Google Chromeで応答なしが頻発して重い時の対処法8つ

クローム 重い

皆さんはパソコンのブラウザは何を使っていますか?

僕はGoogle Chrome(グーグルクローム)を使っているんですが、最近「応答なし」という表示が頻繁に出て、固まってしまうようになってしまいました。

パソコンが重いと作業効率が落ちますし、ストレスが溜まるので何とかしたいですよね。

そこでいろいろな対象法を試してみたのでご紹介します。

-----スポンサーリンク-----

Flash Playerが原因?

「Flash Player(フラッシュプレイヤー)」とは、Flashで作成された音声や動画を再生するソフトウェアのことです。

Youtubeを再生するのにもこのFlash Playerは必要になるのですが、重たいFlash Playerを使用していると、クロームの動作が重くなる原因となるようです。

なので、このFlash Playerを無効にすれば、クロームが軽くなる可能性があります。

Flash Playerを無効にする方法

クローム プラグイン
まず、アドレスバーに「chrome://plugins」と入力します。

クローム プラグイン
「Flash Player」とついているものを探し、「無効にする」をクリックすれば完了です。

ただし、Flash Playerをずっと無効にしたままだと別の不具合が出てくるので、無効にしたらすぐに有効化してください。

「いったん無効にする」という行為が重要なようですね。

SuperFetchが原因?

「SuperFetch(スーパーフェッチ)」とは、よく使うファイルやアプリをメモリにキャッシュするWindowsの機能です。

メモリのキャッシュが溜まって動作が重くなっている可能性があるので、これを無効化することで解決するかもしれません。

SuperFetchを無効化する方法

Windows メニュー
Windows10の場合のやり方になりますが、まず「Windowsキー」と「X」を同時に押してメニューを表示させます。

その中の「コンピュータの管理」をクリックしてください。

サービスとアプリケーション
右側に「サービスとアプリケーション」というところがあるので、そちらをクリックします。

サービス
「サービス」をクリックします。

SuperFetch
すると全てのサービスが出てくるので、この中から「SuperFetch」という項目を探してクリックしてください。

アルファベット順に並んでいるので、すぐに見つかると思います。

SuperFetch プロパティ
「スタートアップの種類」を「無効」にして、「OK」をクリックすれば完了です。

ページの読み込みが原因?

読み込みに問題が発生している場合は、再読み込みすることで解決する可能性があります。

再読み込み
再読み込みは、ページ左上の読み込みボタンを押すか、キーボードのF5キーを押すことで出来ます。

キャッシュが原因?

「キャッシュ」とは、1度見たサイトのデータを一時的に保存して、次に見た時に速く表示出来るようにする機能のことです。

このキャッシュが溜まっていくことで、多くのデータが保存されていることになるので、パソコンが重くなる原因になり得ます。

キャッシュの削除方法

クローム メニュー
キャッシュを削除するには、まずページ右上の点が3つ縦に並んでいるボタンをクリックし、「設定」を選択してください。

詳細設定を表示
すると移動したページの下のほうに「詳細設定を表示…」というところがあるので、そこをクリックしてください。

閲覧履歴データの消去
「プライバシー」項目に「閲覧履歴データの消去…」というボタンがあるので、そちらをクリックします。

閲覧履歴データの消去
「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れて、「閲覧履歴データを消去する」をクリックすれば完了です。

Cookieやパスワードにもチェックを入れてしまうと、自動保存されていたパスワードもリセットされてしまうので注意してください。

タブの開きすぎが原因?

1度に多くのタブを開いていると、クロームが重くなります。

必要でないタブを全て閉じることで改善されるかもしれません。

クロームのバージョンが古いのが原因?

Google Chromeのバージョンを新しくすると改善する可能性があります。

Google Chromeを更新するには、まず上記のキャッシュを削除した時と同じ手順で、「メニュー」→「設定」とクリックしてください。

クローム 概要
左側の「概要」をクリックして、Google Chromeのバージョンを確認します。

上画像のように「Google Chrome は最新版です。」と表示されれば、バージョンは問題ありません。

バージョンが古い場合は更新手順が出てくるので、それに従ってください。

-----スポンサーリンク-----

いざという時の最終手段!

どうしても解決しない場合は、パソコンを再起動することで改善されることがあります。

具体的な原因はわからないままですが、謎の不具合が起きて、「いくら調べても解決方法が見つからない!」と悩み抜いたにもかかわらず、再起動したらあっさり直った、というのは意外とよくあることです。

どうしても解決しない場合は

上記の方法でもGoogle Chromeが重いままの場合は、パソコンのメモリが少なかったり、ネット回線自体が重かったり、Google Chrome以外の問題である可能性が高いです。

1度他の原因も視野に入れて考えてみたほうがいいかもしれません。

まとめ

  • Flash Playerを無効にする
  • SuperFetchを無効にする
  • ページを再読み込みする
  • キャッシュを削除する
  • 他のタブを全て閉じる
  • クロームを更新する
  • パソコンを再起動する
  • パソコンのスペック・ネット回線を見直してみる

Google Chromeで応答なしが頻発したり、思いと感じた時は、上記方法を試してみてください。

インターネットは膨大な情報をいち早く得られてとても便利です。

ぜひ快適に利用したいものですね。

また、本記事はこちらのサイトを参考にさせていただきました。

Google Chromeが重い・「応答なし」が頻発する時の対処法5つ
エラーページが表示される問題や、ページの読み込みに関するその他のエラーを解決する

是非こちらもご覧ください。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ