散歩中に犬が靴を噛む時のしつけ方法3つとおすすめの靴5選

犬 靴

活発なワンちゃんは、何でも興味を持ちがちです。

特に、動くものには興味津々。

たまに、散歩に慣れてないワンちゃんが、歩くごとに、飼い主さんの足に絡みついたり靴にアタックしたり、なんて光景見ませんか?

そんな時、どうしたらいいのでしょう?

-----スポンサーリンク-----

犬が靴を噛む理由

犬 噛む

大好きな匂いのする動くおもちゃ?

もともとワンちゃんは、動くものに反応します。

まして靴は、大好きな飼い主さんの匂いがします。

大きさ的にも、飛びつくおもちゃとしては、最適です。

もっというと、それが革で高級であればあるほど、美味しそうな革の匂いがプラスされるわけです。

噛み心地もちょうど、お気に入りのゴムのおもちゃに似ていたり・・・

飼い主が楽しんでいると勘違い

ワンちゃんが、靴めがけて飛んできた時、飼い主さん、思わず避けますよね?

もしくは、「ダメ!」と言いながら、後ずさり。

これも、私たちの普通のリアクションなんですが、ワンちゃんにとっては、「捕まえようとしたら、逃げた=大好きな飼い主さんも楽しそうに、声あげてる!もっとやっちゃえ!」と、なるんです。

悲しいことに、飼い主さんの心、ワンちゃん知らず、です。

あとは、パワーがあり余って、ぶつけどころがなく、靴にアタック!ということも考えられます。

靴を噛まないしつけ方法

犬 おすわり

少し冷たい対応を

まず、冷静に対応するのが1番です。

ワンちゃんが飛びついて来た時、静かにしゃがみ、興奮するワンちゃんを落ち着かせ、靴から興味を離します。

そして、また歩き出し、飛びついて来たら、同じことを繰り返します。

要は、靴は大して楽しくないと、学習してもらうんです

この時、よしよしと撫でて可愛がったらだめです。

ワンちゃんが、靴を噛むと、飼い主さんに褒められると勘違いしてしまうので、あくまでも、無表情で。

お座り・伏せ・待ての練習

それでも直らないという頑固なワンちゃんには、まずは、基本に戻り、自宅で一緒に歩く練習が必要です。

ワンちゃんは賢い動物なので、日々、飼い主さんを見て学習しています。

どうしたら自分にとって、都合よく飼い主さんが動いてくれるかも、着々と覚えていきます。

そんな中、飼い主さんの命令は絶対なんだということを、ワンちゃんに覚えてもらわなければなりません。

その方法として、家の中でリードを付け、一緒に歩き、飼い主さんのペースで突然止まり、お座りやふせ、待てをさせます。

ここで注意したいのは、ワンちゃんが言うこと素直に聞いてくれなくても、感情的に怒鳴ってはいけません。

感情的になれば、ワンちゃんは防御反応で威嚇するか、やる気を失わせるかです。

ワンちゃんは、褒めて、伸ばしてください。

まず、このお座りや伏せを、飼い主さんの命令でできるようになると、外でも、いざ靴を噛もうとして来た時、お座りをさせ、落ち着かせることができます。

それでもダメなら、、

ちなみに反則技ではありますが、靴にワンちゃんの嫌いな匂いや味のスプレーをするという手もあります。

例えば、「ビターアップル」という商品。

これは、舐めるとかなり苦いです。(私自身お試し済み)

これを、靴にスプレーし、噛んだ瞬間の苦さで、もう噛まなくなるのではと思います。

散歩におすすめの靴5選

ワンちゃんとの散歩の時は、いつもみなさん、どんな靴を履いて出かけていますか?

履きやすい靴や、歩きやすい靴を選んでいると思います。

シーズンや、天候によっても違ってきますよね。

いくつか、散歩におすすめできる靴をご紹介します。

ウォーキングシューズ

これは、定番ですよね。飼い主さん自身も身軽に歩けますし、革靴じゃないので、革のいい匂いもしません。

Adidas(アディダス)

定番のスニーカーですが、1番履きやすい気がします。

リーボックイージートーン

こちらのスニーカーは、履きながら、飼い主さんのダイエットにも効果があります。

一石二鳥になるのでおすすめです。

New Balance(ランニングシューズ・スニーカー)

こちらは、ランニングシューズです。

たまに、歩きながら走るようなら、こちらが便利ですよね。

ブーツ

冬の時期、住んでいる地域にもよると思いますが、大半の地域、寒いですよね?

是非、このブーツをおすすめします。

Sorel(ソレル)

このブーツは、とにかくあったかいです。

ヒールもないので、楽に歩けます。

いろいろデザインがあるので、お好きなものを1つ選んでみてはいかがでしょうか?

Kimbertex(キンバーテックス)

こちらも、あったかいですし、丈夫でちょっとくらいの雪では、何ともありません。

中には、滑りにくい底のブーツもあるので、是非。

まとめ

①犬が靴を噛むのは楽しんでいるだけの場合が多い
②靴を噛んだ時の飼い主の対応が大事
③靴は履きやすい+利便性を重視

散歩中靴を噛まれて困っている方も多いと思いますが、ワンちゃんの多くはただ楽しくて、飼い主さんと遊びたいだけなのです。

それをいけないことだと教えていくことが大事になってくるのですが、いろんな性格のワンちゃんがいますので、覚えが早い子もいれば、ゆっくりな子もいます。

どんな子も、どうぞ焦らずにワンちゃんが理解するまで、根気よく頑張ってみてください。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ