目・眼・瞳の違い・意味と漢字の使い分け

目・眼・瞳

「目」と「眼」と「瞳」。

どれも物を見るための器官である「め」を指す言葉ですよね。

この3つにはどのような違いがあるのでしょうか?
使い分けは必要なのでしょうか?

そこで今回はこの3つの言葉の正しい意味と使い方を調べてみました。

-----スポンサーリンク-----

目の意味・使い方

目は「目全体のこと」だそうで、広い意味で使われるようです。

眼球だけではなく、まぶたや目尻なども含めて「目」と表現されることが多いそうです。

また非生物であっても、丸くて目のような形をしているものをさして「目」と表現される場合があります。

「台風の目」「サイコロの目」などがそうですね。
「魚の目」なんかもそうです。

その他、「目」は比喩で用いられる場合もあります。

「散々な目にあった」「ひどい目にあった」などという表現が、それにあたりますね。

例:パンダは目が黒いのではない。目のまわりが黒いのだ。

例:目のあたりにシワが多いと老けて見える。

眼の意味・使い方

眼は「顔の中にある視覚機能を有する器官のひとつ」を表現するときに使われ、特に専門的な表現には、器官や構造として「眼」が使われるそうです。

「眼球」=「眼」ということですね。

なお、「眼」は「まなこ」とも読みますが、本来「まなこ」とは「目の子」という意味で黒目のことを指していたそうです。

現在、「まなこ」は「目」と同じような意味で使われることが多く、目の形や目つきを表すことが多いそうです。

「どんぐりまなこ」や「寝ぼけまなこ」といった感じですね。

例:緑内障のため眼の手術をすることになった。

例:眼の奥には網膜がある。

瞳の意味・使い方

瞳は「眼球の中心にある黒目の部分のこと」を指すそうです。

比喩的に目という意味や目線という意味で用いられることもあるようです。

確かに「瞳を閉じる」「まっすぐな瞳」「けがれのない瞳」という場合は黒目ではなく「目」とか目線というニュアンスで使われていますよね。

例:赤ちゃんの瞳はとてもきれいだ。

例:夕暮れ時は、瞳に映るものすべてが赤く染まっているように感じる。

目・眼・瞳の違いは?

目・眼・瞳は、指している範囲が違うといえます。

目は、瞳・眼を含めた目のまわり全体。
眼は、瞳を含む眼球。
瞳は、黒目の部分。

目>眼>瞳という感じですね。

まとめ

  • 目は、まぶたや目尻など目のまわりを含む広い範囲を指す言葉
  • 眼は、専門的な表現で使われることが多く眼球を指す言葉
  • 瞳は、黒目の部分を指す言葉

専門家でないかぎり、「眼」を使う機会は少ないでしょう。

困ったら「目」を使えば大丈夫です。

この記事を書いた人:JZK

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ