フィンペシア・ミノキシジルとアルコール摂取は危険?3つの対処法

フィンペシア アルコール

お酒が好きな方、よく居酒屋へ呑みに行くという方は多いと思います。

また、お酒がそんな好きなわけではないけど職場の飲み会や上司との付き合いでどうしても呑まなければいけない時が社会人にはありますよね。

しかし、AGAの方はお酒を飲むことで薄毛の進行を促進してしまう可能性があるというのを御存知でしょうか?

そして、「夜に酒を飲んでたけど、それでも寝る前にはフィンペシアを飲まなくちゃ」というのはとても危険な行為だと知っていましたか!?

ここでは、お酒が髪の毛にどういう影響を与えるのか、なぜフィンペシアとお酒の組み合わせが危険なのかを説明していきます。

-----スポンサーリンク-----

お酒がAGA治療に与える3つの悪影響

お酒を飲むことで髪の毛に与える影響には一体どういものがあるのでしょうか。

AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を増加させる!

体内に取り込まれたアルコールは肝臓で分解されるというのは御存知の方も多いと思いますが、その際に「アセトアルデヒド」という毒性を持った物質が生成されます。

アセトアルデヒドは通常は解毒されて無害な物質へと切り替わるのですが、多量の飲酒により一定の量を超えてしまうと解毒しきれずに体内の血中に流れてしまいます。

アセトアルデヒドが血中に流れると、薄毛の原因と言われているDHTという男性ホルモンを増加させてしまうので薄毛を促進させてしまう可能性があります。

アルコールの分解のために髪の毛の栄養が奪われる!

アルコールを分解する際に、多量に使用されるのが髪の毛の生成に関わるアミノ酸です。

アミノ酸にはケラチンやシスチンといったタンパク質や、タンパク質の生成に関わる亜鉛、頭皮環境をよくしてくれるビタミンB群などが含まれています。

多量の飲酒によってアミノ酸が大量に使用されると、髪の毛の成長に必要な栄養素が無くなってしまい、その結果薄毛の原因となってしまいます。

頭皮の脂が増えて毛穴が詰まりやすくなる!

アルコールは糖分を多く含んでいます。

アルコールを多量に摂取して、体内で糖分が脂肪へと変換されると頭皮の皮脂が過剰分泌されて毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

毛穴が詰まると頭皮の臭いの原因となったり、放置すると頭皮環境悪化により抜け毛の原因となります。

多量に飲酒する頻度が多ければ多いほど上記の影響が生じやすくなり、これらの影響によりせっかくAGA治療を行っていても一向に効果が感じられないなんて事態も招いてしまう可能性があります。

但し、身体へ強い負荷がかからない程度、つまり適量の飲酒であればストレス発散効果があるため、ストレスが原因で薄毛が進行してしまうという方には飲酒をお勧めする場合があります。

フィンペシアとアルコールの組み合わせが危険な理由3つ

フィンペシアとアルコールを同時に摂取することは危険であると言われており、それには以下の3つの理由があります。

副作用のリスクが高くなる

アルコールは肝臓で分解されますが、その際に発生する毒素の解毒やアルコールの分解で栄養素を消費したりと何かと肝臓へ負担が掛かってしまいます。

それに加えてフィンペシアを服用し、フィンペシアも肝臓で分解しないといけないのでより肝臓へ負担を掛けてしまいます。

肝臓への負担が大きくなると、フィンペシアの副作用である肝機能の低下を引き起こし易くなり、最悪の場合には肝機能障害により肝硬変などの病気を発症してしまうこともあり得ますので、アルコールを飲んでいる時・飲む前後にフィンペシアを服用するのは避けましょう。

脱毛抑制・発毛効果が得られにくくなる

前述したように、アルコールを摂取することでAGAの原因であるDHTが増加されたり、髪の毛の成長に必要な栄養素が不足してしまいます。

フィンペシアは、DHTの生成を抑制してくれる働きがあるのですが、アルコールはDHTの生成が促進されてしまうという全く逆の効果を持ちますので、フィンペシアの効果が薄れてしまい結局薄毛が改善しないということが起こってしまうかも知れません。

また、DHTの生成を抑制できたとしても髪の毛の成長に必要な栄養素が不足しているのでは、薄毛を改善させることはできません。

酔っているいると飲み忘れや過剰摂取の原因となる

フィンペシアを就寝前に飲んでいる方の場合、夜にお酒を飲んで酔っ払ってしまうとフィンペシアを飲み忘れてしまうことが有るかもしれません。

まだ、その日だけ飲み忘れただけならマシですが、酔っ払ってフィンペシアを飲んだことを忘れて何回も飲むなんてしたら最悪です。

お酒を飲んだら基本的にフィンペシアは飲まないようにしてください。

-----スポンサーリンク-----

ミノキシジルなら大丈夫?

フィンペシアがだめなら、ミノキシジルなら大丈夫?と思っている方、それは間違いです。

寧ろ、ミノキシジルの方がアルコールとの同時摂取は危険と言われています。

フィンペシアもミノキシジルも基本的に「薬」であり、肝臓で分解されるのは一緒のためアルコールと一緒に服用すると肝機能の低下を引き起こしてしまう可能性があります。

また、アルコールの飲みすぎにより薄毛になりやすい状態となれば、ミノキシジルの効果を得られにくくなります。

ミノキシジルも過剰摂取はNGなので酔っ払っている時は服用しないことをオススメします。

ここまでは、フィンペシアと一緒の理由です。

ミノキシジルのほうがアルコールNGの理由

そして、ミノキシジルがフィンペシアよりアルコールの組み合わせが危険である理由は、ミノキシジルには血圧を下げる効果があるということです!

実は、アルコールには血管拡張作用があり血圧を下げるという効果があります。

ミノキシジルにも同じ効果があるため、アルコールと同時摂取すると大幅に血圧を下げてしまいます。

急激な血圧低下が生じると、意識障害・手足のしびれ・ショック症状が生じてしまい、ひどい場合には命の危険を伴います。

なので、ミノキシジルとアルコールの同時摂取は非常に危険です!!

お酒を飲む人はいつフィンペシアを飲めばいい?

フィンペシアを飲んでいる人で、「夜間に成長ホルモンが活発になるから、寝る前にフィンペシアを飲む」という方は多いでしょう。

しかし、アルコールは夜に飲むことがほとんどです。

夜にお酒を飲む可能性のある人は基本的にフィンペシアを飲む時間を「朝食後」に切り替えましょう。

朝であれば、夜に飲んだお酒も分解されていますし、何かと用事が多くなる昼に比べれば飲み忘れのリスクも少ないです。

私も、最初は就寝前にフィンペシアを飲んでいましたが、服用し始めてから初期の段階で朝食後に切り替えました。

もちろん、朝食後に切り替えてからフィンペシアの効果を感じるようになっていますし、フィンペシアの服用時間を変えたからといって、ちゃんと毎日決まった時間に服用していれば効果に変わりはないです。

しかし、仕事が朝早い等、朝が忙しくてフィンペシアを飲む時間もない方や飲み忘れが心配な方は、お酒を飲むことをやめるしかありません。

それでもお酒が飲みたい場合は

「酒がないとやっていけない」、「酒を飲むことが唯一の楽しみ」というくらいお酒が好きな方は、やはりフィンペシアを朝に飲むように切り替えるしかありません。

朝が忙しくて飲み忘れてしまうという方は、毎日フィンペシアを飲んだかチェックリストに記載すると飲み忘れに気付くことができ、だんだん飲み忘れが減っていきます。

逆に、お酒は好きじゃないけど仕事の飲み会を断れない、上司とのお酒の付き合いがあるという方は、酒が飲めない演技をするのも一つの手です。

お酒が飲めない人にお酒を強要しないと思いますし(中には強要する人もいますがそれはパワハラです)、そうすれば好きじゃないお酒も飲まずに済んで、安心してフィンペシアを飲むことができます。

まとめ

ここまでのおさらいです。

  • アルコールはAGAの原因であるDHTを増加させたり、髪の毛の栄養不足の原因となる
  • フィンペシアとアルコールの組み合わせは肝機能の低下や・AGA改善効果の阻害となったり、飲み忘れの原因となったりする
  • ミノキシジルとアルコールの飲み合わせは血圧低下を招き、危険である
  • アルコールを飲む人は基本的に朝食後にフィンペシアを飲む習慣に切り替えた方がよい
  • お酒が好きでない方で、仕事の付き合いで飲み会に参加する場合は、飲めないふりをするなどして飲酒を避けるとよい

アルコールの飲みすぎは、髪の毛だけでなく身体にとって色々と悪影響があります。

アルコールとAGA治療薬を同時摂取しないように気を付けながら、適度な量の飲酒を心掛けれていきましょう。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ