クロスバイクの空気入れおすすめ3選!入れ方はママチャリと違うので注意です

クロスバイク 空気入れ

クロスバイクに乗り始めて1か月。

「なんだか最近乗り心地があまり良くないなぁ…。あ、もしかして、空気減ってる?帰宅したら家にある空気入れで空気を入れよう~♪」

なんて思っているそこのあなた!

ほとんどのクロスバイクのタイヤや空気入れは、ママチャリのとは違うということ、ご存知でしたか?

今回は、クロスバイクの「空気入れ」にまつわるお話をたっぷりと紹介していきます!

-----スポンサーリンク-----

クロスバイクに空気入れって必要なの?

最近、「ノーパンクタイヤ」や「エアハブ」等を耳にすることもありますが、クロスバイクに関して言うと、ほとんどの(というか私の知っている限りでは全て)クロスバイクではママチャリと同様、空気入れは必要です。

空気が減ると、歩道などのちょっとした段差でも、身体に伝わってくる衝撃が変わったり、最悪、パンクしやすくなる…なんてことも。

安全な走行のためにも、空気入れに関する正しい知識を身につけておきましょう。

空気を入れる頻度・タイミングは?

乗る距離や頻度にもよりますが、通勤・通学で乗る場合にはだいたい2週間に一度は空気を入れた方が良いでしょう。

ロングライドをされる方は、乗る前と乗った後、また念のため途中でも空気の圧を確認した方が良いでしょう。

携帯用の空気入れも販売されていますので、そちらを持って行かれた方が安心です。

また長い間乗っていなかった場合にも、乗る前に必ず空気が入っているかどうか確認しましょう。

タイヤの空気の入れ方

まず、タイヤ(バルブ)の種類について簡単に説明します。

クロスバイクのタイヤはママチャリとは違う?

私たちが小さい頃から乗り慣れているシティサイクルやママチャリのバルブは、英式バルブと言います。

一方、クロスバイクには一般的に仏式(「フレンチバルブ」と呼んだりします)が採用されています。

一部、英式が採用されているクロスバイクもありますので、自分のクロスバイクがどのタイプが採用されているか、自転車屋さんに聞いてみるか、ネットで確認してみましょう。

クレンチバルブの空気の入れ方

ということで今回は、クロスバイクでは一般的なフレンチバルブの空気の入れ方を紹介したいと思います。

まず、空気入れに関してですが、今までママチャリに使っていた、要するに英式用の空気入れは、実は仏式には使えません。

自転車屋さんに行くと、必ず仏式対応の空気入れが販売されていますので、仏式バルブ採用の自転車の場合はそちらを購入しましょう。

クロスバイクのタイヤにも、ママチャリと同様黒いゴムが付いていますが、実はクロスバイクはこのゴムを取ってすぐに空気を入れられるわけではありません。

ゴムを取った後、さらに小さな小さなネジのようなもの(直径4~5mmぐらい!?)を回して緩めて、てっぺんを数回押して、空気入れを奥まで「ぐぐっ!」っとセッティングして、レバーを立ててロックして、空気を入れて、レバーをおろしてロックを解除して、小さなネジを締めて、ゴムを取り付ける……………という流れです。

…長かったですね笑。

大事なことなので、簡潔に…もう一度言います!

ゴム取り、ネジ回し、数回押して、奥まで「ぐぐっ!」、レバー立てて、空気入れ、レバーおろし、ネジ締め、ゴム付ける。

どれぐらい空気を入れたらいい?

また、タイヤによってどのぐらい空気を入れたら良いか、というのが結構重要だったりします。

やみくもにたくさん入れれば良い、というわけではないのです。

多くの場合、タイヤの側面にかなり小さい文字で、空気入れのどの目盛りまで入れたら良いか(目盛り付きの空気入れをオススメします)が書いてありますが、初心者が一人で解読するのは難しいかもしれません。

また、クロスバイクの空気を入れる部分は、細かい部品等もあり、破損や紛失した場合にはメーカー取り寄せ…なんてこともあるようです。

なので、「多分…この入れ方で大丈夫だろう!」というような素人目線の安易な考え方は、厳禁です!

最初は、可能であれば自転車と一緒に空気入れも購入し、店舗で実際に店員さんと一緒に試しに入れてみるのが良いと思います。

-----スポンサーリンク-----

女性におすすめのクロスバイク用フロアポンプ

クロスバイク用のフロアポンプと言っても、ピンからキリまであります。

自転車メーカーからも発売されているものもあれば、自転車屋さんのプライベートブランドのものまで様々です。

私が実際に使用しているのが、こちらです。

一台目のクロスバイクを購入した際に一緒に購入しましたが、初心者の私でもすぐに慣れました^^

目盛りも大きく、とても見やすいです。

ロングライドをされる方は、最初から携帯用の空気入れがセットになっている空気入れを購入されても良いかもしれません。

また、自転車メーカーのキャノンデールから販売されているフロアポンプもあります。

英式には対応していないようですが、色がキャノンデールらしくて、とてもかっこいいですよね。

まとめ

  • 通勤、通学の方は2週間に一度、ロングライドをされる方は乗る前、乗った後、途中でも空気圧を確認!
  • 多くは仏式ですが、自分の自転車が何式かわからない時は自転車屋さんやネットで確認!
  • 自転車購入時に一緒に購入すると、安心!

始めは「難しいな…」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、慣れれば簡単ですよ^^

それに、空気の入り具合の変化によって生まれる乗り心地の変化も、だんだんと楽しくなってきます。

安心・安全な自転車ライフのためにも、ぜひ空気入れにトライしてみてくださいね♪

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ