【グレイテスト・ショーマン】実話なのはどこまで?元ネタのサーカス団について

話題の映画「グレイテスト・ショーマン」、あなたはもう観に行きましたか?

こんな夢の様な空間があれば…と想像を膨らませた方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなキラキラとしたグレイテスト・ショーマンの世界を、モデルとなった実話と比較してみたいと思います!

-----スポンサーリンク-----

グレイテストショーマンとは?

既に劇場に足を運ばれた方も多いとは思いますが、まずはここでおさらいを。

昨年公開された映画「ラ・ラ・ランド」から、ミュージカル映画に熱い視線が注がれる様になる中、2月16日より国内での上映がスタートしました。

本作を一言でまとめると、後に世界初のサーカスと呼ばれる事となるショーを作り上げた男、P・T・バーナムの生涯を描くサクセスストーリーとなっています。

ここまでざっくりまとめてしまうと、何だかありきたりな映画だな…と思われてしまうかも知れませんが、一人の女性との恋に始まり、個性的なキャラクターとの出会い、堅い絆に家族愛などなどなど!

現代を生きる我々の冷え切った心を温めてお釣りが返る程のハートフルに、思わず胸と目頭が熱くなります…!

しかしこのバーナム、1時間46分の上映時間でよくぞここまで…。

と頭を抱えるほどに上がっては落ちてを繰り返し、曲者っぷりを披露します…。

実話と映画の違い

そんな一筋縄ではいかない主人公ですが、なんとモデルとなった人物が存在していたのです!

作品の為に書き下ろされたかの様な人生や、彼を取り囲んだ人物達の”実際”を、映画と比較してみたいと思います。

まず登場人物ですが、基本的には実名となっています。

そのため気になったキャラクターがいた場合、そのまま検索すると主要な人物であれば略歴などを確認することができます。

例を挙げれば、誰もが聴き惚れる歌声と美しい容貌を持ち、バーナムの成功の一翼をになった「ジェニー・リンド」ですが、彼女も作中と変わらぬ評価を得て活躍していた様です。

また、生い立ちや彼の生涯に起こる事件の数々ですが、こちらも概ね事実そのままに描かれています。

ただ、作中描かれる人間関係や恋愛模様などは確認が取れない為、大河ドラマの様な演出となっている様です。

-----スポンサーリンク-----

元ネタはサーカス団?

さて、本作がミュージカル映画ということもあり、注目すべきはその臨場感溢れるショーを描いたシーンではないでしょうか。

当時まだ珍しかった演出や今日では倫理的に物議を醸しかねない、いわゆる奇形で生まれた人物などを起用した、センセーショナルかつ刺激的なパフォーマンスで観客を魅了しますが、これらも実話に基づいて描かれています。

彼が築き上げたこのサーカスの基礎は、時代に沿う様にして変化を遂げながら現代に引き継がれています。

そしてなんと形式や演出だけではなく、彼が創設したサーカス団はつい昨年まで巡業を続けており、世界最大のサーカス団と呼ばれていました。

世界一となったサーカス

バーナムは晩年、ジェームズ・ベイリーが経営する「クーパー・アンド・ベイリー・サーカス」と合併し、「バーナム・アンド・ベイリー・サーカス」と名前を改め巡業を行いました。

しかし、彼の死後サーカス団はリングリング兄弟 (Ringling Brothers) に売却され、「リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカス」と、再度名前を改め第二の物語が始まります。

このサーカス団が146年も続く世界一のサーカスと呼ばれる様になる日を、バーナムは想像していたでしょうか。

昨年の情報では団員は300人を超え、年間の観客動員数は約180万人にまで昇っていた様です。

近年の経営は、あのディズニーオンアイスも手がけるフェルドエンターテイメントとなっており、世界一の規模やその動員数を捌けるのも頷けます。

年間約50都市を巡業しており、サーカストレインという列車で移動し1年の大半はその列車で生活するそうです。

全90車両となるトレイン内部にはパイカーと呼ばれる食堂などがあり、部屋も1人1部屋でベッドやキッチンが完備されたスペースが与えられています。

この様な居住専用車両は30両程だそうですが、ここでは演者だけではなくトレインマスターと呼ばれる車両整備士や、食堂で働くコック達も一緒に生活しているとのことです。

こういった部分から、作中にも描かれた”家族の様な一体感”が生まれるのかも知れませんね。

日本人も在籍

また、この世界一のサーカス団に日本人が在籍していたというのでまた驚きです!

唯一の日本人女性である岩佐麻里子さんは、2012年から最終公演までクラウン(ピエロ)として活躍しました。

全米サーカスの頂点ということもあり、入団には各国のパフォーマーが参加するオーディションに勝ち残らなければなりません。

このオーディションもウォーミングアップから審査され、約3時間程度行われるというのでやはりレベルの高さが伺えます。

サーカス終了の理由

しかしこうした、人種を選ばず厳しい基準でレベルを保ち続けたサーカスも、昨年5月21日 ニューヨークでの巡業を最終公演とし、長い歴史に幕を下ろしました。

その背景として、一番人気であった像のショーを動物愛護団体からの批判を受け中止したことや、運営費が高額であったことを挙げています。

長い歴史が途絶えてしまうのは残念な気もしますが、これも時代に沿ったひとつの変化なのかも知れませんね。

まとめ

それでは今回のまとめです。

  • 登場人物やハプニングの数々は映画と実話でほぼ同じ
  • ただし細かな人間関係や恋愛模様は大河スタイル
  • 元ネタであるサーカスは146年と全米No.1の歴史を誇る
  • その中で日本人もクラウンとして活躍していた

といったところを、鑑賞後の帰り道、薀蓄として語ってみるのも面白いのではないでしょうか。

また、現在グレイテスト・ショーマンは「アンコール応援上映」を行っています。

手拍子OK!発声OK!と、盛り上がること間違いなしのこの企画。

一度足を運んだあなたも、元ネタを考えながらの鑑賞で一味違う楽しみを体験してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人:襤野 箱

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ