするために川に供物を投げ入れたのですが、その川に住む龍に邪魔されて本人には届きません。

そこでお供えするものを龍が嫌いな葉で包んで、悪いものを取り去ってくれるとして有名な五色の糸(赤・青・黄・白・黒)で結んで投げ入れることに決めました。

この作戦は大成功!見事屈原のところに届いたのです!

そのため、それからは「悪いものを取り去るもの」ということでちまきが食べられるようになりました。

菖蒲湯(しょうぶ湯)って何?

菖蒲とは、とても匂いの強い植物。

そのため、これを漬けたお風呂に入ると悪いものを寄せ付けないという意味がありました。

それがこどもの日にも使われるようになり、菖蒲を入れたお風呂に入るという習慣があります。

「菖蒲湯に入っていざ勝負!」

なんて、同じ読み方でも漢字が違うと意味も違うけれど、鎧や兜が戦で使われていたこともあり、「勝負」に勝てますようにという意味もありました。

まとめ

  • こどもの日とは、元々端午の節句の日と決められていた5月5日で、「男の子の健やかな成長を願う」行事があったことが由来。
  • こどもの日には、鯉のぼりを揚げ、鎧武者や兜を飾り、柏餅やちまきを食べて菖蒲湯に浸かります。
  • こどもの日を子供向けに説明するならポケモンが最適!こどものためだけでなく、お母さんにも「ありがとう」が言えると素敵ですね!

いかがでしたでしょうか?

こどもの日と端午の節句は同じ日だけれど、実は元々が端午の節句。

そして、更に遡ると女性の行事でもありました。

そんなこどもの日。

今年はご家族そろって過ごされてはいかがでしたでしょうか?

この記事を書いた人:ivy42

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ