掃除機をかけるとほこりが舞い上がるのを防ぐ対策5選

マスク

掃除をする際に欠かせない掃除機。

床にこぼした細かいゴミも一気に吸い取ってくれて、とても便利な道具ですよね。

ただ、掃除機をかける際、意外とホコリが舞ってしまっているのを知っていますか?

天気がいい日なんかにかけると、ホコリがぶわっと見えて寒気がしたことがあります。

掃除機をかける際に、注意すべき点やホコリが舞い上がらない便利な方法を幾つかご紹介したいと思います。

-----スポンサーリンク-----

ほこりの正体とは?

ホコリは、室内にあるダニや毛、砂や皮膚など様々な小さなゴミのことです。

ホコリは、室内にも浮いて舞っていますし、布やTV等家具に張り付いたり、床に溜まっていきます。

もちろん人にもくっついています。

ホコリは、家に住み着きやすいダニ、カビ、コキブリなど様々な餌になるので放置しておくと、大変なことになります。

なんか自分で語っていても、嫌な感じがしてブルブルしますね。

ほこりが人体へ及ぼす悪影響3つ

近年「ハウスダスト」という言葉を耳にする機会が多いですよね。

これがまさしく「室内のホコリ」です。

室内にホコリを吸って生活してしまうと、とても恐ろしい病気が待っています。

アレルギーを引き起こす

鼻炎や結膜炎、アトピー性皮膚炎など、ホコリは様々なアレルギーを引き起こします。

原因としては、ダニや花粉、ペットの毛など様々なところに要因はあるようです。

アレルギーが悪化すると、本当に辛いですよね。

私も小さい頃アトピー性皮膚炎だったので、ホコリがあると肌が痒くなったり、咳やくしゃみが出たり、目がかゆくなったりと色々と辛い思いをしました。

肺炎の可能性

ホコリを多く吸ってしまう事で、肺炎の可能性も出てきます。

免疫力の弱い子どもや老人はもちろん、疲れで免疫力が弱っている方が多くホコリを吸ってしまうと、肺にホコリや細菌がたまってしまい、大病となります。

アスペルギルス症という病気になる可能性もあります。

アスペルギルス症とは、真菌症疾病の総称で胞子の吸入と体内での増殖が原因の日和見感染症。

原因菌は、観葉植物(鉢内の堆肥や土)、生花やドライフラワーの表面、花瓶の水、エアコンまたはヒーターの吹出し口、浮遊粉塵などから高頻度で検出されるそうです。

免疫不全者や免疫力が低下している際に起こりやすいことから症状の進行は速く、全身に感染するため症状は多岐に渡ります。

治療が遅れた場合の致死性は高いと言われています。

◆引用:Wikipedia

精神病の恐れ

ホコリは免疫力を低下させます。

免疫力が低下すると、心の病を引き起こす原因になります。

主に、うつ病やシックハウス症候群などが言われています。

症状としては、頭痛や眩暈、集中力の低下など様々な症状を引き起こします。

「なんか最近やる気が起きない」なんて方は、ホコリが原因のひとつかもしれません。

-----スポンサーリンク-----

掃除機でほこりが舞う原因

ゴミが舞う原因は「風」です。

掃除機をかけると、床を掛ける際の摩擦風や掃除機の排気風でホコリは舞ってしまいます。

そもそも、人が動けばホコリは舞うので、掃除機はより強い馬力でホコリを吸う分、風も強く出ています。

掃除機をかける際は、マスクをして行った方が体への負担は小さくできます。

ほこりが舞うのを防ぐ方法5つ

ホコリが舞う事を100%防ぐことは難しいですが、少しでも舞う事を防ぐ工夫は出来ます。

スプレーをする

ボトルに水を入れた物や除菌スプレーでもいいですが、ホコリは重さに弱いので、水分をスプレーしてから行う事で、下にホコリは落ちてくれます。

スプレーの掛けすぎは、ホコリが床に張り付いてしまうので注意です。

スプレー後、1分ほど待ってから掃除機をかけると、程よい湿りでホコリがよくとれます。

茶殻をまく

茶殻をまいて掃除機をかける事で、茶殻が細かなホコリを巻き込んでくれます。

畳や掃除機のゴミパックの除菌・消臭効果もあるので、一石二鳥です。

少し湿った状態のものがいいですよ。

ストッキングカバーを使う

掃除機のヘッドに使用済みのストッキングをはめて掃除機をかけると、静電気でホコリを吸い寄せてくれます。

布製品や布団なども奥までしっかりホコリを吸い上げてくれるのでおススメです。

床拭きする

スプレーと理由は同じですが、雑巾やクイックルワイパーなどで軽く床拭きしてから掃除機をかけると、ホコリが舞うのを防ぐことが出来ます。

新聞紙を使う

細かくちぎった新聞紙を少し湿らせて床にまいて掃除機をそのままかける事で、新聞紙に小さなゴミやホコリがくっつきます。

そのまま掃除機で一緒に吸うだけなので、とても楽ちんです。

床拭き効果も出た気になるくらいスッキリします。

もしもほこりが舞ってしまったらやるべきこと

大敵なホコリですが、ホコリが舞うことから逃れる事は出来ません。

では、舞ってしまうホコリへの対処法をご紹介します。

換気をする

ホコリを外に逃がすために、窓を開けて換気をすることが一番です。

掃除のときはもちろん、1日1回は窓を開けて換気する時間を作りましょう。

空気清浄器を使う

花粉の季節になると、窓を開けることが難しい方もいますよね。

そんな時は、窓を開けずに換気をしてくれる空気清浄器です。

最近は、加湿器がついたものや除菌・消臭効果、アレルギー除去等様々な効果があるものが増えているので、自分に合った物をチョイスするといいですね。

タオルを使う

濡らしたタオルを部屋の中でブンブンと振り回すシンプルな方法です。

タオルがホコリと共に嫌な臭いも吸収してくれるので、消臭効果もあったりします。

即効性はありますので、非常事態の時は試してみてください。

ホコリ予防策として

ホコリは、至る所にくっつきます。

衣類や棚、布団など、余計な物は置かない・出さない事が一番の予防です。

必要最低限の物は出しておき、後は閉まっておくことで掃除機もかけやすくなります。

なかなかお掃除が出来ない方もいると思うので、まずはホコリが住み着かない部屋作りが大事です。

まとめ

  • ホコリは部屋中に舞っている
  • ホコリは心身共に病気の元
  • ホコリが舞う原因は「風」
  • ホコリを防ぐ効果的な方法でお掃除を
  • 舞うホコリは換気で逃す
  • ホコリ予防の部屋作りをする

ホコリ予防と効果的なホコリ撃退法を使って、掃除機かけをしていきましょう。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ