FREEZE(フリーズ)の動画をフルで無料視聴する方法

松本人志プレゼンツ「FREEZE(フリーズ)」は、Amazonプライム・ビデオ限定で配信されてるバラエティ番組。

ドキュメンタルに続く松本人志さん監修のバラエティ企画ということで世間から注目が集まっています。

今回は、そんな「ドキュメンタル」のルール、出演者、評価・感想と、フル動画を無料視聴する方法をまとめてみました。

「FREEZE(フリーズ)」は、Amazonプライム・ビデオで限定配信中!

今なら30日間の無料トライアルを実施中なので、実質無料で全シーズンを視聴できます。

↓↓↓

「FREEZE(フリーズ)」の無料視聴はこちらから

FREEZE(フリーズ)の放送はいつから?

ドキュメンタルに続く松本人志プレゼンツ作品ということで注目されている「FREEZE(フリーズ)」ですが、2018年9月19日(水)よりスタートします。

時間は不明ですが、ドキュメンタルの時のことを考えると、0時ちょうどから視聴出来ると思われます。

19日になった瞬間に是非チェックしてみてください。

FREEZE(フリーズ)のルール

ドキュメンタルは「笑ってはいけない」というルールの中で、いかに自分が笑わずに他の芸人を笑わせられるかという企画でした。

今回のFREEZE(フリーズ)の気になるルールはたった1つ。

何が起こっても動いてはいけない

笑ってはいけないではなく「動いてはいけない」というルールがどんな笑いを生み出すのか見ものですね。

予告動画ではタランチュラやアツアツのおでん、大量のヘビ?などが出てきていて、これで動くなというのは無理でしょ…というような衝撃の内容となっていそうです。

キャッチコピーは「今年最大の悪だくみ」ということで、地上波のバラエティとはまた違った新しい笑いに期待したいと思います。

FREEZE(フリーズ)の出演者

  • しずちゃん(南海キャンディーズ)
  • ボビー・オロゴン
  • 藤本敏史(FUJIWARA)
  • 鈴木奈々
  • 諸星和己
  • 岩尾望(フットボールアワー)
  • クロちゃん(安田大サーカス)
  • ダイアモンド ユカイ

ドキュメンタルは芸人さんしか出演しませんでしたが、今回はアイドルからミュージシャンまで様々な芸能人が出演する模様!

それにしても1回目から豪華なキャスティングですね。

藤本さんのツッコミにも期待です。

「FREEZE(フリーズ)」の無料視聴はこちらから

FREEZE(フリーズ)の評価・感想

FREEZE(フリーズ)を実際に観た人の感想・口コミをまとめてみました。

評価は5段階での数が多いほど高評価となります。

高評価

女性
配信されてすぐに見ました。

前回までの、笑ってはいけないシリーズが好きだったので、正直あまり期待はしていませんでした。

でも、見出すと、芸能人や芸人が痛みや驚きを必死で我慢している姿がすごく面白く、声を出して笑ってしまいました。

次回の配信も楽しみです。

★★★★★

女性
新しく始まったFREEZEを観た感想は、まず今までにないお笑いが出来たなと思いました。

リアクションがすごいで有名の鈴木奈々さんでもFREEZEしなくてはならないので、ノーリアクションという新しい鈴木奈々を観れたという感じです。

他にもダイアモンドユカイさんや諸星さんのノーリアクションに強い姿も面白くてプラスの印象でした。

マイナス面では、脱落者判定で少し微妙だなと思いました。

私は鈴木奈々さんだと思っていましたが意外に残って驚きました。

松本さんの判定ではなく、三人くらい判定者がいると公平なのかなと思いました。

★★★★★

女性
前回の笑ったら退場も面白かったですが、動いたらいけないというルールは今まで見たことがなかったので斬新で面白かったです。

面白い事を一切言えない、できない、みんな真顔で耐えているだけなのに見ている側は笑えました。

次は誰が脱落なのか早く見たいです。

★★★★☆

男性
かつて、お笑いの巨匠明石家さんまは”笑いとは緊張と緩和である”といった。

そして松本人志プレゼンツAmazon Prime オリジナル作品”FREEZE(フリーズ)”では、まさにその緊張と緩和だけに焦点をあてたお笑いの極致といっても過言ではない作品となっている。

この番組にはモデル、タレント、ミュージシャン、芸人など芸能界の著名人らが出演している。

一つマイナスポイントを挙げるとすれば、出演者が真剣度=緊張にかけているということである。

生き残った者の賞金が100万円というのは芸能界で活躍している出演者にとっていささか少ないかのように思われる。

加えて、参加者は何の犠牲も払っていない。

そのため、見ている側は明らかに気迫のなさを感じるであろう。

★★★★☆

女性
ダウンタウンの松本人志さんプレゼンツ「フリーズ」始まりましたねー。

最初見始めは「ん…これ、面白いんかな?」って思いました。

出演者がお笑い芸人ばかりでは、なかったからです。

いろんなジャンルの方達が出演してて…

でも、だんだん見ていくうちにハマルのがわかります。

やっぱり、私の中で「クロちゃんは最高です!!」

★★★★☆

男性
今までみたいに導入までの説明的な物がなく、すぐに話が始まったので気軽に見ることが出来た。

特にテーマがシンプル。
動かないだけ。
分かりやすさがピカ一である。

第一ステージしかまだ公開されていないが、動かないだけというのがこんなに面白いとは思わなかった。

次にどうなるかがなんとなく想像できるだけに面白い。

不思議な面白さのある番組である。

★★★★☆

男性
全体的な評価としては「まだ分からない」のが正直なところ。

今後の展開次第では、『ドキュメンタル』のようにシーズンが続くような人気番組になると思う。

ただ、キャスティングの面白さは現時点で十分高く評価できる。

ダイヤモンドユカイや諸星和己など、普段地上波のバラエティー番組では見ない顔ぶれと、ボビーオロゴンや鈴木奈々などの安定感のあるタレントがバランスよく出演しているので、番組のクオリティに安心感を持てる。

★★★★☆

男性
ダイアモンドユカイの動かなさがすごかった。

諸星のダメージジーンズがボロボロになるとこが良かった。

また動き出した後ダイアモンドユカイがみんなに構われていたときに一人だけ足を抑えていたが誰にも構われなかったとこが地味に面白かった。

ダイアモンドユカイが責められている時のボビーと藤本のリアクションが良かった。

ドローンでクロちゃんを責めていたとき、目に包丁が刺さったのは危なかしくてイマイチだった。

★★★★☆

中立評価

女性
FREEZEと聞いただけで何だか面白そうだと思いました。

無反応な人が勝ち残っていくというルールですが、けん銃がいつ自分に発砲されるかわからない恐怖の表情とかドローンに付いた猫じゃらしが無表情の顔面を動き回るのが笑えました。

ただ爆発の音だったりは誰でも驚くと思うのであまり笑えませんでした。

次回からどの様な物が待ち受けているのか楽しみです。

★★★☆☆

女性
新しい試みということで、とても楽しみにしていました。

動いてはいけないという新しさが新鮮で見入ってしまいました。

しかし、お笑い芸人以外の人も参加というのが少し気になりました。

人にもよるのですが、やはりお笑い芸人だけでやってもらいたかったです。

次のステージはどんな仕掛けがあるのか、これからの展開も楽しみです。

★★★☆☆

女性
オープニングがお笑いっぽくなくとても期待しました。

前置きが長く出演者の感想は飛ばしました。

笑いのエンジンが掛かるまで時間が掛かるのが少し残念ですが、結果的には涙を流しながら笑ってました。

そー来る!?ってとこの攻め方は腹抱えて笑いました。

★★★☆☆

女性
この時代に逆らうような地上波で流せないほどえげつない笑いに満足だったので「ドキュメンタル」は全シリーズ2回ずつ見たぐらい満足していました。

「FREEZE」はそれに匹敵、いやそれ以上の笑いってどんなものか、とてもワクワクしながら拝見させていただききました。

リアクションで笑わせるのではなくリアクションが出来ない状況を笑わせる…、なかなか無い笑いだと思いました。

人を笑わせるには何かをしないといけないと素人考えを持っていたので、何もしない(できない)ことで笑いを誘う発想に奇才松本の凄みを感じました。

そして見てる視聴者側もその場に参加しているような緊張感を体感できることも新しいと感じました。

「いつ?いつ爆発するの?」
「ドローン?ドローンが何するの?」
と自分の心拍数も上昇するほど緊張感があったからか、家族で見ているのにいい意味で無言で見ている時間もありました。

マイナス点をあげるとすれば、やっぱり宮川大輔・フット後藤・ジミー大西あたりのすぐ笑ってしまいそうな芸人メンバーをもうちょっと入れるべきかなと思いました。

まだこれからどうなるか分からないけど「ユカイ・諸星の一騎打ちでしょ…」と予想できちゃうメンバーだと、ネットTVだからこその「地上波で流せない笑い」があまり追求できない気がします。

★★★☆☆

低評価

女性
なんとなく深夜番組を見ているような感じがしました。

ジャッジの公平さが無いように感じられたのとクロちゃんが怪我をしたのがあまり良い印象ではなく、松本さんプロデュースとの事でもっと面白いものかと期待していただけに少し残念内容でした。

★★★☆☆

男性
事前のハードルの上げかたに比べると、少々普通という印象でした。

ドキュメンタルは全く新しい取り組みだったと思うが、今回のこれは過去にごっつええかんじの中のコントで見たような既視感があった。

また落選の基準が不明確すぎて納得感がない。

★★☆☆☆

女性
ドキュメンタルがとても面白かったので、今回の「FREEZE」もとても期待していたのですが…

結果として面白くありませんでした。

特に悔やまれるのが、
「全て芸人で揃えなかった事」と、
「自由度が狭い中で生まれる笑い=小さな笑いだけ」という事でした。

ドキュメンタルが面白かったのは、様々な芸人の個性のぶつかり合いから生まれる無限大の笑いでした。

こんな事で笑っちゃうんだ、この間が最高、笑いの神降りた!など思えるシーンが沢山あり、テレビではできない笑いを楽しめました。

「FREEZE」の場合は、参加者が耐えている様子から生まれる笑いなので、笑いの容量が決まってしまっている感じでした。

あれが全員、ドキュメンタルで輝かしい功績を残してきた芸人さん達ばかりだったら違っていたかもしれません…多少は。

本人達は何も悪くない事を前提に言わせていただくと、諸星、鈴木奈々、ボビーオロゴン、結果として一番笑いは生んでいたのかもしれないけどダイヤモンドユカイのキャスティングはないな、とがっかりしました。

テレビじゃないか!!と。

テレビが見たいわけではないんだ!という怒りに似たもどかしさが常にありました。

リアクションと一生懸命が売りの鈴木奈々は、こういう突っ切っているアマゾンの企画では見たくなかったし(テレビで十分)、諸星のおっさんなのにいつまでも光GENJIなままいる出で立ちもいらないし、そんなことより芸人を出してくれ!と思いました。

ジャッジも納得いきません。

クロちゃんよりボビーの方が明らかにアウトだったと思います。

続きをを見るかは微妙です。

ドキュメンタルをやってほしいです。

★☆☆☆☆

FREEZE(フリーズ)を無料視聴する方法

笑子
「FREEZE(フリーズ)」気になるから見たいなぁ…。
ネットに無料動画とか上がってないかしら?
笑ネコ
無料動画は危険だニャ
笑子
え?何で?
笑ネコ
あれは違法アップロードされた動画で、ウィルスに感染する危険があるニャ
笑子
そ、そうなの!?
笑ネコ
それに、ダウンロードと同時にアップロードされるソフトもあって、それで違法アップロードの罪に問われるケースがあるから注意だニャ
笑子
そんな…!
無料動画を見ただけで逮捕されるのなんて嫌だわ!
笑ネコ
あと単純に画質が粗いし、広告いっぱい出て内容に集中できないニャー
笑子
はぁ…じゃあ諦めるしかないわね
笑ネコ
無料で見れる方法知ってるニャ
笑子
でも、ネット上の動画はいろいろ危険なんでしょ?
笑ネコ
違うニャ。
公式の動画配信サービスを使うんだニャ
笑子
それって月額料金がいるやつでしょ?
お笑い番組見るのにわざわざお金出すのもなぁ…
笑ネコ
実は今だけ無料で見ることが出来るのニャ
笑子
え!?
そうなの!?

FREEZE(フリーズ)は、「Amazonプライム・ビデオ」という動画配信サービスで無料で見ることが出来ます。

本来年間3900円(税込み)かかるサービスなんですが、今なら30日間の無料お試しキャンペーンをやっているので、実質無料で見ることが出来るんです。

私も実際に試してみましたが、無料期間中に解約すれば料金は一切かかりませんでした。

もちろん、優良のサービスになるので、お試し期間で気に入れば、継続して利用することも出来ます。

↓↓↓

「FREEZE(フリーズ)」の無料視聴はこちらから

笑子
こんな方法があったなんて…!
笑ネコ
広告とか出ないし快適ニャー
笑ネコ
しかもスマホでも見れるから便利だニャ
笑子
本当に無料なの?
笑ネコ
新規登録後30日間は無料で使えて、その期間内に解約すれば料金は発生しないニャ
笑ネコ
他のバラエティ番組も見放題だから、気に入ったら継続して利用するのもアリだと思うニャ
▼Amazonプライム・ビデオで見れるバラエティ一覧
ドキュメンタル
戦闘車
M-1グランプリ
有田と週刊プロレスと
さまぁ~ず×さまぁ~ず
今田×東野のカリギュラ
野性爆弾のザ・ワールド チャネリング
ダイナマイト関西
千原◯ニアの◯◯-1GP

※上記はほんの一部です

数日後…

笑子
すごい!
本当に無料で見れたわ!
笑子
他のオリジナルバラエティ「戦闘車」とか「今田×東野のカリギュラ」とかも見れるのね!
笑子
他にも映画やアニメも見れるから、この期間いっぱい見まくるわよ!
笑ネコ
喜んでくれたみたいで良かったニャ
笑ネコ
無料キャンペーンはいつ終了するかわからないから、今のうちに登録しといて良かったニャ
↓↓↓

Amazonプライム・ビデオの無料お試しキャンペーンはこちらから

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ