~台・~代の違い・使い方 時間・年齢・血圧はどっちが正しい?

台 代

10から19を表す「台」と「代」。

「あれ?どちらを使うんだっけ?」と悩んだことはありませんか?

「台」と「代」の違いを見ていきましょう。

-----スポンサーリンク-----

~台の意味・使い方

台には色々な使い方があります。

車や機械を数えるときなんかも使いますが、今回は6時台のように範囲を表す使い方を見てみましょう。

辞書には、代の意味は年齢・値段・時間の範囲を示す語と書いてありますが、広く色々なことに使えます。

例:6時台
例:1万円台
例:20歳台
例:100kg台
例:100万人台

年齢にも使えるのですが、20台ではなく、20歳台のように「歳」を入れなければなりません。

台の前には「歳」「円」「時」のような助数詞や単位が必要です。

20台だと車が20あるみたいですもんね。

~代の意味・使い方

代は年齢の範囲を示す言葉です。

10歳区切りで使います。

年齢が1代とか100代というのは聞きませんね。

例:20代
例:80代

また時代・現代というように時期の範囲を示すときも使います。

この場合10年単位の場合も、100年単位の場合もまた1000年単位の場合もあるようです。

例:1980年代(1980年~1989年)
例:1900年代(1900年~1909年 もしくは 1900年~1999年)

1900年代は20世紀と似ていますが、20世紀は1901年から2000年までです。

開始が一年違うので気を付けてください。

また、「孫子の代」というように、家・位・名前などを継いだ順序を数えるときにも使います。

例:江戸幕府第15代征夷大将軍徳川慶喜
例:第52代横綱北の富士 勝昭
例:九代目松本幸四郎改め、二代目松本白鸚

~台・~代の違いは?

時間の場合

上で見た通り、時間の場合は「台」を使います。

例:6時台
例:12時10分台

年齢の場合

年齢の場合は台も代も使えますが、少し使い方が違います。

台を使う場合は歳と一緒に使うのが普通ですが、代の場合は使いません。

例:20歳台・20代

また、100歳の大台に乗ったというように、100の単位では代は使えず、台を使います。

例:100歳台

血圧の場合

では血圧ではどうでしょう。

血圧は台を使います。

正しくは単位を付けて書かなければなりませんが、血圧の単位が難しいので省略することも多いようです。

例:低血圧なのでいつも上が90台です。

血圧の単位はmmHgと書きます。

読み方は「水銀柱ミリメートル」または「ミリメートルエッチジー」だそうです。

台には助数詞や単位を付けるのが基本ですが、単位を知らなければつけようがありませんよね。

まとめ

  • 台の前には助数詞が来る。例:10%台 1万円台 20歳台
  • 代の前には直接数字が来る。例:20代 第3代将軍
  • 時代を表す場合は代を使う。例:2000年代 

血圧など単位が分からなくて省略する場合もありますが、正式には台の前には単位が必要と覚えましょう。

この記事を書いた人:らはつま

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ