【節分2018】恵方巻きはいつ食べる?方角や由来など

節分 由来

お正月も終わり、2月に入るとすぐに来るのが節分。

恵方巻と言う名前の巻き寿司を食べる習慣のある家庭も多いのでは?

田舎であればイワシを食べ、その頭をヒイラギに刺して玄関に飾り厄除けをするという昔ながらの節句の過ごし方をする家庭も。

そんな節分の由来や今年2018年の方角をご紹介しましょう!

-----スポンサーリンク-----

節分っていつ?由来は?

節分 由来

現在、節分と言えば2月3日のことを言いますよね?

この日に行われる理由をご存知でしょうか?

節分とは、立春・立夏・立秋・立冬の前日、つまり季節の分かれ目のことを言います。

その中でも江戸時代から現代にかけて、立春(2月4日)の前日に当たる2月3日のことを節分と呼ぶことになりました。

節分の由来

元々は、季節の変わり目には邪気(鬼)が来るとされていたため、鬼を払うための行事として宮中で『延喜式』というものが行なわれるようになりました。

この延喜式では色付けした土で牛と童子(子供)の人形『土牛童子』を作り、帝の住む大内裏の門の一つ一つに飾るという習わしがありました。

この習わしは平安時代頃から始まったとされ、鬼払いの儀式「追儺」から生まれたとされています。

この「追儺」では、現代のように鬼役と払い役がそれぞれ割り当てられ、矛と盾を持った鬼役「方相氏(ほうそうし)」を払い役「公卿と殿上人」が弓や鼓で追い払うという儀式が行われていました。

節分の歴史

『続日本紀』という文献によると、706年に「追儺」の行事が始まりました。

そして、邪気を払うとされている桃の花が室町時代には重用され、その後に炒り豆を使って鬼を追い払う行事へと変化しました。

また、私たちが節分の鬼払いの時に口にする「鬼は外、福は内」という言葉。

この言葉も、実は歴史上では1447年に「鬼外福内」と唱えていたという事実が『臥雲日件録(瑞渓周鳳)』に記録されています。

その後近代に入ると、この追儺の行事が宮中から庶民へと広まったことで、イワシの頭がヒイラギに刺されるようになりました(笑)

ヒイラギに刺されたイワシの頭は、朝からではなく、2月3日の夕方に玄関に飾ります。

また、この時には現在の豆まきは寺社で行われていたものだそうです。

恵方とは?

恵方

恵のある方角と書いて恵方。

その年の吉方となる方角のことを言います。

この恵方が毎年異なっていることをご存知でしょうか?

その年の恵方は、実は決められたものなんです!

恵方の決め方

恵方の決め方。

それは、その年の「十干(じっかん)」によって決められています。

十干って何?という人はいらっしゃいますか?

古くは陰陽道において万物全てのものが陰と陽で出来ていると考えられていた時に、同じく「木・火・土・金・水」から成り立っていると考えられてきました。

十干とは、その陰陽と「木・火・土・金・水」を結びつけ、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」に割り振ったものを指します。

その年の干支がどの動物を指すかご存知の方は多いとしても、この十干を伴った「干支」をご存知ではない人も少なくないでしょう。

ご自分がどの干支の生まれであるかご存知の人は多いのではないでしょうか?

例えば、私は1986年生まれですので、丙寅となります。

2018年の恵方は?

今年2018年の干支(えと)は戊戌(つちのえいぬ)ですよね?

「干支」とは、子・丑・寅・・と始まる十二支と、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」区別される十干により決められています。

そして、この十干である「戊」、つまり西暦で言う8の数字の付く年の方角、巳と午の間が今年2018年の恵方となります。

この巳と午の間、丙の方角、つまり現代で言うところの南南東微南が該当します。

-----スポンサーリンク-----

恵方巻きの由来

恵方巻き 由来

恵方巻きの発祥は、情報の発信元・江戸ではなく、意外にも関西だそうです。

商売繁盛を願って大阪の花街で節分を祝う風習が江戸時代から明治時代にかけて始まりました。

始まった当初は今のように「恵方巻き」とは呼ばず、「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」と呼ばれていました。

また、この時から太巻きの中の具材が七福にちなんで「七種」というのは変わりません。

そして、普段であれば丸かぶりなんて行儀の悪いことは怒られるのが普通ですよね?

ですが、商売繁盛を願う上で「運を一気にいただく」という理由から一本丸ごと食べという文化が始まったとされています。

「しゃべったらダメよ!」というのは、恵方巻きを食べる途中で止めてしまうということから縁起を担ぐためとされているのかもしれませんね。

恵方巻きの準備

恵方巻き

節分に恵方巻きを頂くと決めたなら、恵方巻きを準備しないといけませんね?

では、その恵方巻きの入手方法や頂き方をご紹介しましょう!

どこで売ってる?

昔はお寿司屋さんで取り扱っていた恵方巻き。

もちろん今でもお寿司屋さんで取り扱っていますが、最近ではお寿司を取り扱うスーパーやコンビニでも予約をすれば購入することが出来ます。

クリスマスにコンビニでケーキやチキンを予約したことのある人ならばよくご存じかと思いますが、コンビニで注文票を貰い、必要事項を記入して注文します。

また、楽天市場を筆頭にネットでも注文することが出来ますよ。

自宅で作る場合

また、ご自宅で手作りされる場合には、このようなレシピはいかがですか?

<材料>(3人分)

焼き海苔(大判のもの)3枚
白ご飯 約650g(白米から炊くなら2合)
すし酢(米酢50ml、砂糖大さじ1、小さじ1、塩小さじ1を合わせる)

玉子 3個
A 砂糖 小さじ1
A 醤油 小さじ1
サラダ油 少々

きゅうり 海苔の幅×3本(棒状に切る)
絹さや 6〜7枚
塩 少々
ほうれん草 1/3束
うなぎのかば焼き(市販品) 1/2尾分
干し椎茸 15g(中サイズ3〜4枚)
にんじん 1本
B 椎茸戻し汁 150ml(足りなければ水を足す)
B しょうゆ 小さじ4
B みりん 小さじ4
B 砂糖 小さじ4

<すし飯の作り方>

①白ご飯に合わせておいたすし酢を混ぜます。

②なじんできたらしゃもじでご飯を切るように混ぜ、うちわなどで人肌程度まで冷まします。

<具材の作り方>

①人参は細長く8等分くらいの大きさに、干し椎茸は薄切りにします。

②Bの材料を鍋に入れ、①を入れて中火で沸騰するまで煮たら、弱火にして15分ほど汁がなくなるまで煮詰めます。

③厚焼き玉子を作るため、玉子3個をボウルに割り、Aを入れて玉子をほぐすように混ぜます。

④熱したフライパンにサラダ油を敷き、④の1/3程度を流し入れます。

⑤白身が固まり始めたら奥から巻いていき、再び奥に戻し、次の卵液を流します。

⑥④と⑤を卵液がなくなるまで繰り返し、全体的に厚みがほどよく付いた厚焼き玉子を完成させます。

⑦鍋に湯を沸かし、色が変わる直前の歯ごたえのある程度まで絹さやを茹でます。

⑧⑦を冷水にさらし、細長く切ります。

⑨⑧の残り湯でほうれん草を茹でます。

⑩⑨を冷水にさらし、水気をよく絞った後1~2㎝程度に切りそろえます。

⑪うなぎはオーブントースターなどで温め、棒状に切り分けます。

<巻き寿司の巻き方>

①巻きすを広げ、その上に焼き海苔を敷きます。

②海苔の上2㎝程を空け、すし飯を全量の1/3程度海苔の上に広げていきます。

③ご飯の真ん中より上に具材を並べます。

④海苔を巻きすごと海苔の上部へ引っ張り上げ、一度ぎゅっと巻いた部分を握り、緩まないようにします。

⑤海苔の上部2㎝のすし飯がない部分をのりしろにきちんと巻き上げます。

⑥巻きすの片端と巻き寿司の片端を合わせ、しっかりと巻きすを巻きます。

⑦巻きすの両端を輪ゴムで縛ってすし飯を馴染ませるよう寝かせたら完成です。

※具材を並べる順番としては、バラバラになりやすい椎茸を奥側に置くことで、巻きやすくなります。

<恵方巻きの作り方>~白ごはん.com参照~

恵方巻きの食べ方

恵方巻きの正しい頂き方は、ご存知でしょうか?

我が家では、毎年誰を笑わそうか楽しみにしている行事なのですが、一言もしゃべってはいけないそうです。

その他のルールも一気にご紹介しましょう!

ルールその①

今年の恵方(2018年であれば、南南東微南)の方を向いていただきましょう!

よそ見をせず、今年の吉方を向いていただくことでご利益があるそうですよ。

ルールその②

黙って頂きましょう!

丸かぶりをする恵方巻き。

いつもは楽しくおしゃべりをしながらの食事も、この時だけは静かに黙って頂きましょう。

こちらもご利益があるという所以がありますよ。

ルールその③

切り分けるなんて言語道断!

そのまま丸かぶりしてこそ恵方巻き!

ご利益は途中で休んでしまうとそこで止まってしまうとか。

黙って休まずに一気に丸かぶり!

これが恵方巻きの頂き方の極意です!(笑)

まとめ

・節分は2月3日、古くは平安時代に始まりました!

・恵方とは、その年の吉方の事、今年2018年は南南東微南!

・恵方巻きの由来は大阪で、商売繁盛を願ったもの。

・恵方巻きを買いに行ったり作ったりして準備をしましょう。

・恵方巻きは黙って、恵方を向いて、一気に頂きましょう!

いかがでしたか?

良く知った節分でも、由来や正しい頂き方があります!

今年もルールを守って美味しく恵方巻きを頂きましょう!

合わせて読みたい関連記事

1件のコメント

  1. […] 【節分2018】恵方巻きはいつ食べる?方角や由来など […]

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ