ひな祭りにやること・食べ物にはどんな意味や由来があるの?

ひな祭り やること

2月のバレンタインが終わると、どこからともなく流れてくる「うれしいひなまつり」。

ひな祭りの歌として誰もが親しんだ歌ですね。

では、そんなひな祭りにすることや食べるものについてご紹介していきましょう!

-----スポンサーリンク-----

ひな祭りの由来・成り立ち

ひな祭り やること

「ひな祭り」と何気なく毎年触れている行事ですが、その由来や歴史をご存知でない人は少なくないのでは?

ひな祭りにすることも含め、順番に見ていきましょう。

桃の節句の由来

女の子の成長を祝うひな祭り。

ひな祭りは、別名「桃の節句」と言いますよね?

これは、旧暦の3月3日のひな祭りの時期がちょうど桃の花が開花を迎えることから桃の節句と呼ばれています。

また、香川県の一部の地域を筆頭に、八朔に行うなど、「3月3日」にひな祭りを行わない地域もあるそうですよ。

ひな祭りの起源

このひな祭りは元々平安時代に子供達、特に女の子の遊び道具『雛遊び』が起源とされています。

今で言うリカちゃん人形やぬいぐるみを使ったお人形遊びと一緒ですね!

そんなひな人形が同じ平安時代に「流し雛」として人々の厄落としのために川に流されるという風習が始まりました。

このことから、「ひな人形」=「大切な物」という意識が生まれたんでしょうね。

そして、江戸時代に入ると、本格的にひな人形が祀られるようになります。

現代の「3月の節句=ひな祭り」という慣習が定着したのはこの頃。

「節句」は季節の区切りとも呼び、病気を始めとする災厄が来るとうわさされていたため、当然この3月にも「祓えの儀式」が行われていました。

人形って、人の形と書きますが、まさに人の厄を形代に移すということで厄払いとしていたんですね。

そのため、江戸時代初期からは女性の嫁入り道具の一式にも挙げられるようになりました。

お雛様の誕生

また、現在綺麗な着物を着せられたお雛様ですが、実は江戸時代後期に煌びやかなお雛様が誕生したとされています。

18世紀に入ると、2人だけのお雛飾りは人数も増え、五人囃子が登場。

幕末までに現在の7段飾りに登場するすべてのお付き人が揃うことになります。

私の実家にも7段飾りがありますが、娘のお雛様を選びに行ったときに聞いた話によると、現在では洋風建築の家が増えたためにあまり7段飾りを販売することもなくなったそうで、我が家にも1段のお雛様が節句の折には顔を見せてくれますよ。

-----スポンサーリンク-----

ひな祭りにすること5つ

雛人形

実際にひな祭りには何をするのでしょうか?

何が正解と言うことはありませんが、現在よく見られるひな祭りの行事内容をご紹介しましょう。

雛飾りを飾る

その当日に飾るだけでなく、約半月は飾っておくというご家庭も。

あらかじめ飾っておけば、長い間お雛様を見ることができますし、当日に飾るのであれば、それはそれでイベントの一つになります。

いずれにしてもお雛様を飾らないことには始まりません!

桃や橘の花を飾る

桃の花は比較的身近な存在。

ですが、橘はなかなかお目にかからないですよね?

そのため、大体現在では桃の花や菜の花を飾るご家庭が多いようですね。

ちらし寿司を食べる

こちらは絶対!というわけではありませんが、ひな祭りと言えばちらし寿司!

また、「はまぐりの吸い物」もひな祭りでは定番の一品でしょう。

近年ではほぼほぼ中国産のはまぐりが多いため、あさりやしじみで代用するというご家庭も。

ひなあられを食べる

この時期になるとよく売られているのが「ひなあられ」。

私が子供のころは、ごくたま~に入っているチョコのコーティングされたあられを弟と争奪戦を繰り広げていましたよ(笑)

そんなひなあられと共に知られているのは「菱餅」。

雛飾りの中にも飾りとしてひし形の餅が添えられていますよね?

実物ならちゃんと食べられますよ(笑)

白酒を飲む

ノンアルコールのものもあれば、桃味の甘酒といった代用品まで幅広いのがひな祭りならでは。

甘~い飲み物なので、苦手な人も多いかも。

「あ~かいお顔の右大臣~♪」とうれしいひなまつりでも歌詞になっている右大臣が赤い顔をしているのはこの白酒を飲んだから?というくだりもありますね♪

ひな祭りに食べるもの

白酒

上で少し触れている食べ物・飲み物。

もちろん、意味がなく食べたり飲んだりしているわけではありません!

では、それぞれの意味や由来をご紹介していきましょう。

ちらし寿司

ちらし寿司がひな祭りに必ず食べなければならない理由というものはないそうです。

ただそのちらし寿司に混ぜられている様々な具材が縁起の良いものが多いこと、そして彩の良さがまるで春の訪れを知らせてくれているように思えるという理由からちらし寿司が好まれているということです。

はまぐりの吸い物

平安時代の女の子の遊びとして主流とされている「貝合わせ」。

この貝合わせに使われている貝というのが「はまぐり」なんです。

綺麗な絵をその内側に描くためには大きい貝が必要。

そして、かならず対になるということで、仲の良い夫婦であれという願いが込められています。

嫁入りの家財に含まれた雛飾りに見合う謂れですね。

ひなあられ

餅を原材料とし、それを炒ったものがあられ。

ひなあられには一色ではなく色とりどりのあられがあることも有名。

健康を支えるでんぷんを含むことからその年の女の子の幸せを願っているとされています。

菱餅

その名前からも分かるように、ひし形をかたどった餅です。

上から桃、白、緑の色に色付けされた餅が重ねられているため、見た目にも華やかな食べ物ですね。

桃には「魔除け」、白には「清浄」、緑には「健康・長寿」という意味が込められているとも言われています。

また、それぞれに混ぜられている材料にも意味があり、緑のよもぎには「増血効果」、白のひしの実には「血圧降下」、桃のクチナシには「解毒作用」という食べることに意味のある成分が含まれているそうですよ!

気になるこの菱餅のひし形という形ですが、古くは心臓を指し示す形と言われていたため、親心として娘に災厄が降りかからないように願って形どられたとされています。

白酒

白い酒と書く白酒ですが、最初から白酒が伝わっていたわけではなく、「桃花酒」という桃の花びらを漬けたお酒が飲まれていました。

桃は邪気を払うことで有名だったためですが、江戸時代に入ると桃の花びらは使わず、代わりとして米や麹といったものをみりんに混ぜて熟成させた「白酒」をよく飲むようになりました。

もちろん、お酒なので注意が必要!

そのため、最近では「桃味の甘酒」なんていうものも販売され、子供でも飲めるものが好まれているようです。

私が子供のころは、甘酒というよりは、桃の天然水というジュースを代わりにしていましたね(笑)

まとめ

・ひな祭りとは旧暦の3月3日が桃の花の咲く時期だから「桃の節句」と言う。
・ひな祭りの由来は平安時代の女の子の雛遊びから。
・江戸時代には今の煌びやかな着物を着せたお雛様も。
・ひな祭りにすることは5つ!
・ひな祭りに食べるものにはちゃんと理由が!知って味わってみよう!

いかがでしたか?

現在では親元から離れ嫁ぐ娘の家財道具ではなくなっていますが、嫁入りした後に残されたお雛様も可哀想・・

年に一度のひな祭りに飾ってみては?

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ