簡単に出来るキッチンのコンロ掃除術!焦げを落とすにはつけおきがいい?

コンロ掃除

お料理は好きだけど、コンロの焦げはなかなか落ちなくてお掃除が大変ですよね。

大掃除まで放置しちゃうなんて方も多いのではないでしょうか。

ただ、毎日キッチンを使う方ほど、こまめにお掃除をした方が簡単に汚れは落とすことが出来ます。

汚れは蓄積すればする程、落ちにくくなるものです。

こまめなお掃除を習慣づける簡単なお掃除法をお伝えしたいと思います。

-----スポンサーリンク-----

コンロの焦げの理由

鍋の吹きこぼし

コンロの焦げの原因はいくつかありますが、まずは鍋の吹きこぼしの放置です。

私がキッチンで一番ショックな時って、鍋からの吹きこぼしをした時です。

蕎麦を茹でる際、ちょっと目を離すとジャーッと吹きこぼしが起きて、「面倒くさい」とムッとしてしまいます。

揚げ物などの油跳ね

次に、揚げ物や炒め物の際の油跳ねです。

揚げ物をした際も、油が落ちてコンロに黒焦げがついてしまうんですよね。

焦げたままのコンロを使っていると、鍋にも汚れが付着しやすくなるので放置はよくないです。

お料理をすれば、汚れはつくのはしょうがないことですけど、なるべく汚れはつけたくないですよね。

コンロ掃除の頻度はどれぐらい?

こまめにというくらいですから、1日1回は簡単な方法でお掃除をすることをおススメします。

綺麗なコンロを保つためには、最低でも週1回はお掃除した方がいいです。

例えば、使用後は熱めの布巾でさっと拭くだけでも効果的です。

吹きこぼした際も、鍋をあげたら早い段階で拭いてあげることが大事です。

怪我をしたらすぐに消毒をするように、コンロも汚れたらすぐに対処することが頑固汚れを作らない一番の予防策です。

焦げを落とす掃除術

こびりついた油焦げは、ゴシゴシこすってもなかなか落ちませんし、コンロやタイルが傷ついてしまう恐れがあります。

傷つけてしまった場所にまた油汚れが入ってしまうと、それこそとるのが大変になるので、基本的にはつけ置きして油を中和してからこすり洗いすることをおススメします。

用意するもの

  • 重層
  • 歯ブラシ
  • サランラップ
  • ペーパータオル

ガスコンロは、受け皿・五徳・ガスバーナー・ガス栓・ホースの部分があります。

では、ひとつずつお掃除をしていきましょう。

受け皿は、傷つかないように優しく洗う

食器洗いに使用するスポンジを受け皿洗いにしようすると真っ黒になって嫌ですよね。

そんな時は、サランラップを使用します。

重層2:水1の重層ペーストを作り、丸めたサランラップでこすります。

受け皿の傷つきもなく、油汚れが良く落ちます。

しっかり乾かしてから、レンジへセットしましょう。

五徳・ガスバーナーはつけ置き後に磨いていく

一番焦げ付きやすいのが五徳ですよね。

これは、つけ置き後にお掃除する方がずっと楽です。

沸騰したお湯2リットル:重層大さじ8を入れ、五徳を入れます。

その際、ガスバーナーも一緒に入れてお掃除しちゃいましょう。

10分ほどしっかり沸騰した重層湯につけます。

汚れがしっかり浮き出たら、湯から出して、歯ブラシやたわしでこすりあらいをしましょう。

お掃除後はしっかり乾かしてからセットしましょう。

ガス栓・ホースはラップでつけ置き

ガス栓・ホースは取り外してお掃除は手間ですよね。

そんな時は、ラップでつけ置きが楽です。

先ほどの重層ペーストをつけてラップで5分ほど放置します。

その後、歯ブラシでゴシゴシと優しくこすり、お湯で絞った布巾で拭きましょう。

その際、古い靴下があれば、拭き掃除に使用し、そのまま捨てられるので便利です。

-----スポンサーリンク-----

壁の掃除方法

キッチンの壁は油が飛んで黄色く変色したり、斑点がついたりして不快ですよね。

キッチンの壁もつけ置きをしてお掃除しましょう。

先ほどの重層ペーストを壁に塗り、ペーパータオルで湿布します。

その後、熱めの布巾で拭いてあげるだけです。

あまりに頑固な汚れには重層でクレンザーを作ってお掃除しましょう。

クレンザーの作り方

  • 重層1カップに対して、液体せっけん50MLを少しずつ入れ、もったりするまで混ぜる。
  • 最後に酢を大さじ1加えます。

気になる部分にクレンザーをつけて、こすり洗いをしてください。

重層には、研磨作用もあるので、汚れを分解しながら綺麗に落としてくれます。

お掃除後に、重層の白みがついてしまった場合は、酢を少し混ぜた布巾で拭いてあげるとよく落ちます。

消臭効果もあるので、とても効果的です。

魚焼きグリルの掃除法

魚焼き器の水受けが隠れるくらいに重層を敷き詰めます。

そのまま魚を焼く際に同様に水を入れて、スイッチオン。

5~10分ほどしたら、水洗いをします。

重層のかわりに、小麦粉や片栗粉でも代用できます。

コンロの焦げや汚れを防止する4つの方法

焦げを作る前に、身近な物やお手軽グッズで予防策をしてきましょう。

100均グッズで油はねを防止

100均には、ガスコンロや壁にしけるアルミシートが沢山出ています。

カバーをしておくだけ、お掃除が格段に楽になります。

最近は、模様がついた可愛い物も売っているので、インテリアとしても使えそうですね。

応急処置は、小麦粉ですぐに落とす

天ぷらなどをしてこびりついた油汚れは、小麦粉でぽろっと落とすことが出来ます。

汚れがついた部分に小麦粉をまぶしてこすって布巾で拭き取ります。

少し水を混ぜて拭き取っても効果あり。

他にも、天ぷら粉も代用できます。

飲み残したビールは、ガスコンロ掃除へ

ビールの糖分が油汚れを落としてくれます。

ビールの飲み残しがあったら、ガスコンロのお掃除に使用しましょう。

ビールの臭いは、10分ほどすると消えるので気になりません。

気になる方は、最後酢を少し混ぜた布巾で拭き取ると消臭効果があり臭いが消えます。

なんといっても、こまめな拭き掃除

ガスコンロの使用後は、熱い布巾で拭き掃除をすることが何よりの予防になります。

こまめに拭いてあげると、汚れはその分つきません。

古い靴下やフリース、ジーンズなどを取っておいて、拭き掃除に使用すると、そのまま捨てる事も出来て便利です。

フリース素材は、油と共にホコリをとってくれます。

ジーンズは、適度なざらつきがあるので、たわし替わりに使用できていいですよ。

まとめ

  • ガスコンロはこまめにお掃除が一番の焦げ予防
  • つけ置き洗いで、力は使わずにお掃除を
  • 重層・酢で、油の中和と消臭効果
  • 焦げ予防で、頑固な汚れを作らない

少しの手間と知識で、面倒くさいコンロ掃除を少しでも楽にして頂けたら嬉しいです。

-----スポンサーリンク-----

1件のコメント

  1. […] ◆もっと詳しく:簡単に出来るキッチンのコンロ掃除術!焦げを落とすにはつけおきがいい? […]

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ