犬の散歩のしつけ時期は?お利口さんに育てる簡単3ステップ

犬 おすわり

みなさんのワンちゃんは、いつからみなさんの、家族の仲間入りをしたのでしょうか?

子犬の時からですか?
成犬になってからですか?

それぞれのご家庭で様々ですよね。

うちは、子犬から飼い始めました。

うちに来てすぐ、トイレトレーニングから始めましたが、みなさんはどうですか?

-----スポンサーリンク-----

散歩にしつけって必要なの?

室内でワンちゃんを飼っている場合、最低限、一緒に生活する中で、トイレトレーニングが必要だったり、無駄吠えをしないとか、様々覚えて欲しいことってあると思います。

じゃあ、散歩ではどう思いますか? 

ただ歩くだけだし、必要ないと思いますか?

答えは、「必要」です。

飼い主さんのため、外で出会う人々のため、そしてワンちゃんのためです。

しつけをされていない犬は不幸?

しつけがなっていないワンちゃんは不幸です。

全く散歩の仕方を知らないワンちゃんを、ご覧になったことはありますか?

飼い主さんを無視し、行きたい方向へグイグイと進み、他のワンちゃんや人へ、お構いなしにワンワン吠える。

挙句に、してはいけないところで排尿・排泄。

目も当てられない状況です。

こんなワンちゃんでは、周りの人からは恐れられてしまいますよね。

おそらく飼い主さんだって、最終的には、手を余してしまうのでは?

そんな風に見られてしまうワンちゃんは1番かわいそうです。

誰も幸せではありません。

小さな子供に、親が一生懸命、社会のルールを教えるように、ワンちゃんにもしつけは必要です。

何歳から散歩のしつけをするべき?

結論から言うと、いくつからとか、いくつまでに、と言うことはありません。

もちろん、子犬から教えるのと、成犬になってから教えるのとでは、若干、時間のかかり方は違います。

若ければ若いほど、覚えは早いです。

成犬になってからのしつけだと、今まで、ワンちゃんの経験してきたこと、間違って学習してきたこと、それらをリセットするのに、子犬の時より多少時間はかかるでしょう。

それでも必ず、ワンちゃんは学習してくれます。

絶対に諦めずに、ワンちゃんと向き合ってください。

散歩に必要な最低限のしつけ3つ

快適な散歩をワンちゃんと楽しむためには、ワンちゃんに覚えてもらいたい、様々なルールがあります。

でも、一から学ぶワンちゃんに、一気に覚えてと言うのも無理な話です。

少しずつ学習していく中で、最低限これだけは早くマスターして欲しいというポイントが3つあります。

①アイコンタクトを取る
②呼んだら来るようにする
③待てとおすわり

まずはこの3つを抑えておいてください。

アイコンタクトは取れていますか?

名前を呼んだら、飼い主さんを見る。

これは散歩をする上で、とても大事です。

アイコンタクトを取れるようになれば、どんなに興奮している状態でも、名前を呼び、飼い主さんを見ることで落ち着かせることができます。

アイコンタクトの取り方

しつけ方法は、外でも家の中でも実践できます。

ポケットにドライフードやお菓子を入れておき、名前を呼んで飼い主さんをちゃんと見て、アイコンタクトをとったら、ご褒美をあげる。

それを繰り返すだけです。

慣れてきたら、ざわついている中でもちゃんとできるか、テストして見てくださいね。

呼んだら来ますか?

アイコンタクトの応用編です。

どんなにあちこち力強く歩いていても、名前を呼んで、飼い主さんのそばに来てくれたら、よそのワンちゃんへ走って行く心配も軽減します。

名前を呼んで来てもらうには?

しつけ方法はアイコンタクトの時と同様ですが、まずは、完璧に走り寄って来てくれるまで、家の中でトレーニングです。

少し離れた場所から、ワンちゃんを呼びます。

その時、最初はお菓子をチラつかせてでもいいです。

それで走りよって来たら、ご褒美をあげます。

だんだんとワンちゃんとの距離を空け、飼い主さんが呼ぶ声で、走りよって来たら成功です。

外で、いろんな誘惑がある中、同じように名前を呼び、飼い主さんの方によって来てくれるか確かめましょう。

「待て」と「おすわり」はできますか?

「待て」と「おすわり」には、アイコンタクトを取る同様、ワンちゃんを落ち着かせる効果があります。

外で小さい子供たちが側を通り過ぎる時、よそのワンちゃんとすれ違う時、ワンちゃんがちゃんとおすわりをして、通り過ぎるのを待てるって、間違いなく、愛されワンちゃんですよね?

また、「待て」を完璧にできれば、例えば、急に車が飛び出して来た時など「待て」の一言で、ワンちゃんをストップさせ、交通事故から守ることもできます。

おすわりのしつけ方

しつけ方法は、おすわりの時も、お菓子もしくは、ドライフードを使います。

ワンちゃんにお菓子を見せ、その手をワンちゃんの頭上に持って行きます。

ワンちゃんの頭が必然と上を向きますよね?

その時、「おすわり」と言うのと同時に、片方の手で、ワンちゃんの腰を優しく押し、自然とおすわりをさせてください。

決して、力ずくで座らせてはいけません。

最初は一瞬でも座ったらご褒美をあげ、少しずつ、座っていられる時間を伸ばしましょう。

待てのしつけ方

待てに関しても、要領は同じです。

おすわりをさせた状態で、目の前にお菓子を置きます。

最初は、座っていても、すぐにお菓子を取ろうとしますので、その時はすかさず手で遮ります。

再度、おすわりをさせ、「待て」の一言を繰り返します。

最初は数秒でも待てたら、ご褒美をあげ、この場合も、少しずつ待てる時間を伸ばしていきましょう。

しつけは根気よく信頼関係を築いていくことが大事

全て、根気がいる作業です。

ワンちゃんは、1回のトレーニングで集中できる時間は、10〜15分だと言います。

ワンちゃんが飽きる前に切り上げ、休み休みトレーニングしましょう。

そして、ワンちゃんが、思うようにすぐ覚えてくれなくても、怒鳴ったり、物に当たることだけは、絶対にしないでください。

ワンちゃんだって、一生懸命やっていますし、ワンちゃんに恐怖心を抱かせてしまっては、信頼関係は絶対築けません。

褒めて伸ばすことです。

まとめ

1.ワンちゃんにしつけは大切です。

2.いくつから始めても間に合います。

3.基本は、「アイコンタクト」「呼び戻し」「おすわり・待て」ができること。

4.トレーニングは短い時間を休み休み。愛情持って根気よく。

ワンちゃんたちは、のんきに見えますが、本当に感受性豊かな優しい子達です。

飼い主さんが、一生懸命教えようとすれば、ワンちゃんは絶対それに答えてくれます。

覚えが早い子も遅い子もいます。

いろんな失敗は、そのワンちゃんの愛嬌です。

飼い主の私たちが、イライラすることなく、リラックスしてワンちゃんと一緒にトレーニングしていきましょう。

-----スポンサーリンク-----

1件のコメント

  1. […] 犬の散歩のしつけ時期は?お利口さんに育てる簡単3ステップ […]

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ