服が洗濯で伸びる・縮む原因と対処法 もう失敗しない!手洗いで大事な服を長く使おう

服 洗濯

洗濯で失敗した経験はありますか?

昔は何でも手洗いで洋服を洗っていましたが、今は洗濯機があり大変便利な時代ですよね。

ただ、便利な洗濯機に甘んじて、何でもポイポイ入れていたら、洋服が伸びたり縮んだりして着れなくなってしまったなんてことはあるあるです。

私も大好きなニットやTシャツなど、色々と失敗してきました。

今回は、服が洗濯で伸びる・縮む原因と洗濯を失敗しない対処法をお伝えします。

-----スポンサーリンク-----

洗濯で服が伸びる原因

服が伸びる原因は、洗濯する際と干す際の2つに原因があります。

1つ目は、洗濯する際に伸びやすい服をそのまま洗濯機へ入れてしまう事です。

洋服には洗濯の仕方を教えてくれる品質表示のタグがついています。

それを参考に洗濯をすることが必須です。

何でもかんでも洗濯機へ入れてしまうと、服が長持ちしない原因となります。

2つ目は、洗濯後に伸びやすい服を洗濯ハンガーに適当に掛けて干してしまう事です。

特に重さがある洋服は、洗濯後は水分で下に引っ張られるので洗濯バサミで干してしまうと挟んだ部分によれが出てしまいます。

洗濯すると伸びやすい服

洗濯すると伸びやすい服は、Tシャツやポロシャツなどの綿(コットン)生地やニットなどのアクリル生地です。

伸縮性のある生地は丈夫に作られているので洗濯機での洗濯には一番適していますが、伸び縮みしやすいので洗濯時も洗濯後も注意が必要です。

同時に色落ちしやすい面と色移りしやすい面もあるので、お気をつけを。

洗濯で服が縮む原因

服が縮む原因も伸びる原因同様、洗濯する際に原因があります。

洗濯で洋服が縮んでしまう原因は、洗濯の仕方が間違っている場合が多いです。

縮みやすい服を洗濯機にかけてしまうと、言わずと知れて縮みますね。

正しい洗濯の仕方をすることで、縮みを防ぐことは出来ます。

洗濯すると縮みやすい服

洗濯をすると縮みやすい服は、幾つかあります。

Tシャツやポロシャツなどの綿(コットン)生地

綿の生地は伸縮性があるのはメリットですが、伸びやすく縮みやすい生地です。

ニットなどのウール生地

天然素材のウール生地は、摩擦や水に弱いため縮みやすいです。
洗濯の仕方はもちろん、干す際も注意が必要になります。

デニム生地

デニム生地は、洗濯すると縮みやすいです。
ただ、また何度か履いている間に繊維がまた伸びてくれるので大きな心配はないかも。

-----スポンサーリンク-----

伸びやすい服の洗濯と干し方の方法

伸びやすい服の洗濯方法をご紹介します。

ネットに入れて洗う

洗濯ネットを利用して、洗濯をする方法です。

ネットの大きさは、衣類に合わせて入れる事がベストです。

大きな洋服を小さなネットに入れて洗ってしまうと、汚れがあまり落ちません。

気になる汚れがある場合は、自前に部分洗いをして汚れ部分を外側にした状態でネットに入れて洗濯をしましょう。

洗濯機に衣類を詰めすぎない

洗濯機に衣類をぎゅうぎゅうに詰めてしまうと、衣類同士の摩擦が生じて生地が伸びますし、汚れも落ちません。

食事と同じで、洗濯機も8分目の量で洗濯をするようにしましょう。

軽いTシャツは、ハンガー干しがおススメ

Tシャツは洗濯バサミでつるしてしまうと、つるした部分によれが生じます。

ハンガー干しをすることで、よれもなくなりますし、乾きも早くなるのでおススメです。

重さがある衣類は、さお干しがおススメ

さお干しは、直接さおに衣類を干して、洗濯バサミでとめるやり方です。

ロシャツなどは少し重さがあるので、さお干しをすることで伸びを防ぐことが出来ます。

縮みを防ぐための洗濯と干し方の方法

縮みやすい服の選択と干し方をご紹介します。

基本は手洗い洗濯をする

縮みやすいデリケートな服は、生地を傷めずに洗える手洗い洗剤がおススメです。

ただ、むやみやたらに手洗いすると、危険です。

水を含んだニット生地は、もみ作用によって生地が絡み合い、生地が堅くなって縮んでしまいます。

ニット生地を手洗いする場合は、生地にあった洗剤で優しく洗うようにしましょう。

脱水せずに、タオルドライをする

縮みやすい服は、洗濯機で脱水せずにタオルドライする方法がおススメです。

タオルドライのやり方は、乾いたタオルで衣類を挟んで押さえたり、丸めたり、叩いたりしてタオルに水分を含ませてドライする方法です。

ニット生地はもちろん、デリケートなシルク素材や下着類など型崩れが心配な衣類に最適です。

縮みやすい服は、平干しがおススメ

縮みやすいニット生地は、平干しでの乾かし方がおススメです。

平干しネットなどを利用して、生地を伸ばさずに乾燥させます。

お部屋で乾燥させる場合は、換気が良い場所や扇風機などを一緒に利用すると乾燥しやすくなります。

平干しネットは、100均やネットでも売っています。

ハンガー干しは、ハンガーを2本使いする

ハンガー干しが可能なニット素材の場合は、ハンガーを2本利用して「隙間干し」がおススメです。

前後に隙間を作ることで、通気性がよくなり早く乾かす事が出来ます。

この際、ハンガーは太めの物を選ぶことがポイント。

細めの物だと生地が伸びてしまいやすいので、細めのハンガーしかない場合は、タオルなどを撒いて補強しましょう。

エコで生地にも優しい手洗い方法

伸び縮みしやすいデリケートな洋服に欠かせない洗濯法は、手洗い洗濯です。

昔ながらの手洗い洗濯は、衣類も傷めずに経済的で、とってもエコですね。

ただ、今は洗濯機が主流なので、意外に手洗いの方法を知らない方も多いかと思います。

衣類は、生地や汚れの大きさなどを考慮し、素材に合った方法で洗うことが大切です。

衣類の手洗い洗濯方法を幾つかご紹介します。

準備するもの

  • 洗剤
  • スポンジ

衣類を押す「押し洗い」

桶にぬるま湯を入れ、衣類を入れて両手で押す方法です。

ちょっとした汚れであれば、押し洗いで簡単に落とすことが出来ます。

衣類をふる「ふり洗い」

桶にぬるま湯を入れ、両手で衣類を前後左右にふって汚れを落とす方法です。

洗濯機でいう洗いを手動でするイメージです。

部分的に洗う「つまみ洗い」

衣類の汚れた部分をつまんで洗う方法です。

その際は、部分汚れ洗剤などを使用するとより効果的です。

掌でたたく「たたき洗い」

たたき洗いも、部分洗いのひとつのやり方です。

衣類についたしみなどを、スポンジなどを使って衣類をたたいて浮かしあげます。

こすると傷んでしまう衣類などは、たたき洗いがおススメです。

優しくもむ「もみ洗い」

もみ洗いも、部分洗いのひとつのやり方です。

桶に衣類を浸して、汚れた部分をもむように洗うと汚れが綺麗に落ちます。

まとめ

  • 衣類の伸び縮みは、洗濯時と洗濯後どちらも原因がある
  • 衣類に合った洗濯法をしよう
  • 手洗いで、優しいエコ洗濯をしよう

お気に入りの洋服も伸び縮みを防ぐ洗濯法で、長く愛用しましょう。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ