フィンペシアと飲み合わせると良いもの・ダメなものまとめ 頭痛薬は大丈夫?

フィンペシア 飲み合わせ

AGA治療薬として効果が高く、安価で手に入るフィンペシアはたくさんの人が使用しています。

フィンペシアは毎日飲み続けていき、効果を感じることができる治療薬ですが、毎日服用となると気になるのが他の薬との併用です。

「風邪ひいて、風邪薬を飲みたいけど大丈夫かな?」、「頭痛いときに頭痛薬は飲んでもいいの?」と疑問に感じてしまうこともあるのではないかと思います。

逆に、フィンペシアと一緒に飲むと効果を発揮しやすいものや、併用することで薄毛改善効果がより一層高くなるようなものがあるのかも気になりますね。

フィンペシアと飲み合わせると良いもの・ダメなものをまとめて紹介していきたいと思います。

-----スポンサーリンク-----

フィンペシアと飲み合わせると良いもの

まず、単純に発毛効果を高めたいのであればミノキシジルタブレットとの併用が良いでしょう。

AGAの原因を抑えるフィンペシアと発毛効果の高いミノキシジルを飲み合わせることでハゲの進行を抑えながら、フィンペシアのみの服用よりも強い発毛効果を感じることができるため、非常に相性のよい飲み合わせと言われています。

しかし、ミノキシジルはリスクの高い副作用もあり、2つの薬を併用することのデメリットとして、肝臓への負担が2倍となるということが挙げられます。

そのため、ミノキシジルの副作用が気になったり、なるべくたくさん薬を使用したくないという方は、髪の毛に良いとされる栄養素を積極的に摂取していくことをオススメします。

髪の毛に良い栄養素

一般的に、髪の毛に良いと言われている栄養素として以下のモノが挙げられます。

  • タンパク質(髪の毛の元となる栄養素)
  • 亜鉛(タンパク質が髪の毛となるサポートをする、AGAの改善効果がある)
  • ビタミンB群(頭皮の新陳代謝を高める、血行を改善させる)
  • ビタミンA、E群(頭皮の環境を良好に保つ)
  • 大豆イソフラボン(薄毛の原因となる男性ホルモンの分泌を抑える)

これらの栄養素をバランスよく摂取することで薄毛の進行を抑え、髪の毛の成長を促進することが可能となるためフィンペシアの効果をより高めてくれるでしょう。

但し、毎日これらの栄養素をバランスよく必要な分摂取しようと思うと、かなり大変です!!

ここまで栄養バランスを考えて毎日の献立を考えるのもしんどいでしょうし、奥さんや母親がごはんを作っているのでしたら、これだけの栄養素を含んだ食事を依頼しても怒られちゃいそうですね。

特に、亜鉛はなかなか摂取しにくい栄養素となるので毎日摂取しようと思うと大変です。

普通の食生活で髪の毛に必要な栄養素を摂取していこうと言うのはかなり困難ということになります。

亜鉛のサプリ

そこで役に立つのがサプリメントです。

サプリメントのメリットは食事では摂取しにくい亜鉛等、普段の食生活を見直して不足していると思われる栄養素のみを簡単に摂取することができるという点です。

サプリメントを使用すれば、毎日の献立を考えずに済み、手軽に栄養補給を行うことができるので、フィンペシアとサプリメントの飲み合わせは非常にお勧めな方法として言われています。

ノコギリヤシのサプリ

また、サプリメントのメリットとして上記の栄養素以外に、普段の食事では摂取しづらいが、髪の毛にいいとされているノコギリヤシや
L-リジンといった成分を摂取することも可能なことです。

ノコギリヤシとは、ヤシの一種で摂取することで男性の健康面でいくつか良い効果をもたらすと認められています。

薄毛に関する効果として、男性ホルモンの合成を抑えるという効果があるため薄毛の予防・改善に効果がある成分として注目を浴びており、多くの育毛サプリメントに成分として含められています。

L-リジンのサプリ

L-リジンは、体のたんぱく質の組み立てに必要不可欠で、体内で生成することができない必須アミノ酸の一種です。

リジンは、男性型脱毛症(AGA)の改善に有効であると言われており、発毛効果が認められているため、近年では、育毛剤の成分として注目されています。

注目されている理由として、イギリスのバイオサイエンティフィック社が、様々な原因による薄毛、抜け毛の治療にリジンの摂取がとても有効であると証明されたことで注目を浴びるようになりました。

多くの育毛サプリメントには、亜鉛・タンパク質・ノコギリヤシ・L-リジンといった普段の食生活では摂取しにくく、かつ髪の毛に良い・薄毛改善効果が認められている栄養素を含んでいる場合が多いです。

これらのサプリメントとフィンペシアを併用していけばかなりハゲの改善に効果が期待できるでしょう。

フィンペシアと飲み合わせてはいけないもの

フィンペシアは効果が高い分、身体への影響が強いお薬ですが、他の薬と一緒に飲んでも大丈夫なのでしょうか?

まず、相性が悪く、一緒に服薬しない方がよい薬を「併用禁忌薬」と言いますが、フィンペシアには今のところ併用禁忌薬として認められているものはありません。(2017年5月22日現在)

なので風邪を引いたときの風邪薬や頭痛薬・胃腸薬といった薬も併用して飲んでいただいても問題ないです。

肝臓へ負担がかかる?

注意しなければいけないのが、他の薬を飲むことで肝臓への負担がかかる点です。

フィンペシアは副作用として肝機能の低下が認められているため、あなたがもし現在、肝機能に問題があり医者から薬を処方されている場合にはフィンペシアを併用して飲んでいいかをまず医者に確認した方が良いでしょう。

また、肝機能が正常な方も、肝臓への負担を考えてフィンペシアを飲む時間と他の薬を飲む時間はずらした方が良いでしょう。

併用が禁止ではないですが、フィンペシアと同様、もしくは似たような作用を持つ育毛剤や薬は併用しないことをオススメします!

例えば、デュタステリドという薬は作用がフィンペシアと似ており、DHT生成を抑制する薬となっています。

同じ効果の薬を飲んだから効果が高まるというわけではないみたいなので、肝臓へ負担を掛けるだけとなってしまいます。

フィンペシア服用と併用してやると良いこと

フィンペシアの効果をより高めるためには以下の2つのことを行いましょう。

頭皮マッサージ

サプリメントや食事によって得られた栄養は血液に含まれて髪の毛まで運ばれます。

しかし、頭皮の血行が不良の場合は髪の毛まで栄養が運ばれにくくなるため頭皮をマッサージして血行を良くしてあげましょう。

血行が改善することで発毛効果も高まりやすいのでおススメです。

定期的な運動

適度な運動は全身の血行改善やストレス解消効果があり、ハゲの進行防止に効果があります。

また、頭皮環境も整えられるため、フィンペシアの効果を発揮しやすくなります。

さらに、ウォーキングや水泳といった適度な有酸素運動を継続することでAGAの原因とされているDHTが増えにくくなると言われています!

運動はその他にも健康的に良いことが多いので是非行いましょう。

まとめ

ここまでのおさらいです。

  • フィンペシアとミノキシジルタブレットの飲み合わせは薄毛改善に効果が高いが、副作用が高まる危険性もあるため注意が必要
  • 食事で不足しやすく、髪の毛によいとされる栄養素はサプリメントで摂取するのがオススメ
  • フィンペシアの併用禁忌薬はないが、同じような効果を持つ薬や育毛剤の併用は避ける方がよい
  • フィンペシアの効果を高めるためには、頭皮環境の改善が重要であり頭皮マッサージや適度な運動を行うと良い

フィンペシアを飲んでいる方も、安心して風邪薬を使用してください。

しかし、今後開発される新薬の中にはフィンペシアとの飲み合わせが禁止となる薬が出てくる可能性も否定できないので定期的に皆さんチェックしておくようにしましょう。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ