フィンペシアの効果は20代でも得られる?実際に服用している私が解説

フィンペシア 20代

ここ数年で、20代の男性でもハゲてきてしまう方が急増しています。

友達と遊んだり、彼女をつくったりと楽しいことが山積みな20代の時点でハゲてしまうのは非常に辛い事です!!

「何としても治したい」と思っても、20代ではまだ仕事の給料もたくさんはもらえていない人が多い為、高いお金を払って薄毛の治療を行うことは難しい事です。

そこでオススメなのが私も使用している料金が安くて薄毛改善効果の高い「フィンペシア」ですが、「20代のうちからフィンペシアを飲んでも効果は得られるの?」と疑問に感じる方もいると思います。

そんな疑問に20代でフィンペシアを使用している私が答えていきます。

-----スポンサーリンク-----

20代で薄毛に悩む人の割合

20代で薄毛に悩む人の割合
リーブ21のアンケート調査を参考に作成

実際に20代で薄毛に悩む人の割合はどのくらいなんでしょうか?

年代ごとの薄毛で悩む人の割合をグラフにまとめてみました。

20代の男性の約4人に1人は薄毛で悩んでいることが分かります。

「20代でこんな薄毛のなのは自分だけかと思ってたけど、意外と多いな~」と正直思いませんでしたか??

実は、男性の薄毛の原因で多いとされているAGA(男性型脱毛症)は20代~30代から発症することが多いと言われているのです。

しかも、過去のアンケート調査を遡ると年々20代から薄毛の進行を感じている人の割合が増加しているのですが、生活習慣や食生活の変化・ストレス社会が原因で20代の若ハゲが増えていると述べている専門家もいらっしゃいます。

辛い現実ですが20代という若さでも薄毛になる可能性は充分あるという事になります。

しかし、20代で薄毛になったから将来は完全に頭がつるピカになるという事ではありません!

20代でAGAを発症して薄毛になっても治療を行えば薄毛は改善可能です。

フィンペシアとは?年齢制限はある?

フィンペシア 年齢制限

先ほども述べた、男性の薄毛の原因として最も多いとされているAGAは治療によって予防・改善することが可能です。

数ある治療法の中でも、有効とされている治療方法として、AGA治療薬「フィンペシア」の服用があります。

フィンペシアとは、プロペシアというAGA治療薬のジェネリック医薬品であり、プロペシアと同様「フィナステリド」という有効成分を含んでいます。

フィナステリドはAGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの生成を抑制し、結果的に脱毛の防止や、ヘアサイクルを改善させて発毛を促す効果があります。

フィナステリドの効果は、日本皮膚科学会でも認められておりAGA治療の推奨度は最高ランクで評価されています。

しかも、フィンペシアは100錠で約2900円、つまり1錠辺り約29円と非常に安価で手に入れることができるため、まだ給料が高くない20代でも安心して手に入れやすくなっています。

フィンペシアは20代の方でも服用することは問題ありません。

プロペシアの添付文書には20歳未満での使用は安全面・成分の有効性が確立されていないと記載があるため、同じ成分が含まれているフィンペシアも同様に考えていただければいいと思います。

フィンペシアは男性ホルモンに影響を与える薬なので、身体が出来上がっていない10代の使用は安全面から見てもよくないのでしょうね。

20代で服用しても効果はある?

フィンペシア 20代 効果

AGAは先ほども述べたように20代~30代で発症すると言われているので、20代でフィンペシアを使用しても効果は十分あります。

私も現在26歳ですが、フィンペシアを服用してから数か月程度で徐々に効果があらわれているのでめっちゃフィンペシア愛飲しています!

20代だとまだAGAが発症して間もないので生き残っている毛根も多い為、治療をしてからの改善は早くなります。

また、20代でAGAを発症した場合は30~40代になる頃にはかなり薄毛が進行してしまい改善が期待できなくなっている可能性が高くなるため早めの対策が必要となります。

フィンペシアは全ての薄毛に効くわけではない!?

しかし、フィンペシアを服用したからと言っても必ず効果があらわれるとは限りません。

フィンペシアはAGAが原因での薄毛にしか効果があらわれないため、AGA以外の原因で薄毛になっている人には効果が全くありません。

例えば、栄養不足で髪の毛の成長に必要な栄養がないことが原因で薄毛になった人はフィンペシアを飲んでも薄毛の改善は不可能でしょう。

AGAではないのにフィンペシアを服用してしまうと薄毛改善効果がなく、しかも副作用まで発症させてしまう可能性があります。

フィンペシアの副作用には発症率はかなり低いですが肝機能の低下や性機能障害といった重大な副作用も存在していますので、必ず自分がAGAなのか、何が原因で薄毛になっているのかを病院で一度検査してもらいましょう。

「えー、病院いくのめんどくさいし恥ずかしい」て思ってしまう方もいるかもしれませんので、自宅でも自分がAGAかチェックできる検査キット「AGAチェッカー」というのがネット通販で購入可能なのでそちらを試してみるのも良いと思います!

↓↓↓

【AGAドック】男性型脱毛症・遺伝子検査キット

ただ、「検査して自分がAGAだとわかるのが怖い」という方もいるかも知れませんね。

私も自分がAGAだとわかった時は食事も食べれないほど非常にショックでしたが、しばらくして「AGAとわかったならちゃんと効果のある薬(フィンペシア)があるから治せるんだ!」と前向きに捉えるようにしたら、一気に希望が湧いてきました。

自分がAGAならしっかりとその現実を受け止めて、20代という若いうちから行動を起こすことが大事です。

フィンペシアはAGAによる薄毛に対し、数ある治療法の中でも最高ランクの効果があります。

20代以降の方であれば服用は許可されていますので、20代で薄毛を発症してもその原因がAGAであれば、毛根がまだ生き残っている20代でフィンペシアを服用することで薄毛を改善させる効果は十分得られます。

フィンペシアを20代で服用するメリット・デメリット

フィンペシア メリット

20代という若いうちからフィンペシアを使用することには色々メリット・デメリットが存在します。

まず、メリットはフィンぺシアを若いうちから使用することで回復が早くなる、または高い改善効果を期待できる可能性があるという事です。

やはり若さのある方が回復力があるのでしょうかね。

個人的な考えとしては、若いうちであれば生き残っている毛根が多い為、フィンペシアの効果によって生えてくる髪の毛の量も30代・40代の方より多くなるのではないかと思っています。

フィンペシアを20代から使用するデメリットは、若いうちから副作用のリスクにさらされてしまうという事です。

やはりフィンペシアの服用でほとんどの人が気になるのは副作用ですね。

特に、20代では彼女を作ったり、結婚して子供を授かる時期でもあるので性機能障害を発症してしまうと困りますね。

しかし、フィンペシアの副作用は服用をやめれば回復するという臨床研究もされているため、副作用が発症してすぐに服用をやめれば症状は改善される可能性があります。

また、もしどうしても20代から副作用のリスクを負いたくない!と思う方は、ノコギリヤシや亜鉛のサプリメントなど、副作用のほとんどない治療方法を考えるのもアリだと思いますので、しっかりとメリット・デメリットを考慮してフィンペシアを使用するかどうか判断しましょう。

まとめ

ここまでのおさらいです。

・20代で薄毛の進行を感じる人は4人に1人は存在する割合であり、ここ数年で20代の薄毛は急増している。

・フィンペシアは、20代以上の人であれば服用OKである。

・20代でフィンペシアを服用しても効果は得られやすいが、原因がAGAなのかチェックしておく必要がある。

・20代でフィンペシアを使用することで回復が早くなる・高い改善効果が望める半面、早いうちから副作用のリスクを負うリスクがある。

・副作用が心配な方はノコギリヤシ・サプリメントなどの治療方法の選択もアリである。

私は20代の内に薄毛対策を初めて本当に良かったと思っています。

対策は早い方が効果が得られやすいですし、しっかりと効果が立証されている方法で薄毛対策をしていけばきっと薄毛は治ると思います。

現在は4人に1人が20代でも薄毛になる時代です、そして薄毛は改善できる時代にもなってきていますので、薄毛になっても落ち込まずに積極的に対策をとりましょう!

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ