クロスバイクって折りたためるの?女性でも持ち運び可能な輪行の手順

クロスバイク 持ち運び

お気に入りのクロスバイク。

「せっかく買ったんだから、家や会社のまわりだけでなくて、もっと遠くまで出かけてみたい!」

乗れば乗るほどに、愛着が増して、そう思うことも多くなりますよね。

そもそも、クロスバイクって、折りたたんで運ぶことはできるんでしょうか?
どうやって運んだら良いんでしょうか?

今回は、自転車の持ち運び事情に関して、詳しく紹介していきます!

-----スポンサーリンク-----

クロスバイクって折りたためる?持ち運べる?

駅の前等で自転車を組み立てている人を見かけることがありますよね。

恐らく、自転車を解体して、電車で運んで、到着地で組み立てている、そんなところだろうと思います。

このようにして自転車を持ち運ぶことを「輪行(りんこう)」と言います。

クロスバイクは解体する必要あり

「フォールディングバイク」といういわゆる「折りたたみ自転車」というジャンルが存在しますが、これはクロスバイクとは違うジャンルになります。

クロスバイクを販売しているメーカーがフォールディングバイクも販売していることはありますが、やはりクロスバイクとは違う乗り物として認識されていますね。

フォールディングバイクは、もともと折りたためるようなつくりになっています。

それに対して、クロスバイクは折りたためるようなつくりにはなっていないので、折りたたむ、というよりは、解体して、また組み立て直す、という感じです。

このように解体することで、持ち運びがぐーんと楽になります!

クロスバイクはこうやって持ち運ぶ!

解体とか組み立てとか言うと、とても難しそうに聞こえてしましますが、実はほとんどのクロスバイクには、クイックリリースという機能が採用されていて、工具を使わずに車輪を着脱することができるんです。

用意するもの

準備するものは、

  • 輪行袋
  • パーツのカバー類(スプロケットカバー、チェーンカバー、フレームカバー等)
  • エンド金具

ざっくり言って、これぐらいでしょうか。

まず、輪行袋には縦型と横型がありますが、縦型はその名の通り分解後の自転車を縦に収納するような袋の形状で、縦長になりますので、身長が低めの方には難しいかもしれません。

横型は前後に場所を取るような形状の袋になりますので、歩行時に周囲の人たちにぶつからないように配慮が必要ですが、身長が低めの方でも持ちやすいというメリットがあります。

女性の平均身長を考慮すると、横型の方がおすすめかもしれませんね。

解体・組み立てのやり方6ステップをざっくりと

自転車の解体や組み立ての過程は結構細かく、口で説明するのはかなり難しいので…、それと自転車の構造によっても若干異なるところもあるので…ざっくり!ざっくり説明しますね。

①ライトやスタンドをつけている場合は、それを外す。

②ギアをアウターとトップにしておく。

③前後の車輪を外して、フレームをひっくり返す。
(フレームをひっくり返してから車輪を外すという方法もありますが、車輪を外してからフレームをひっくり返した方が車体が軽くなるので、女性にはおすすめです。)

④エンド金具を取り付ける。

⑤前後のタイヤでフレームを挟み、ストラップ等でしっかり固定する。
※ここでしっかり固定しておかないと、輪行中に崩れる等してとても危険です!

⑥輪行袋に入れる。

ざっっっっっくりですが、このような感じです。

初心者が一人で解体や組み立てをするのは、やや難しいかもしれないですね…。

万が一、解体や組み立ての方法が間違っていると、自転車の破損や、自身のケガにもつながりかねません。

初めての時は、輪行の経験がある方や、お店の人と一緒にやってみましょう!

-----スポンサーリンク-----

輪行におすすめのクロスバイク

想像に難くないと思いますが、「持ち運ぶ」ということを想定すると、やはり軽い車種がおすすめです。

【GIOS】CANTARE

車体重量、9.5kg!クロスバイクの中ではかなり軽い方です。

変速機もロードバイク用のSORAなので、ロングライドにも最適です!

【FUJI】ROUBAIX AURA

私が知っている限り…ですが、2017年モデルのクロスバイクの中では最も軽いのではないか?と思います。
9.2kgです。

ハンドル幅も少し狭めなので、輪行時にも邪魔になりにくいのがうれしいですね!

輪行時の注意点

交通機関によって、機内や車内に積める荷物の大きさ等に制限があるようです。

輪行袋を購入する際には、その大きさで交通機関に持ち込めるか、持ち込める場合に別途料金等必要か等、事前に必ず確認して購入するようにしましょう。

そして何よりも…、

大きさが大きさですし、倒れたりするととても危険なものですので、くれぐれも他のお客さんに迷惑がかからないよう十分な配慮が必要です。

また、組み立て時にも、周辺の建物を傷つけないように、歩行者の邪魔にならないように、点字ブロック等をふさがないように…色々なことに気を付けながら解体や組み立てをしましょう。

まとめ

  • クロスバイクは解体して交通機関で持ち運べる!
  • 初めての解体や組み立ては、輪行経験者やお店の方と一緒に!
  • 持ち運ぶ際には、周囲の方々への配慮を忘れずに!

ぜひ、電車や飛行機に乗って「輪行の旅」を楽しんでみてくださいね!

今までに見たことのない景色が、待っています☆

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ