ホルンの値段の平均は?高いものと安いものって何が違うの?

ホルン 値段

最近、大人の音楽レッスンが流行っていますよね。

トランペットやサックスやフルート、ピアノやギターなど、大手楽器店に併設した形で、お手軽にレッスンが受けられるようです。

ただ、レッスンを受けるとなると楽器を購入しなきゃならないんじゃないの?
でも、もし自分に合わなかったら、あまり高い楽器を買うのももったいない気がするし・・・
ただ、あまり安かろう悪かろうじゃ、上達しない気もするし・・・

楽器を始める時に、まず悩むのが楽器の調達だと思います。

私も、ホルンを始めた時は正直、楽器の調達にとても悩みました。

実はそれまでトランペットを吹いていたんですが、ホルンはトランペットより大きいので明らかに値段が高い!というのは想像がつきました。

因みに、私のトランペットは、ヤマハのエントリーモデル、いわゆる初心者用だったので、8万円位だったと思います。

そして、やはりホルンの値段もピンキリでした。

私は、ローンを組む時は家を購入する時だけ!という性分なので(笑)、先輩に聞いたり、色々と調べたりして、自分の予算内で納得のいくホルンを購入しました。

私が購入した物は、恐らく平均的な値段の物だったと思います。

でも、値段が高いものと安いものって何が違うの?って思いますよね。

ここでは、一般的に使用されるフルダブルホルンの値段による楽器の違いについて、紹介します。

-----スポンサーリンク-----

ホルンの平均的な価格はどれぐらい?

ズバリ、およそ30~50万円強が平均的な価格と言えるでしょう。

ただ、ここでいう『平均的』な価格は、数学的な価格ではありません。

あくまでも、『これ位の金額のホルンであれば、可もなく不可もなく、充分な音を出すことができる』と言う意味の平均的な価格です。

メーカーや選定品による違い

まず、ホルンには国産メーカーのものもあれば、有名外国メーカーの物もあるので、そこで随分価格は異なります。

また、メーカー品でも、プロが一度試吹して、『この楽器は、(家電で言うところの)初期不良は無く良品である!』と選定した、いわゆる『選定品』と呼ばれる楽器になると、プラスアルファ(時価)のお値段が加わります。

余談ですが、プロのランクによって、プラスアルファのお値段は変わります。

更に、新品か中古かでも、もちろん価格は異なります。

どこで購入するかによる違い

更に更に!購入する場所、つまりメーカーの直営店で購入するか、大手含む楽器専門店で購入するか、普通にインターネットで購入するかでも、同じ楽器なのに若干ですが、価格が異なる事があるんです。

私の場合は、楽器専門店で『先輩のコネを使って、国産メーカー新品の、そこそこのプロの方(失敬!)の選定品を』購入しました。

そういった、全ての条件を含めた平均的な価格が30~50万円位強になります。

え・・・じゃあ、ホルンのピンキリって一体どれ位なの?って気になりませんでしたか?

気になりましたよね(笑)。

楽器をもし購入するとなると、時には清水の舞台から飛び降りる覚悟も必要だと思うんです。

私の場合も、そうだったんですが、『楽器を購入して貯金がなくなりました!』では嫌だったので、楽器の調達には最後までこだわりました。

新品のホルンの価格

新品と言っても、国産メーカーと、外国メーカーでは下限と上限が随分異なります。

因みに、国産メーカーで、オススメできるホルンを製造しているメーカーは、YAMAHA1社です。

初心者から、ハイエンドユーザーまで幅広く使え、しかも日本人の特徴をよく捉えたラインナップを多く取り揃えていることがオススメの理由です。

因みに、国内でプロデュースして海外生産し、日本で専売して、プロのホルン奏者も認めている国内メーカーもありますが、開発・生産・流通の流れが一貫していないことから、賛否両論あるので、ここでは割愛します。

国産メーカーの場合

YAMAHAの場合、37万円~90万円(税抜き)がフルダブルホルンの、2017年5月現在の価格です。

ただ、これはYAMAHAの直営店で、普通に購入した場合の価格です。

これに、選定品をオプションとして付ければ、プラスアルファのお値段が加わります。

因みに、同じ商品を楽器専門店でコネ有りで購入しようとした場合、もしくは、楽器専門店のインターネット販売で購入しようとした場合、状況にもよりますが、8カケ~9カケ位の価格で購入できます。

更に、普通にインターネットで購入しようとすると7カケ位の価格で購入できます。

内部事情は私にも良く分かりませんが、恐らく、新品とはいえ、在庫期間の問題かと思います。

但し、普通にインターネットで購入する場合、送料は数1,000円なのであまり気にすることはないと思うのですが、当然ながら『宅配便』で送られてきます!

もちろん、宅配業者さんも楽器を扱う以上、慎重に取り扱ってくれますが、途中で何が起きるか分からないリスクだけは、覚悟しておいた方がいいと思います。

また、後々のアフターサービスを考えると、最初の値段だけに囚われず、少なくともインターネット購入でも『楽器専門店』での購入を、是非とも、オススメします。

まとめると、以下のようになります。

購入場所 ホルンの価格一例(税抜き)
直営店 37万円
楽器専門店(コネ有) 約30~34万円
楽器専門店(ネット) 約30~34万円
通常インターネット 約28万円

有名外国メーカーの場合

ホルンの有名外国メーカーと言えば、

  • アレキサンダー
  • ハンスホイヤー
  • ホルトン
  • コーン
  • ヴェンツェル・マインル

が主なメーカーとなります。

因みに、外国メーカーの楽器については、メーカーの直営店はないので、大なり小なり楽器専門店で購入することになりますが、その際、コネはあっても微々たる程しか利かないようです。

また、メーカーによって価格は本当にピンキリなので表にまとめますね(笑)。

メーカー ホルンの価格例(税抜き)
アレキサンダー 約80~120万円
ハンスホイヤー 約40~60万円
ホルトン 約30~50万円
コーン 約50~60万円
ヴェンツェル・マインル 約45~55万円

かなりバラつきがあるのは、メーカーの歴史からなるネームブランドやそれに基づく楽器のグレード、表面加工の具合などが、それぞれ異なるからです。

中古のホルンの価格

中古なら、少しは安く買える?と思ったあなた、ごめんなさい!

残念ながら、ホルンは中古市場にあまり出回らない、若しくは出てもすぐに売り切れるせいか、中古でもあまり安くは買えません(泣)。

ネットで4~5万円位であるじゃん!って思ったら、それは某外国品の、あまりオススメできないホルンだと思ってください。

安かろう、悪かろうではないホルンだと、最低でも30万円弱はするので、YAMAHAの新品とあまり変わりません。

因みに、国内管楽器メーカーオリジナルの中古品だと、4~5万円程で購入できますが、購入できる場所が限られている上、ネット販売ゆえに試吹ができないなど、デメリットもあるので、要注意です。

-----スポンサーリンク-----

値段の違いは何?

値段の最大の違いは、ずばりメーカーの違い!と言いたいところですが、それ以外にも音を奏でる上で重要な、細かな違いが実はあるんですが、演奏上、また、楽器選びの上で最も重要なのは次の3つです。

  1. 素材による違い
  2. 管の巻き方による違い
  3. ベルカットかワンピースかによる違い
値段 素材 特徴
安い (黄色ベル)イエローブラス 明るい音色
(赤ベル)ゴールドブラス 温かく、ややダークな音色
高い (白ベル)ニッケルブラス 深く、ダークな音色

管の巻き方は、外国メーカーのものに個性がよく表れています。

B♭管の独立した、メインチューニング管がないものや、バルブの独自の回転方向を持つ楽器など、それぞれ使い勝手には好みがあるんですが、この値段の違いはやはりメーカーの違いです。

また、全く同じモデルでも、ベルが外れるベルカットか外れないワンピースかで、値段が異なります。

ベルカットの方が、持ち運びに便利なのはもちろんですが、ベルを変えることで色んな音を楽しむことができるからです。

どこで買えばいい?

楽器を購入する時に気になるのが、アフターサービスだったり、それに付属する小物がすぐに買える環境じゃありませんか?

楽器を買ってはい、終了!じゃないですよね。

吹き終わったら、オイルを注したりグリスを塗ったり、クロスで拭いたり、時には管をブラシで磨いたりと必要な小物は沢山あります。

また、あってはならないことですが練習中などにどこかにぶつけてへこませてしまったり、不具合が生じてリペアが必要になった時、頼れる場所、頼れる人があると助かりますよね。

そういう意味でも、楽器を購入する時は、直営店や楽器専門店での対面での購入を、ぜひオススメします。

ホルンは金額も大きいので、購入の際に店員さんに色々と話を聴くことで、その後の音楽ライフがより楽しめること、請け合いです。

因みに、楽器専門店であれば、大手でも地元の管楽器専門店でもリペアは対応してくれるので大丈夫ですよ。

購入出来ない場合は

とはいえ、最も安い中古のホルンでも4~5万円もする・・・、すぐ楽器を手にしたいけど、今すぐ購入するのは厳しい!せめて、来月のボーナスが入れば何とかなるんだけど・・・

そんな場合でも大丈夫ですよ。

今はレンタルという便利なサービスがあるんです!

ヤマハ楽器レンタル・音レント

在庫状況によっては、中古の楽器ならもう少し安く借りることができるので、利用しない手はないですよ。

もちろん、周りに『昔、ホルンを吹いていたけど今は別の楽器を吹いているから、今は自由に使っていいよ~』という、優しいお友達などがいればベストですね。

私の場合は、幸い、友人の妹さんが、昔ホルンを吹いていて、『今はもう吹いていないから自由に使っていいよ~』という状況だったので、楽器を購入するまでの間は、ありがたく借りていました。

もちろん、購入した際は、菓子折を持って楽器を綺麗に洗って磨いてお返しに行きましたよ。

まとめ

  • ホルンの『平均的な価格』とは、力量にあった充分な音が出せる価格の楽器であること。
  • 新品でも中古品でも、価格はあまり変わらない。
  • 値段の違いは素材による違い、管の巻き方による違い、ベルが外れるかどうかによる違い。
  • 楽器を購入する際は、できれば直営店や楽器専門店での対面での購入がオススメ。
  • 楽器をすぐに購入できない場合は、レンタルや知人に借りる方法も!

因みに、私が約20年前に購入したYAMAHAのホルンは、当時の税込42万円でした。

ただ、ホルンの値段はあくまでも、吹く人の力量で選ぶのが一番です。

あなたがこれ!と信じる相棒は値段で測るのではなく、何度も試吹して、一番最適な音を奏でてくれる、そんな基準で選んでみてくださいね。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ