フィンペシアはM字ハゲや前髪・頭頂部に効果はある?ミノキシジルとどっちがおすすめ?

ベジータ

ハゲのタイプや薄毛の進行の仕方は人によって様々です。

薄毛の人の多くは、前頭部の生え際が徐々に後退していったり、前髪がM字のようになるM字ハゲになるパターンと、頭頂部から著明に薄くなっていくパターンに分かれます。

皆さんはどちらのタイプの薄毛でしょうか?

・・・ちなみに私は前頭部から薄くなっていき前髪もM字ハゲになるパターンでした(泣)

薄毛改善効果が高いと言われているAGA(男性型脱毛症)治療薬のフィンペシアですが、これらのパターンの薄毛も改善することができるのか気になりますよね。

ただ全体的に髪の毛が増えても、後退した前髪が復活しなかったり、頭頂部だけ全体より薄いままでは薄毛の改善とは言えませんね。

そこで、それぞれの薄毛の種類に対するフィンペシアの効果をまとめてみました!

-----スポンサーリンク-----

フィンペシアで改善出来るハゲの種類

フィンペシアで改善できるハゲはAGAが原因であるものに限定されます。

そもそもAGAになる人は、通常の人よりDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが多く生成されています。

DHTは体内にあるテストテロンが、5α-リダクターゼという酵素と結合することで生成され、ヘアサイクルを乱してしまい脱毛を促進させるため、結果的に薄毛となってしまいます。

フィンペシアに含まれるフィナステリドは5α-リダクターゼを抑制する作用があり、結果的にDHTの生成を抑制するため薄毛の進行を抑え、ヘアサイクルの改善によって髪が増えると言われています。

そのため、AGA由来のハゲや薄毛であれば改善は可能です。

生活習慣の悪化が原因で生じた薄毛や、遺伝的要素が強い薄毛、円形脱毛症などの種類の薄毛は男性ホルモンが原因ではないためフィンペシアで改善することは難しいです。

M字ハゲにも効果はある?

フィンペシアはM字ハゲに効果はあります!

実際のところ私もM字ハゲの部分に新しい毛が生えてきており、少しずつ改善が見られます。

前頭部は5α-リダクターゼが存在している場所のため、フィナステリドが作用して薄毛を改善することは可能と言われています。

M字ハゲが改善しない2つの理由

ですが、M字ハゲが改善しなかったという方も存在するみたいです。

これには以下の理由が挙げられます。

M字の部位の毛母細胞が非常に弱くなっているか、完全に死んでしまっている

フィンペシアで脱毛を抑制し、ヘアサイクルを正常化させても髪の毛を生やす力がなかったら進行は抑えても薄毛を改善させることは困難です。

AGAは発症してから5~10年経つと手遅れになる可能性があるので、「M字ハゲかな?」と思ったら早めにフィンペシアを服用するなど対策をとりましょう。

毛が生えてこなくなったところでも、毛母細胞はまだ生きてる可能性は十分あるのであきらめなければ私のように復活する可能性はあります。

M字の反り込み部分の頭皮が固くなっている

頭皮が固くなっていると、固くなっている部分の血行が不良となり、髪の毛の成長に必要な栄養が運ばれにくくなります。

M字の反り込み部分というのは頭皮が固くなりやすい場所であるため、ハゲやすい場所でもあるんです。

頭皮マッサージを行って、頭皮を柔らかくしてあげましょう。

前髪や生え際が気になる場合も効果はある?

前髪や生え際の部分に関しても、M字ハゲでも書いたように前頭部は5α-リダクターゼが存在している場所のため、フィナステリドが作用して薄毛を改善することは可能です。

前頭部もM字ハゲの場合と同様に、頭皮が硬くなっていると髪の毛が生えにくいので頭皮マッサージ等を併用して行いましょう。

頭頂部の薄毛にも効果はある?

フィンペシアは他の部位と比較すると、頭頂部の薄毛に対して効果を発揮しやすいと言われています。

AGAの原因となるDHTに関与している5α-リダクターゼは、頭頂部に多く存在するためフィンペシアを服用すると薄毛の改善効果が現れやすくなっています。

しかし、頭頂部の場合も頭皮の血行が悪かったり、かなりハゲが進行していて手遅れの状態であると生えてこない可能性があります。

頭頂部の血行不良に関しては頭皮マッサージなどで改善可能ですが、手遅れになっている可能性がある場合は一度病院で相談しましょう。

意外とまだ手遅れではないと判断される場合もありますので、すぐにはハゲの改善をあきらめないようにしましょう!

ミノキシジルとどっちがおすすめ?

フィンペシア以外のAGA治療薬としてミノキシジルというものがあります。

ミノキシジルもAGA改善に非常に効果があると言われており、実際に髪の毛が生えたという人も多いみたいです。

同じAGA治療薬であるフィンペシアとは何が違うのでしょうか??

ミノキシジルとは?

ミノキシジルは、アメリカの起業が開発した発毛促進成分のことを言います。

本来は血圧を下げる効果があるため、高血圧患者に使用する経口血圧降下剤として開発された薬です。

ミノキシジルを使用した患者に、副作用として多毛症の報告が相次いだため、臨床試験を行ったところ男性の薄毛に対して高い発毛効果があることで、AGA治療薬として扱われるようになりました。

ミノキシジルはフィナステリドと同様に、AGA治療薬として認可されており、ミノキシジル外用は日本皮膚科学会からもAGA治療に対する推奨度Aという最高ランクの評価が与えられています。

推奨度Aランクの治療方法として認められているのはミノキシジル外用とフィナステリド内服(プロペシアやフィンペシア)だけになります。

ミノキシジル外用は頭皮に直接塗るタイプの薬で、これはクリニックなどで処方してもらうことが可能です。

また、一般のドラッグストア等で販売されている大正製薬の「リアップ」にはミノキシジルの成分が含まれており、発毛効果がある育毛剤として有名です。

内服型のほうが効果が高い?

しかし、注意しなければいけないのがミノキシジル外用は、頭皮の皮膚から成分を吸収することになるんですが、実際のところ皮膚からは成分が吸収されにくく、血中に成分が溶け込む内服タイプの薬と比較すると効果が発揮されにくいみたいです。

そこで、本気でハゲを治したいという人は個人輸入代行業者から「ミノキシジルタブレット」という内服型のミノキシジルを購入する人が多くなっています。

内服型であれば直接血中にミノキシジルの成分が溶け込むため、本来の発毛効果を十分に発揮できるようになっており、ミノキシジルタブレットでの発毛効果を感じている方も多いようです。

副作用はあるの?

ちなみに、気になるのはやはり副作用ですね。

ミノキシジルの副作用には以下のようなものがあります。

  • 多毛症(発毛作用により体毛が濃くなります)
  • 頭痛
  • 手や足、顔のむくみ
  • 動悸・息切れ
  • 倦怠感
  • 強い眠気
  • 顔面紅潮
  • 皮膚のかゆみ
  • 低血圧

ぱっと見た感じだと、副作用が多く感じますね。

ですが、これらの副作用はフィンペシアと同様で発症率は数%と言われているため過度に心配しすぎることはないと思います。

しかし、低血圧、もしくは心疾患の既往がある人は要注意です。

ミノキシジルは血管拡張作用があるため血圧を下げるなど、心血管系に直接影響があります。

低血圧の方が服用した場合は重篤な低血圧を発症する可能性があります。

また、リアップでは過去に使用していた方が循環器疾患で死亡したという事例が数件あり、心疾患の既往のある方は心臓への影響があるミノキシジルは避けるべきです。

フィンペシアとどっちがおすすめ?

ミノキシジルとフィンペシアの成分はどちらも医学的に効果があると認められている薬で、個人輸入代行業者で購入した場合の値段も大差はありません。

なので、どちらを使用しても薄毛は改善できる可能性は高いですし、両方とも薄毛に悩んでいる方にはおすすめな薬です。

しかし、フィンペシアもミノキシジルも副作用があるため、副作用に近い症状や既往のある方は注意が必要です。

私の場合は、元々頭痛を起こしやすいことと、薬での眠気を感じやすい方であることからミノキシジルの使用はせず、フィンペシアのみ使用しています。

自分の体にあった薬を選択することが大切です。

自分で判断が難しい方や不安な方は専門医と相談してどちらを使用するか決めていきましょう。

まとめ

ここまでのおさらいです。

  • フィンぺシアはどのハゲの種類でも効果を得ることができる。
  • どの部位でも頭皮が硬くなっていたり、薄毛がかなり進行している場合は効果を感じにくい。
  • 薄毛が進行していると感じたら早めの治療・頭皮が硬ければ頭皮マッサージなどの合わせ技を行う。
  • ミノキシジルとフィンペシアはどちらも効果があるので自分の体質に合う方を使用することがお勧め。

手遅れにならないよう早めの治療を行い、自分の体質や状態にあったAGA治療薬を使用するのが大切ということですね。

薄毛かなと感じたら早めに対策を行いましょう。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ