俄然と断然の違い・意味と使い方は?間違いやすいので注意!

俄然 断然

AとBの会話。

A「肉まんとピザまんだったら、私はガゼン、肉まんがいいな」

B「それ、おかしいよ」

A「え? ガゼン、肉まんでしょう!」

B「そうじゃなくて……ダンゼン、肉まんなの!」

「俄然」と「断然」って、どう違うの?

-----スポンサーリンク-----

俄然の意味・使い方

「俄然」の「俄」は、「にわかに」「急に」という意味をもっています。

ですから「俄然」は、突然にある状態が生じること、急に状況が変わることを示しています。

例:コンテストに応募しようと考えると、俄然、やる気になってきた。
  (急に、やる気になってきた)

例:彼女の声援を受けて、チームは俄然、攻勢に転じた。
  (急に、攻勢に転じた)

例:主人公の幼なじみが登場するようになってからは、本が、俄然面白くなった。
  (急に、面白くなってきた)

何かの刺激によって、「急に・突然に」変化が起こったのです。

誤った使い方

最近「俄然」を、変化とは関係ない状況で、強調表現として使用するケースが見受けられるようになりましたが、これは誤用です。

強調したい場合は「俄然」ではなく「断然」を使うのが正しいのです。

× この本は、あの本より、俄然、面白い。

〇 この本は、あの本より、断然、面白い。

断然の意味・使い方

「断然」には、きっぱりと決める意味や、強調の意味があります。

例:環境破壊に、断然抗議します。

例:どう見ても、彼の言っていることは、断然正しい。

例:英語ができると、就活には断然有利だよ。

強調表現として使えるのは、「俄然」ではなく「断然」です。

ダントツ

ところで「〇〇選手がダントツの強さを見せて優勝した。」のように使われる「ダントツ」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

あれは「断然トップ」の略語で、「並外れてトップ」「ズバ抜けて1位」という意味です。

昭和時代の造語ですが、「断然」という漢語表現と、英語の「トップ」の結びつきのアンバランスさが面白い言葉ですね。

俄然と断然の違いは?

2つの言葉は、語感が似ているため、混同されるようになってきましたが、はっきりとした違いがあります。

「俄然」は、急な状況の変化が見られる時。

「断然」は、きっぱりと決める時や、非常に、絶対に、という強い態度を見せる時。

  • 俄然 → 急に変化する
  • 断然 → 強い態度

という点を押さえておきましょう。

2つを区別するには、「断然」から「断」を抜き出し、「断じて許しません」「断固反対」など、自分に分かりやすい強調表現を連想してみると良いですよ。

まとめ

  • 「俄然」は「突然・急に」状況が変わるさまを表す。
  • 「断然」は「きっぱり・絶対に」という強さを表す。

独特の強い響きを持つ、この2つの言葉。

印象に残る言葉だけに、会話でも文字にした時でも、うまく使えば、大きな効果を発揮します。

正しく使い分けたいですね。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ