犬の散歩はハーネスと首輪どっちがいいの?メリット・デメリット11個

犬 首輪

みなさん。
ワンちゃんとの散歩は、首輪派ですか?ハーネス派ですか?

ちなみに、私はハーネス派です。

それぞれ違いがあり、どっちがどういいのでしょうか?

それぞれの特徴を知って、自分のワンちゃんにはどれがいいか見ていきましょう。

-----スポンサーリンク-----

首輪のメリット・デメリット

首輪、いろんなデザインのものがあって、かわいいですよね。

皮の首輪なんて高級感ありありだし。

でも、首を締め付けてしまうイメージが、どうしてもあったり・・。

さて、どんなメリット・デメリットがあるでしょう?

メリット

・首輪は、しつけがしやすいのが1番のメリットです。
リードウォークを覚えてもらうには、最適です。
ちょっとリードを引っ張るだけで、ワンちゃんに飼い主の意思が伝わりやすいです。

・着け外しが簡単です。

・デザインも豊富で、最近では、完全オーダーメイドもあり、首輪にチャームなども着けてあげることができます。

デメリット

・引っ張りグセがあるワンちゃんには、首や気管支が引っ張られた時に、負担がかなりかかります。
そのため、気管が弱いワンちゃんには使えません。

・ちゃんとしたサイズを選ばないと、歩いているときに、首から抜けてしまうこともあります。

・首輪の種類やワンちゃんによっては、アレルギー反応等で、皮膚への負担になり、皮膚炎の原因になる場合もあります。

おすすめの首輪3選

いろんな首輪がある中で、これは新しいなだったり、役に立ちそうなものだったりをご紹介します。

クラッシーな本革はいかがですか?

Made in Japanのハンドメイド、本ヌメ川の首輪です。

ワンちゃんの名前も入れてもらえ、字体も選べるんですよ! 

そして、何と迷子札も。

色も落ち着いたクラッシーな色なので、高級感があります。

本革なので、当然色が変わってきます。

ワンちゃんに感触も色も馴染んでいき、ご自身のワンちゃんオリジナルの首輪に変化していきます。

ぜひ、お勧めしたい1品です。

トレーニング用にいかがでしょうか?

フルチョークの首輪です。

アメリカで開発された素材で、日本人が注文後に、丁寧に手編みで作る、アメリカと日本のコラボ商品です。

コードはパラシュートで使用される、強い強度と耐久性があるもので、通常の首輪よりかなり軽く、ワンちゃんへ負担がかかりません。

また、色も10色から選べます。

リードと首輪別々から、オールインワンまで種類があります。

トレーニングには重宝する商品だと思います。

サイズ調整可能なハーフチョークはいかがですか?

こちらは、ハーフチョークの首輪です。

ハーフなので、引っ張りグセがあるワンちゃんでも使える首輪です。(限度がありますが)

この首輪、首の部分にナイロンクッションが入っているので、首にかかる負担が軽減されます。

また、反射テープも使われているので、日が暮れてからも、お使いになれます。

サイズ調整可能なので、ダイエット前後でも、首輪を再購入する必要なくなりますね!

ハーネスのメリット・デメリット

ハーネス使っている飼い主さん、どれくらいいるんでしょうか?

いいことだらけじゃないんです。
ハーネスも。

確かに、首への負担はないけれど・・・。

メリット

・まず第一に、首輪とは対照的に、首や呼吸器官への負担がありません。
首一箇所に力が集中することがないので、かかる力が分散されるので、ワンちゃん的には、バランスが取れます。

・ハーネスにもいろんな種類があり、ヒモ状のものから、洋服と一体になっているもの。柔らかいものは、皮膚の弱いワンちゃんでも心配なく使えます。

・首輪のように、思わず首から抜けてしまうということはありません。

デメリット

・散歩のしつけがちゃんとできていないワンちゃんの場合、飼い主さんがワンちゃんを制御することが難しいという点が、1番大きいです。
行きたい方向へ突っ走るワンちゃんを、引っ張って引き戻そうとしても、首に全く負担もかからず自由なので、飼い主さんの意思はなかなか伝わりません。

・ハーネスは首輪と違い、装着する時、外す時が若干面倒です。

おすすめのハーネス3選

ソフトハーネス ワンちゃんへの負担0!

こちらは、とにかく、ワンちゃんへの負担がかからないという、ベスト型のハーネスです。

全体的に柔らかい素材でできていて、装着する時も脱がす時も、割と簡単にできるものだと思います。

私も1つ欲しいなと思う1品です。

その名も「イージーウォークハーネス」

ハーネスでは、歩くしつけができないというのがデメリットでしたが、それを克服できるのがこのハーネスです。

普通、一般的なハーネスは、リードが背中側に来るのですが、こちらは胸の前なんです。

ワンちゃんがグイグイ引っ張って行こうとする時、このハーネスの胸の前にある、マーチンゲールループとDリングが、ワンちゃんの肩甲骨と胸全体を優しく締め付け、ワンちゃんを制御します。

ナイロン製で軽いので、ワンちゃんの負担にもなりません。

おしゃれなワンちゃんへ

首輪に革があるなら、ハーネスだって!

こちらもちゃんと本革です。

色も5色から選べ、装着も面倒ではありません。

そのまま装着しても、洋服の上からでも、どっちにもあって、かわいいです。

結局首輪とハーネスどっちがいいの?

じゃあ、結局どっちがいいの?って、悩みますよね。

お寿司もいいけど、パスタも食べたい。みたいな。

結局は、飼い主さんとワンちゃん次第ですよね。

ワンちゃんが、ちゃんと飼い主さんと歩けるなら、どっちでも、飼い主さんのお好みで〜でいいと思います。

引っ張りグセがあり、しつけもまだ全然です、という状況なら、首輪をお勧めします。

ただ、呼吸器官が弱いワンちゃんは、おすすめした、ワンちゃんをコントロールできるタイプのハーネスをお使いください。

ケースバイケースで、ワンちゃんに1番合う首輪・ハーネスで散歩を楽しくしましょう!

アンケート

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ