注意!自転車で犬の散歩をするのは道路交通法違反!かごに乗せるのは大丈夫?

犬 自転車

みなさん、ワンちゃんの散歩は歩きオンリーですか?

小型犬だとなかなか無いと思いますが、自転車を走らせながら散歩なんてしていませんか?

それ、ちょっと待ってください。

法律違反だってご存知でした?

じゃあ、カゴに入れて自転車に乗るのは大丈夫?

-----スポンサーリンク-----

自転車での犬の散歩は違法!

なぜ違法なの?

正式には、自転車で、ワンちゃんと散歩をしたら、違反ということではないんです。

「道路交通法」で決められていることですが、自転車の運転手は、該当する自転車のハンドル・ブレーキその他の装置を確実に操作でき、その場の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないように努めなければならないのです。

ということで、自ずと、ワンちゃんを連れての散歩は、片手運転になるので、法律上アウトなのです。

片手運転だけでもアウトですが、飼い主さんや、周りを歩く歩行者にも危険ですよね。

ワンちゃんが突然走らないとも限りませんし、急に止まることも。

そしたら、自転車でバランス取るのはかなり困難です。

罰則も存在!

知っておいてもらいたいのは、罰則があることです。

犬の散歩で罰金払った〜とは、なかなか聞きませんが、だから、大丈夫ではなく、いざ何かあった時には、罰金を払うだけでは済まなくなることもあります。

危険があるから、それを守るために法律はあります。

ワンちゃんと飼い主さん。私たちを取り巻く人たちのためにも、法律をきちんと守りましょう。

犬をかごに乗せるのはOK?

私のわんこは、極度のビビリなので、自転車のカゴだなんて未知なる物には、間違いなくパニックを起こすでしょうし、ありえないくらい、震えるでしょう。

でも、中には全然へっちゃらなワンちゃんいますよね。

そんな爪の垢、分けていただきたいくらいです。

基本、何のために、ワンちゃんを自転車のカゴに乗せるかだと思いますが、ただのアクセサリーとしてなら、愛犬家の私は、大反対ですが、例えば、

ドッグランへ連れて行きたいけど、歩くには距離がありすぎる。
かといって、車もない。

そういう状況や、動物病院へ行く交通手段だったりもしますね。

そういう理由なら、全然いいと思います。

また、道路交通法上でも、カゴに乗せるのは、違法ではありません。

ただ、これらは、小型犬に限ります。

そして、その際には、十分注意が必要です。

犬をかごに乗せる際の注意点

カゴのサイズと位置

ワンちゃんのサイズが、自転車のカゴに合っているか確認してください。

どう見ても、入りきれてない場合、カゴのサイズを変える必要があります。

そして、カゴは後ろではなく、飼い主さんの目の届く、前に設置してください。

短いリードが必要

自転車走行中、タイヤが石に当たって、ジャンプしちゃったり、思わず、急ブレーキをかけてしまった時、ワンちゃんがびっくりしてカゴから落ちないように、リードをつけておくことです。

安全運転第一

自分1人での自転車運転と違い、ワンちゃんを乗せているときは、やはりスピードを出さず、ブレーキをかけたら、すぐに止まれるってことが大事ですよね。

自分の大事な子供を乗せていると思ってください。

交通量

走る場所も、考えたほうがいいですね。

交通量があると、車の音でワンちゃんも怖い思いをするでしょうし、飼い主さんが、自転車のバランスを崩したら大変です。

犬を自転車に乗せるためのグッズ

ワンちゃんを自転車に乗せる時、みなさん、ただ、元々付いているカゴに、ワンちゃんを乗せていますか?

いろいろ、そのためのグッズがあるの、ご存知ですか?

安全性に優れているものがたくさんあるので、何点かご紹介します。ぜひ、参考にしてくださいね。

サイクルキャリーバッグ

この商品、自転車に元々カゴがついてなくても、取り付け可能なんです。

キャリーバッグ内には、リードがついていることは当然ですが、ワンちゃんが顔だしても出さなくても、どっち用にもなり、自転車を降りてから、キャリーバッグになるので、そのまま、ワンちゃんを移動させることもできます。

これなら、具合が悪くなってしまったワンちゃんを、病院に連れて行く時も、ワンちゃんを歩かせる必要なく、便利です。

サイクルキャリーバッグ 3WAY

こちらは、同じサイクルキャリーでも、3WAYなんです。

自転車に取り付けOK、カゴから外して、キャリーバッグ、広げて、ワンちゃんのリラックスマットに!

一緒にピクニックやアウトドアにはぴったりですよね。

使わないときは、コンパクトに折りたためます。

これは、なかなか賢いグッズだと思います。

ペット用自転車

私がおすすめするペット用自転車、その名も「POTTA」

ワンちゃんを乗せるために、設計された自転車です。

よくあるママチャリと違い、カゴにワンちゃんを乗せていても、ちゃんとバランスが取れ、ふらつかないようにできています。

デザインもレトロな感じで、なかなか良さそうです。

これなら、ワンちゃんがシニアになっても、公園まで自転車で出かけ、のんびり公園を歩けますよね。

POTTAの公式サイトへ

まとめ

①自転車で犬の散歩は、道路交通法で違反とされています。

②ワンちゃんをカゴに乗せる時は、安全に十分留意が必要です。

③ワンちゃん用、自転車グッズを揃えて、楽しいサイクリングを!

自転車に乗って、ワンちゃんを走らせる散歩は禁止ですが、カゴに乗せて、ドッグランや、公園へ行くのは楽しそうですよね。

ワンちゃんが怖がらないようであれば、少し遠出もできますし、ワンちゃんにとって、楽しいプチ旅行になりますね!

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ