フィンペシアの正しい用法・用量まとめ!1日何錠飲めばいい?

フィンペシア 用法用量

皆さんフィンペシアの正しい用法や用量って御存知ですか?

もし、正しい用法・用量を知らずにただ何となくフィンペシアを飲み続けているなら非常にもったいないことをしています。

フィンペシアは薄毛改善効果が高い薬ですが、間違った飲み方をしていると効果を感じることができない可能性がありますよ。

逆に、正しい用法・用量を守っていればより高い効果が期待できます。

せっかく飲むならフィンペシアの効果を最大に引き出したいですよね?

もし、フィンペシアの正しい用法・用量を知らない方はここで紹介していくのでぜひ参考にしてください。

-----スポンサーリンク-----

0.2mgと1mgどっちがいい?

主に販売されているフィンペシアは1mgでフィナステリドが1mg配合されています。

私もフィンペシア1mgを使用しています。

実は、フィンペシアと同じ成分が含まれているプロペシアは0.2mgと1mgの2種類が販売されているのを御存知でしょうか?

そして、プロペシアの説明書には「男性成人には、通常、フィナステリドとして0.2mgを1日1回経口投与する。

なお、「必要に応じて適宜増量できるが、1日1mgを上限とする。」という文章が記載されています。

とうことは、フィンペシアも通常は0.2mgでも問題ないということになりますね。

0.2mgと1mgの違い

0.2mgでも問題ないのであれば、0.2mgと1mgで効果は違いがないのか気になるところです。

そのため、フィナステリド0.2mgと1mgの効果の差については日本のいくつかの製薬会社が臨床試験を行っています。

臨床試験の結果、0.2mgと1mgではほんの数パーセントだけ効果が違う程度で、どちらの用量でもしっかりと発毛効果を感じることは可能であると証明されています。

なので、フィナステリドは1mgより用量が少なくても問題ないということになります。

フィンペシアは1mgで販売されていますが、節約のためにピルカッターで半分に割って飲んでいる人もかなり多いみたいです。

半分でも効果がある?

半分に割っても0.5mgなので十分効果を感じることはできるのと、用量を少な目に使用していく方が肝臓への負担も軽減され副作用も生じにくいという考えもあるみたいなので、フィンペシアは半分に割って飲む方が良さそうですね。

ちなみに私は少しでも効果が出てほしいと切実に願っていたため、1mgのまま飲んでいました。

1mgを半年以上服用して効果を感じれていますし、特に副作用も感じていません。

なので、私個人の意見としてはフィナステリドは0.2mgと1mgのどっちの用量でもいいと思います。

正しい用法・用量を守らないとどうなる?

用法とは、「使い方」という意味で薬の場合はどのタイミングで飲むか?という意味です。

用量は、薬の1回、または1日の使用分量という意味です。

どの薬でも同じことが言えますが、この用法・用量を守らなければしっかりとした脱用抑制効果・発毛効果を得られなかったり、副作用のリスクが増大してしまう可能性があります。

フィンペシアの副作用には

  • むくみ
  • 肝機能障害
  • 高血圧
  • 性欲減退
  • 射精障害

上記がありますが、フィンペシアを1mg以上摂取してしまうと上記の副作用が生じる可能性が高くなります。

また、フィンペシアを1日に2回飲んだ場合は肝機能が悪化するリスクが高くなります。

薬の成分は肝臓へ蓄積し処理するため、肝臓への負担が掛かります。

そのため、1日に何度もフィンペシアを飲むのはそれだけ肝臓へ負担をかけてしまい、その結果肝機能が悪化してしまう可能性があるのです。

肝機能が悪化すると、「疲れやすい」、「寝ても疲れが取れない」などの慢性疲労の症状が出現することがあります。

また、最悪の場合には「肝硬変」、「肝がん」、「肝炎」といった命に関わる病気を発症することがあります。

間違った飲み方をすると、効果が出ないどころか上記の病気の元になるということを頭に入れておいてください。

-----スポンサーリンク-----

正しい飲み方とは?

では、フィンペシアの正しい飲み方を説明します。

フィンペシアを飲むときのポイントは、

①毎日決まった時間に服用する
②水で飲む

の2つです。

毎日決まった時間に服用する

これは、血中のフィナステリドの成分を一定にすることが目的です。

血中に含まれる成分量を一定にすることでフィナステリドの効果を最大限引き出すことができます。

ちなみに飲む時間はいつでもいいのですが、 人間の成長ホルモンは夜10時~夜間2時に最も分泌されると言われており、この時間帯より少し前の時間にフィンペシアを服用するのが一番ベストです。

しかし、お酒を飲む方は肝臓への負担が大きくなるためお勧めできません。

そのため、お酒を飲む習慣や機会がある方は朝食後に飲む方がいいでしょう。

水orさ湯で飲む

ジュースやお茶などで、薬を飲むと体内で薬とジュースの成分が化学反応を起こしてしまう可能性があります。

化学反応が起こることで、フィナステリドの効果が無くなってしまうこともあるため必ず水で服用しましょう。

1回の量はどれぐらい?

フィンペシアの用量は0.2mg~1mg/日なので、1錠1mgのフィンペシアをそのまま飲んでも、半分や4分の1に割って飲んでももらって構いません。

しかし、半分に割ったから1日2回飲んでもいいというわけではありません。

薬は基本的に肝臓で成分が分解されるため、薬を飲むたびに肝臓への負担が掛かってしまいます。

フィンペシアを半分にしたとしても、1日2回に分けて飲むと1日1錠そのまま飲む方法よりも肝臓への負担が掛かり肝機能の低下を引き起こし易くなりますので止めましょう。

どれぐらいの頻度で飲めばいい?

フィンペシアは、基本的に1日1錠を毎日が基本です。

フィンペシアは、病院で処方してもらえる解熱剤や痛み止めみたいに即効性のある薬ではなく、毎日継続して飲み続けて数か月~1年経ってやっと効果が表れます。

途中で飲むのを中断したり、3日に1回しか飲まないという方法では発毛効果を得られなくなるかもしれませんので、がんばって毎日飲みましょう!

フィンペシアを服用する上での注意点

フィンペシアを飲んでいくうえで他にも注意しなければいけないことがあります。

女性のフィンペシア使用は禁止

フィンペシアは男性ホルモンを抑える作用を持つ薬のため、女性には効果がなく男性にのみ効きます。

なので、服用するだけ無駄となってしまいます。

もし、妊活中や、妊娠中の女性が飲むと胎児や新生児に何らかの影響を与えてしまうこともあります。

女性の方はフィンペシアは飲まないようにしましょう。

フィンペシア服用している期間は献血NG

フィンペシアやプロペシアを服用している人は基本的に献血を行ってはいけません。

理由は、血中にフィナステリドが含まれているため、輸血を行う人に対して何らかの影響を与える可能性が高い薬なためです。

また、前述したようにフィンペシアは女性が飲んではいけない薬ですが、フィンペシアを飲んでいる人の血液が女性に輸血される可能性もありますよね?

他人へ迷惑をかけてしまうことになりますので献血はしないようにしましょう。

血中に含まれるフィナステリドは長期間体内に残りますので、服用を中止したあとすぐに献血するのも避けて、医者と献血してよい時期はいつか相談しましょう。

まとめ

  • 0.2mg・1mgどちらでも効果は得られる
  • 正しい用法・用量を守らないと効果が得られないだけでなく副作用のリスクが高まる危険も!
  • フィンペシアの正しい飲み方は、毎日決まった時間に(1日1回1錠)、水か白湯で飲む
  • 女性の服用や服用中の献血はNG!

フィンペシアは、正しい飲み方しなければ効果が得られなくなる可能性があり、副作用のリスクが高まってしまいます。

ここで学んだ用法・用量を守り、正しい飲み方をしてしっかりとフィンペシアの効果を最大限まで引き出してあげましょう。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ