雨の日でも犬の散歩はするべき?雨具・傘などおすすめグッズ3つ

犬 雨

雨の日の散歩、みなさんどうしていますか?

雨にも度合いがありますよね?

霧雨程度から土砂降りまで。

どこからどこまでが、散歩OKなラインでしょうか?

散歩大好きワンちゃんや、お水嫌いなワンちゃんまで、いろいろいるワンちゃんですが、みんな同じでしょうか?

じゃあ、もし、散歩に出かけたら、注意することはあるのでしょうか?

-----スポンサーリンク-----

雨の日でも散歩しないといけないの?

雨の日の散歩は、ケースバイケースだと思っています。

あまりにも大雨だと、飼い主さんもちょっと構えちゃいますよね?

そして、ワンちゃん次第なところもあります。

・とにかく、外でしか排泄してくれなくなってしまったワンちゃん。
・散歩をしないと、ストレスが溜まって、家中でガウガウ吠えが始まっちゃうワンちゃん。
・雨だろうが雪だろうが、水が好き!散歩命のワンちゃん。
・大型犬で、とにかく運動量が必要なワンちゃん。

こういったワンちゃんは、よほどの台風や雷といった悪天候じゃない限り、行った方がいいのかもしれません。

(大型犬以外、本来は、ワンちゃん中心の散歩の有無じゃなく、飼い主さんが主体で、決められなければならないのですが、そのように、飼い主さんがワンちゃんに、教えてきてしまったのなら、仕方ありません。)

・家の中で、排泄をできるワンちゃん。
・水嫌いで、雨の日に外に連れ出されたら、逆にストレスなワンちゃん。
・家の中にいても、ある程度の運動ができ、ストレス解消できるワンちゃん。

こういったワンちゃんは、無理に行く必要はないでしょう。

ただ、例えば、梅雨のシーズンで1週間雨とかありますよね?

そういう時は、いくら散歩なしでも大丈夫と言っても、1週間以上はワンちゃんにとっては酷です。

雨の状態を見て、霧雨や小雨なら、短い距離でも行ってあげたら、ワンちゃんも、若干いやいや感があっても、気分転換にはなるでしょう。

雨の日の散歩の注意点3つ

肉球は大丈夫?

雨の日に散歩をする際は、晴れている時とは違った点に注意しなくてはいけません。

まず、濡れた地面を歩いていると、当然ワンちゃんの肉球も柔らかくなります。

そんな時は、小石を踏んだり、急に走って肉球が擦れること等により、肉球が傷ついてしまうことがあります。

肉球の怪我は治りにくいので、注意が必要です。

濡れたままは危険!

そして、当然、ワンちゃんは濡れますよね?

特に足は、泥が跳ね上がったりします。

普段の散歩でも、散歩後、足を洗う・拭く等、していると思いますが、雨の日は、特に綺麗にしてあげる必要があります。

散歩後、濡れたまま放置は、雨や泥で、雑菌だらけな上、さらに蒸れて雑菌増殖してしまいます。

私は、雨の日の散歩後は、シャワーに直行ですが、そうもいかない場合は、綺麗に足を洗う・拭くことをし、ドライヤーで乾燥させてください。

蒸れたままだと、皮膚炎の原因になります。

水たまりの水に注意!

最後に、ワンちゃんが水たまりの水を、ペロリと舐めたりしないように注意してください。

雨水は私たちが想像するよりずっと汚いです。

ワンちゃんを病気から守りましょう。

散歩におすすめの雨具4選

ワンちゃん用レインコートつなぎ

ズバリ、レインコートはかなりオススメです。

というか、必須アイテムに近いと思っています。

特につなぎのレインコートは、ワンちゃんが濡れる範囲が、かなり少なくなります。

ワンちゃんも濡れなくて済むし、散歩後、飼い主さんも楽できます。

今回ご紹介したい、こちらのレインコートは、特に、オススメです。

撥水加工がされていて、歩く時に「シャカシャカ」という音がしないので、ワンちゃんもストレスを感じないで済みます。

また、フードにはゴムが入っているので、顔もすっぽり、雨から守れます。

飼い主さん用レインコート

雨の日は大概、みなさん、傘をさすと思いますが、ワンちゃんとの散歩時、片手が傘で塞がれるのは、不便です。

そこで便利なのは、やはりレインコートですよね。

この紹介したいレインコートは、よくある硬い素材ではなく、柔らかく、着心地に拘ったレインコートなんです。

レインコートなのに、通気性も良いです。

また、自転車用のものとも違い、すっきりしたラインで動きやすく、雨に濡れないように、丈もロングです。

飼い主さん用レインブーツ

憂鬱な雨の日の散歩。

少しでも快適にしたいですよね?

いろいろあるレインブーツですが、私は、クロックスをおすすめします。

まず、レインブーツって、硬くて重いのが嫌じゃないでしょうか?

クロックスは、軽くて柔らかいのが売りなんです。

長時間履いていても疲れませんので、重宝します。

小さい折りたたみ傘

前述したように、傘をさして片手がふさがると不便ですし、かさばる重い傘を、毎回持って歩くのはストレスです。

ですがこちらの傘、超軽量で小さいんです。

なおかつ、UV加工もされているので、日傘にもなるようです。

デザインも豊富なので、お気に入りの1本を見つけてみてはいかがでしょうか?

まとめ

①散歩はケースバイケース 絶対必要ではない。
②雨の日の散歩は、濡れたワンちゃんをそのまま放置しない。
③ワンちゃんも飼い主さんも、濡れないような工夫で、少しでもストレスフリーな散歩を。

晴ればかりの散歩ならいいですが、そうもいかないものですよね。

ワンちゃんのために、散歩する時、少しでも快適に散歩できるよう、お気に入りのレインコートやブーツで、少しでも楽しく出かけましょう。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ