初心者必見!女性のクロスバイク通勤では服装やバッグはどんな物がいいの?

クロスバイク 通勤

ここ数年、「自転車女子」という言葉をよく聞くようになりましたね。

休日にクロスバイクやロードバイク等のスポーツ系自転車でちょっとした遠出を楽しむ女性も、増えてきているようです。

ただ、休日は他の予定が入ってしまったり、運悪く雨が降ったりすると、自転車で出かける回数も減ってしまいますよね…。

せっかく高いお金を払って購入した自転車。

「自転車は休みの日に乗るもの」という発想を転換して、いっそのこと通勤でフル活用してみませんか?

今回は、良いことづくしの自転車通勤について紹介します!

-----スポンサーリンク-----

女性のクロスバイク通勤はアリ?

クロスバイク通勤を始める時にポイントになるのが、距離、駐輪場の有無、会社での服装等です。

通勤できる距離の目安として、個人差はありますが、5~12km程度がおすすめです。

家から会社までの距離がそれ以上ある方は、家から途中まで自転車、もしくは、途中から会社まで自転車、という方法でも良いかもしれません。

私の場合は、家から会社までが約40kmですので、途中まで電車で通い、10kmを自転車で通勤しています。

時間的には、全行程を交通機関で通勤する場合より15分程度長くなりますが、交通費はかなり浮きますよ(笑)。

クロスバイク通勤をする際の注意点

盗難対策は万全に!

そして、何と言っても、駐輪場はクロスバイク通勤をする上では必須です。

クロスバイクやロードバイク等のスポーツ系自転車は、パーツが海外で高く売れるようで、とても盗難に遭いやすいです。

私も、一台目は購入してからたったの2か月後に、公共の駐輪場で盗難に遭いました…。

すぐに交番に届け出て、他にもネットで中古の自転車店等に転売されていないかどうかもチェックしましたが、結局見つかりませんでした。
泣きました(涙)。

そんなことも想定されますので、会社の敷地内や定期契約の駐輪場だから…と油断せず、許されるのであれば、駐輪場というよりも会社や自宅の建物の中に入れてしまった方が、安心です。

もちろん、鍵は最低でも二重でしておきましょう。

服装や着替えは大丈夫?

また、会社での服装や、会社で着替えができるかどうかも大きなポイントとなります。

ビジネスカジュアルが許されている会社、もしくは仕事中は制服だけど通勤時はカジュアルでもOK、という会社であれば、問題ないでしょう。

クロスバイク通勤に適した服装については、次で詳しくお話しますね。

女性なら日焼け対策も

それから、女性特有の悩みとして、通勤時の日焼けも気になりますよね。

私は、会社の位置的に、朝は東に向かって、帰りは西に向かって自転車をこぐので、朝日と夕日をまともに受けることになります。

冬場等の紫外線が少ないと言われている季節でも、毎日となると結構な量の紫外線を浴びることになりますので、自転車に乗る日は必ずアネッサ等で日焼け対策をしています。

また、目からも日焼けをすると言いますので、サングラスも近日中に購入予定です。

どんな服装がいいの?

スカートはNG?

クロスバイクは、トップチューブと言われる自転車のフレームの一部が高い位置になるため、シティサイクルやママチャリのようにサドルの前から跨ぐことはとても危険です。

一般的には後輪の方に足をまわして跨ぎます。

つまり、スカートでは乗れない、ということです。

裾が広がったガウチョパンツやワイドパンツ等も、裾がチェーンに絡む可能性があり、大変危険ですので、避けた方が良いでしょう。

かく言う私、実は、以前折りたたみ自転車のチェーンにパンツスーツの裾が絡んで破れてしまったことがあり、それがちょっとしたトラウマになっていたりします…。

そんな経験も踏まえ、私の会社はビジネスカジュアルで通勤できるので、チノパンやジーパン等で自転車に乗っています。

ストレッチが入っている素材の方が、動きやすくて良いですよ。

アウターがあると便利

また、上半身は特に汗をかきやすいので、脱ぎ着しやすいアウターをひとつ持っておくと便利です。

自転車って意外と運動量が多くて、汗をかくんですよね…。

冬場でも、5分もこいでいれば、暑くなってきます。

私は最近、登山メーカーが出しているレインウェアを購入したのですが、脇の下にファスナーがついていて、そこから蒸れを出すこともできますので、とても重宝しています!

風も避けられるので、寒さ対策にも万全!
おすすめです。

バッグはどういったものがいい?

クロスバイクは、シティサイクルやママチャリよりタイヤが細い分、安定感にやや欠けます。

ですので、トートバッグや手提げバッグ等、片方にだけ重心がかかるようなものや、ハンドルにぶら下げるようなものは、バランスを崩して転倒する可能性があり、大変危険です。

リュックやメッセンジャー等、重心が偏らず、いざと言う時に両手が自由に使えるものが良いでしょう。

ただ、リュックやメッセンジャー等を背負って長時間自転車に乗っていると、冬場でも多少背中が蒸れてきますので、荷物が少ない方はサイクリングバッグでも良いかもしれません。

サイクリングバッグは、

・フレームに付けるタイプ
・ハンドルのバーに付けるタイプ
・サドルの裏や下に付けるタイプ

等があります。

それぞれ大きさや形が異なりますので、ぜひお気に入りのバッグを見つけてみてください!

まとめ

1.通勤に適した無理のない距離で、自転車の保管にも気を付けて!
2.女性の大敵、日焼けにも十分注意を!
3.動きやすく、体温調節もしやすい服装で!
4.お手持ちのリュックやメッセンジャーでも十分

これだけ揃っていれば、健康で楽しく、ちょっとお得にもなるクロスバイク通勤を始められますよ!

くれぐれもスピードの出しすぎには注意して、ライトの点灯も忘れずに、安全運転で自転車通勤を楽しみましょう。

-----スポンサーリンク-----

1件のコメント

  1. 匿名 より:

    ランニング用パンツや3Dストレッチが入っているジーンズでないと、摩擦で股の布が薄くなって簡単に破れるよ。
    交通量の多い通勤ラッシュの時間や濡れた路面でクロスやロードを薦めない。
    650Cや700Cの細いタイヤはブレーキがママチャリほど良く利かないよ。
    ママチャリでさえ制動距離がオートバイやスクーターや乗用車の約2倍も長く必要で、急に止まれない。
    交通ルールを守らない二重国籍が公務員などに激増した。
    クロスやロードはママチャリと違って、長時間の乗車で尻の負担を減らすために腕にかかる体重の負担が大きくなってる。

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ