犬が散歩で歩かない理由は?怖がりなワンちゃんを散歩好きにする3つの方法

犬 歩かない

ワンちゃんと散歩していて、いろんな、よそのワンちゃんを見ることがあります。

張り切ってグングン歩くワンちゃん。
すまして得意げに歩くワンちゃん。
クンクン、いろんな匂いを嗅ぎたくて仕方ない、冒険心旺盛なワンちゃん。

そして・・・歩かないワンちゃん。

ワンちゃんの為を思って、良かれと思い、連れ出した外。

歩かないのは困ります。

最初から歩かないのか、途中から歩かなくなったのか。

ワンちゃんには、ワンちゃんなりに理由があるんです。

-----スポンサーリンク-----

犬が散歩を嫌がる・怖がる原因5つ

家を出てすぐは歩くけど・・

家を出てしばらくは歩くけど、突然、ピタッと歩かなくなるワンちゃんいますよね?

これ、散歩自体は楽しいんです。

ただ、その止まった先に、嫌なものがある場合が多いです。

過去に嫌な思いをしたとか、私たちには匂いませんが、ワンちゃんの嫌いな匂いがするとか。

何かがあって、ワンちゃんは歩くのを拒否します。

外に出ても一歩も歩く気ゼロ?!

稀にいますね。

外に連れ出したのに、全く興味を示さず、帰りたがるワンちゃん。

これは、散歩、つまり、外の世界にまだ慣れていないのかもしれません。

特に、小型犬に多く見られます。

小型犬のワンちゃんにしたら、世界は全て巨大です。

当然、怖いし、パニックです。

単純に駄々っ子

一度、ワンちゃんの気分で、「歩かない!」と駄々をこねたある日。

飼い主さんが優しく、「仕方ないなー。抱っこしようか」と抱っこをしたり、優しく接したことから始まります。

賢いワンちゃんは学習します。

こうしたら、飼い主さんが優しくしてくれる。

そして、散歩に行く度、歩いたり歩かなかったり。無駄な歩きをするようになります。

歩きすぎではないですか?

ワンちゃんそれぞれ、大きさや犬種によって、必要な運動量の平均はありますが、あくまでも個体差があります。

飼い主さんの思い込みで、歩きすぎたりすると、ワンちゃんだって疲れて、最終的にはギブアップです。

疲れて動かなくなっちゃうワンちゃんもいるようです。

外が嫌い

ワンちゃんは外が好き。

はい。ほとんどのワンちゃんは自然が大好きで、かけっこ大好きです。

でも、例外もあるんです。

中には、本当に外が嫌いなワンちゃんがいるんです。

愛犬が散歩を好きになるための工夫3つ

散歩のコースを変えてみる

途中までは歩くけど、突然止まって、歩かなくなっちゃうワンちゃんに効果がある方法です。

単純に行く先の何かが嫌な場合、可能であれば、その先ではなく、違う方向へ行ってみてください。

それは、ワンちゃんが行き先を決めるのではなく、当然飼い主さん主導で決めてください。
(ワンちゃん主導では、ワンちゃん自身がリーダーと勘違いを始めるので、やめてくださいね)

それでまた歩き出すようであれば、しばらくその散歩コースに変えて散歩しましょう。

好きなところからスタート

家から出た瞬間から歩かないワンちゃん。

散歩にまだ慣れていなくて、とにかく恐怖心でいっぱいなことが多いです。

こういう場合は、まず、楽しさを覚えてもらう為、距離を歩くことに重点は置かず、楽しませることを中心に考えてみてください。

例えば、家を出る時は、歩きたいそぶりを見せない限り、抱っこして公園に行き、そこで初めて地面に降ろします。

ゆっくり時間をかけ、いろんな匂いを嗅ぎ、外を見ることで、恐怖心を取り除くことから始めます。

少しずつ、少しずつ、必ず成長してくれるはずです。

慣れてきた頃、今度は行きは抱っこででも、帰りは少しだけ歩かせてみるとか、少しずつできることを増やしていきます。

駄々っ子ワンちゃん攻略アイテム

駄々をこねて、歩かないワンちゃんは、歩くより、飼い主さんに甘えるほうが楽しいから、そうするわけで、基本、歩くのは嫌いじゃありません。

だからと言って、歩かなくなったワンちゃんは、引っ張ろうが、押そうが、どっからあんな力出てくるのか、ビクともしないことありますよね。

そこで登場するのが、「おもちゃ」です。

ワンちゃんにより、好みのおもちゃは違うと思うので、ご自身のワンちゃんが好きなおもちゃを用意します。

歩かなくなったら、そのおもちゃの登場です。

ワンちゃんは、動くものに興味を示します。

大好きなおもちゃが突然登場して、自分の周りでパタパタ動いたら、当然、捕まえにワンちゃんは動きます。

その時点で、ワンちゃんの興味は、飼い主さんからおもちゃへ移りました。

そうやって、騙し騙し歩かせて、散歩の楽しさを思い出してもらいましょう。

どうしても歩かない時の対処法

まずはただ嫌いなのか、体調が悪いのか見極める

あの手この手を使ってもやっぱり歩いてくれない。

こんな時、飼い主として、すごい無力感に陥りますよね。

でも、思い出して下さい。

中には、本当に外が嫌いで、散歩が嫌なワンちゃんもいるんです。

または、どこか体に不調がないか、よーく観察してみてください。

体調が悪くて散歩に行きたがらない場合は、回復すれば歩いてくれるはずです。

外嫌いを克服させましょう

結果、やっぱり、嫌いなだけという場合、それでも全く運動しないわけにはいきません。

家の中中心で運動をさせ、毎日じゃなく、何日か置きでいいので、外の空気を吸うだけでもさせてください。

それと、「外嫌い=外に出さなくていい」という判断ではなく、それでも、その外嫌いを克服する努力はしてください。

いろいろな別の公園に連れて行くとか、行く場所を変え、ワンちゃんがお気に入りの場所を見つけたら、外に興味を持つチャンスです。

まとめ

1.ワンちゃんにはワンちゃんの、歩きたくない理由があります。

2.歩かない理由を理解した上で、飼い主さんの腕の見せ所です。

3.いろんな手を尽くしても歩かない場合は、家の中での運動にシフトしつつ、外嫌い克服に努めましょう。

ワンちゃんにとって散歩はとても重要です。

飼い主である私たちが歩かない原因を突き止め、散歩に行ってくれるよう努めることが大切ですね。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ