犬の散歩は歩くのと走るのどっちがいい?距離やペースはどれぐらい?

犬 走る

みなさんのワンちゃんの犬種は何ですか?

小型・中型・大型犬。
子犬・成犬・シニア犬。

様々なワンちゃんがいろんな地域で、いろんな生活を送っていますね。

さて散歩の時、ふと思ったことはありませんか?

私に合わせて歩いているけど、本当は走った方がいいのかな?
走るって、どれくらい?

今回は、そんな疑問に答えます。

-----スポンサーリンク-----

犬にとっての散歩とは?

ワンちゃんにとっての散歩。

これは、とっても重要な意味があります。

生きていくための糧です。

適度な運動量が必要

もちろん、運動不足の解消は大きいです。

特に、大型犬や、運動量を必要とする犬種のワンちゃんには、運動不足にならない為、散歩は必須です。

犬も人間と同じ

でも散歩は、運動のためだけではないんですよ。

例えば、人が外出を一切せず、そこには、テレビもインターネットもなく、外からの情報が一切入らない状況になったら。

どんな気分になりますか?

ワンちゃんも同じです。

ワンちゃんは、外に出ることで、いろんな情報収集をし、気分転換をします。

だから、小型犬といっても、散歩は必ず必要なんでよ〜!!

散歩は歩くのと走るのどっちがいいの?

迷いますよね。

散歩は歩く・走るのどっちが、ワンちゃんのためになるのか。

これは、ワンちゃんそれぞれの個体によります。

体力がある・ない、年齢によっても変わってきます。

そこで、それぞれのメリット・デメリットをまず説明します。

歩くことのメリット・デメリット

のんびりと歩くことで、ワンちゃんはいろんなものを見たり、クンクン匂いを嗅いだり、いろいろなことを学習し、それは、脳の活性化にも繋がります。

ただ、のんびり歩くため、運動しているという程の運動量にはなりません。

走ることのメリット・デメリット

特に、大型犬や運動大好きワンちゃんには、走るのは最高に楽しいですよね。

もちろん、筋肉を使いますし、いい運動になります。

ただこの場合、当然走っている時は、何かを見たり、匂いを嗅ぐという行為はできません。

また、成長期の子犬は、ダッシュ等の走り方は、関節を痛める原因になるので注意が必要です。

シニア犬は、関節や筋肉が弱りつつあるので、同じように注意が必要です。

おすすめの散歩法は

じゃあ、どうしたら?

歩くことと走ること、これら2つをミックスした散歩をぜひ、おすすめします。

どっちにもメリット・デメリットがあり、両方することで、お互いのデメリットを補い、いいこと尽くめの散歩になります。

散歩の仕方

では、散歩の中で歩く場合、どういうことに気をつけて、どうしていったらいいのでしょうか? 

ただひたすら歩くだけの散歩。

これは、ワンちゃんも飽きてしまいます。

ただひたすらランニング。

これは飼い主さんに無理がきます。

それでは、何がベスト?

ワンちゃんの成長過程別に見ていきましょう。

子犬の場合

とにかく子犬のうちは、ワンちゃんもパワフルです。

特に散歩はしっぽフリフリで喜びますよね。

中には、四六時中走り回りたいワンちゃんもいるように思います。

ただ、子犬のワンちゃんは、自分で自分の限度をわからず、はしゃぎがちです。

また、成長期なので、常に関節や筋肉を使って激しく走っていると、やはり成長にも影響が出てきます。

ジョギングには向きません。

子犬のワンちゃんは、基本、歩きの散歩を毎日複数回するということで十分です。

気が向いた時、100mくらいの距離を一緒に走るとか、歩きと走りで、散歩に変化をつけるといいです。

また、緩い坂があれば、そこを軽く走ったり、早く歩いたりも、いい運動になります。
(これは、私とわんこが実践している散歩です)

また、走る時、ダッシュや、急な方向転換は、関節への負担が大きいので注意してください。

成犬の場合

いろんなことを一通り学び、外の楽しさを覚え、1番充実して、散歩を楽しめる時期ですよね。

歩く速度は、飼い主さんペースで大丈夫です。

この頃には、リーダーウォークもマスターし、飼い主さんと楽しむことも覚えた頃じゃないでしょうか?

歩いての散歩は、運動と考えるより、リラックスして外を楽しむことをメインに考えて、のんびり歩きましょう。

ワンちゃんもいろんなものを見たり、匂いを嗅ぐことができます。

さて、走る時なんですが、ワンちゃんが全速力で走り、飼い主さんが、ハァハァと後を追う、なーんてことはいけません。

必ず、飼い主さんが先頭を走ってなきゃいけないとは、私は思いませんが、リードを思い切り引っ張られての走る散歩はアウトです。

ややワンちゃんが先を走る程度で、全速力じゃなく、軽いジョギングと考えてください。
(全速力はドッグランで、ワンちゃんだけで楽しんでもらいましょう)

毎日の散歩で、歩きと走りの割合は、飼い主さんとそれぞれのワンちゃんのペースで無理がない程度で構いません。

ただ小型犬は、どんなに元気に見えても、長距離のジョギングには体型的に無理ですので、ご注意ください。

走るのが大好きなワンちゃんは

走るのが得意なワンちゃんは、体型に関わらず、毎日じゃなくて構いませんが、たまにジョギングを長く一緒にしてあげましょう。

ワンちゃんと飼い主さんの体力作りになりますし、普段の散歩で、長距離を走ることがなければ、ワンちゃんにとっては、運動不足解消になります。

距離はその個体によりますが、ジョギングに慣れた大型犬のワンちゃんなら、20kmとか余裕で走るでしょう。

ただ、ご存知でした?
ワンちゃんも無理をすると、筋肉痛になるんですよ。

ご自身のワンちゃんの限度がどれくらいかは、飼い主さんがちゃんと把握し、無理のないジョギングを心がけてくださいね。

シニア犬の注意点

シニア犬になると、子犬の時以上に、関節を大切にしなければいけません。

また、足腰が弱ってくるので、無理に走るという散歩は必要ないように思います。

ただ、若い頃、飼い主さんとよくジョギングしていたワンちゃんや、まだまだ足腰が丈夫で、体力があるシニア犬なら、無理をさせない程度で、走ったりという散歩も、逆に若さを保つ秘訣になることもあります。 

基本は歩きの散歩でも、時々、筋肉を保つ意味でも、そのワンちゃんによっては、軽く短い距離を走るということも散歩の中に入れて見てください。

まとめ

1.ワンちゃんにとっての散歩は生きていく糧です。

2.散歩には歩きと走りがあり、両方を組み合わせた散歩がおすすめ。

3.子犬・歩きメインの散歩。(たまに短い距離を走ることはOK)

4.成犬・歩き・走りミックスの散歩(時々ジョギング・ドッグランへ)

5.シニア犬・無理はさせず、ワンちゃんの体力次第で歩き・走りミックス散歩へ。

散歩は、毎日のことなので、ワンちゃんが楽しく健康的に散歩をすることは、もちろん大事なんですが、飼い主さんに無理がこないようにすることも大切です。

「毎日散歩に行く」まず、これが1番です。

飼い主さんが走るのが苦手であれば、たまにドッグランに連れて行き、ワンちゃんにはそこで思い切り走ってもらいましょう。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ