犬のご飯の適切な量ってどれぐらい?計算方法をご紹介

犬 ご飯

私は6歳と8歳の犬を飼っていますが、体重管理って難しいですよね。

少しでも多めにあげると太ってきます。

去勢手術をしてから急に太りやすくなりました。

皆さんの愛犬も同じような経験があるのではないでしょうか。

まずは、愛犬の適切な必要カロリー量を知ることが大切です。

本文では、例を挙げつつ、ワンちゃんの必要カロリー量がわかる計算式を紹介します。

-----スポンサーリンク-----

適切な量の餌を与えることの重要性

ダイエット用フードなのに愛犬が太ってきた、そんな経験ありませんか?

現在、去勢避妊手術をされているワンちゃんが多いと思いますが、手術後はかなり太りやすくなります。

そのため、適切な量の餌を毎日与えることが大事となってきます。

肥満になると、足腰に負担が起き、散歩のとき痛くていやがったり、階段の上り降りがおっくうになったりして、運動量の低下、糖尿病等の成人病の発症、腰を痛めヘルニアになる子もいます。

給餌量を知らず、食べるだけあげているとあっという間に肥満体になってしまいます。

ドッグフードの給餌量を鵜呑みにしてはいけない?

ドッグフードのパッケージには給餌量の目安が書かれていると思いますが、これ通りにあげていたら太ってしまった、ということが多くあります。

そもそも、この給餌量はあくまで「目安」なのです。

例えば、「体重11キロの避妊済みの女の子の少し肥満気味の8歳」のワンちゃんがいたとします。

パッケージには10キロから13キロの子は、1日に、170g~200gと書かれています。

さて、この子には何グラムあげたらいいでしょうか?

まず、給餌量には男の子女の子の区別がありません。

それ自体は対して問題になりませんが、次に、避妊済みという点。

避妊去勢手術の子は太りやすいので、基準量より減らす必要があります。

そして肥満気味なので、避妊手術済みという子以上に給餌量に注意しないといけません。

そして、なにより、この子は11キロです。

給餌量目安は30グラムの幅があります。

仮にこの給餌量を参考にする場合、この子のベストの給餌量を出すためには、この範囲で調整を続けないといけません。

体重別のご飯量の目安

これは、ドッグフードの商品ごとに異なります。

肥満ではない成犬用ではカロリーが少々高めに設定されていますが、減量用の餌では原材料の量や質が工夫されていてカロリーが低くなっています。

また、シニア犬は2パターンあって、運動量が少なくなった老犬用にカロリー控えめになっているものと、食が細くなった子用に、少量でも高カロリーになっているものがあります。

自分のワンちゃんに適したご飯を見つける

いずれも、まず愛犬に適した餌を見つけるところから始まります。

愛犬の好み、減量用か通常か、年齢に合った選択(子犬用、成犬用、シニア犬用)、アレルギーがあるい愛犬の場合はアレルギー源が入ってないかどうか、等々注意して選びます。

あなたのワンちゃんの体重は標準?

そして、自分の愛犬が、犬種の標準体重内の重さか、知ることが大事です。

もし範囲外だったら、範囲内に減量できるよう、食事と運動を気を付けていきます。

雑種、MIX犬の場合は似た体格の犬の標準体重を参考にするといいと思います。

標準体重は犬種カタログ等の本で確認できます。

写真もあるので、わかりやすいと思いまよ。

犬種別の標準体重チェック表

以下で、代表的な犬種の標準体重をまとめておきますね。

犬種 標準体重
コーギー オス 10~13.6kg
メス 10~12.7kg
グレートピレニーズ オス 45.5~55kg
メス 38.5~45kg
ゴールデンレトリバー オス 29.5~34kg
メス 25~29.5kg
柴犬 オス 13.6kg
メス 9kg
ミニチュアダックスフンド オス 5kg
メス
チワワ オス 2.7kg
メス
ミニチュアプードル オス 5kg
メス
ポメラニアン オス 3.2kg
メス 1.5kg

あくまで目安なので、気になる方は獣医さんにかかった際にその子本来の目安体重の相談をされることをおすすめします。

私が以前飼っていたゴールデンレトリバーも骨格が大きく、体重が多かったです。

あと、愛犬の見た目で肥満か測定する方法で、愛犬を上から見たとき、くびれがあるか、触ったときに肋骨(ろっこつ)が触れるかでも判定できます。

くびれがない、脂肪で肋骨に触れない場合は肥満です。

適切なご飯量の計算方法

愛犬の適正体重がわかったところで、次に愛犬の適正必要カロリーを計算します。

計算式をお教えします。電卓を用意してください。

①愛犬の適正体重を3乗してください。

②①で出た数字を2回ルート(√)してください。

③②で出た数字に70をかけてください。

それで出た数字が愛犬に必要なカロリーです。

10キロの子でシミュレートしてみます。

①10を3乗 → 10×10×10=1000

②1000の√を2回=5.62

③5.62に70をかける → 70×5.62=393

以上で、このわんちゃんの必要カロリーは393キロカロリーです。

あとは、ドッグフードの袋に書かれているカロリーを参考に計算します。

例えば、1キロ当たり3589カロリーの餌の場合。

私のやっている計算方法は、ドッグフードの1グラムあたりのカロリーを計算して、必要カロリーで割るやり方です。

3589カロリー÷1000=1グラム当たり3.5キロカロリー

393÷3.5=112g

このご飯の場合、体重5キロの子の適正給餌量は、「112g」となります。

計算が大変だと思いますが、意外と簡単なので、挑戦されてみてください。

まとめ

どうでしたでしょうか?

まとめると、

1.年齢・体重・性別・去勢避妊の有無・犬種からその子の適正体重を知る

2.その体重をまず3乗する

3.その数字を2回√で割る。

4.その数字に70をかけて、出た数字が必要カロリー

5.ドッグフードの1グラムあたりのカロリーを出して、4で出た数字で割る。その数字が適正量のフードグラム量

です。

愛犬のために一度調べて計算してあげてください。

肥満防止には散歩も大事。

一緒に運動量も見直してあげてください。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ