節約できない主婦には必要?おすすめ家計簿とつけ方を紹介します

家計簿

節約はしたいけど何をしたらいいのかわからない・・・
家計簿をつけたらいいと言われたけど続かない・・・
そもそも家計簿をつけてどうして節約になるの?

など、節約と家計簿がなかなか結びつかない人は多いかもしれません。

家計簿をつけることで節約ができるとわかっていてもなかなか続けることができない人もいるかもしれません。

実は私もそうなんです。

毎日のコンビニでの無駄遣いが無駄なのはわかってる・・・
でもたかが100円くらいいや!

なんて思っていました。

しかし、節約を本気でやろうと思った時に家計簿をつけてみるとたかが100円と思っていた無駄が実はもっとたくさんあることに気づきました。

しかも私が試した家計簿はとっても簡単につけることができたため、なんだかんだで1年ほどつけ続けることができています。

アプリを利用しているので収支のグラフが一目瞭然!

こんなに簡単にできるならもっと早くやっておけばよかった・・・と思いました。

節約をしたい!
なかなか節約ができない!

そんな主婦のために家計簿での節約術を紹介します!

-----スポンサーリンク-----

節約に家計簿って必要なの?

ぶっちゃけて言うと「家計をきちんと管理できている人」に家計簿なんて必要ありません。

つまり家計簿が必要な人は「家計をきちんと管理できない人」だということです。

家計が管理できている人は無駄遣いをすると言うより、余ったお金を使っている人が多いんです。

生活に必要なお金、貯金、税金等全てを計算し余ったお金を使って無駄遣いをしているからです。

しかし、家計を管理できない人の多くは「必要なお金」から無駄遣いをしています。

生活費から、貯金から、光熱費から・・・

そうして結局お金が足りない!なんてことになるんです!

1つでも当てはまれば家計簿が必要

具体的には家計簿が必要な人は

  • 固定費が月にいくらかかっているかわからない。
  • お財布のお金を使い切るとすぐにATMに走ってしまう。
  • クレジットカードでいくら使ったか忘れてしまう。
  • 年収は多いのに貯金がない。
  • 言い訳出費(無駄遣い)が多い。
  • 何かと自分へのご褒美を買いたがる。

など、一つでも当てはまる人は家計簿をつけるべきでしょう。

もちろん家計簿をつけてお金が貯まるわけではありません。

しかし、データとして支出の管理をすることでお金の動きが把握できます。

つまり月々の無駄遣いの金額を把握することができるんです。

おすすめの家計簿3選

最近はスマホで簡単に家計簿の管理ができるようになっています。

その幾つかのアプリを紹介します。

マネーフォワード

マネーフォワードは銀行の入出金、クレジットカードの利用履歴、撮影されたレシートを元に簡単に家計簿を作ってくれます。

口座登録も簡単で、セキュリティーも付いているので安心です。

また、金融機関との連携も2580種類と豊富です。

Zaim

こちらも簡単にレシート撮影、クレジットカード、銀行口座連携などを自動的にグラフ化してくれます。

パソコンとの家計簿の連携も可能なので大きな画面でのデータの管理も可能です。

連携できる金融機関は1500種類とマネーフォワードに比べると少なめですが、安心のセキュリティーもきちんと付いています。

家計簿Dr.Wallet

レシートを撮影して送るだけで専用オペレーターがデータ化してくれるアプリです。

人がきちんと費目を振り分けて入力するのでとても正確なグラフができます。

レシートは100枚まで無料で送信可能です。

私はこのアプリを使っていますが、結構ぐちゃぐちゃなレシートでもきちんとデータ化されているのに驚きました。

家計簿に手書きで記入する方法もあるかもしれませんが、家計簿をつけない人の大半がズボラな方が多いと思います。

私もそうですが、ズボラな私が家計簿なんて絶対に無理です!

レシートはとっておけるので後からでも記入可能ですが、自動販売機や電車の切符などレシートの出ないものに関してはアプリでその場で記入することをオススメします。

-----スポンサーリンク-----

家計簿のつけ方

私はDr.Walletを利用して支出管理を行っていますが、これは月の家計簿のためです。

その日その日の小さな支出はその都度アプリに記入しレシートは週に1回読み込ませます。

こうすることで月の収支がはっきりとグラフ化します。

毎週といっても結構サボりがちな私は財布の中のレシートがいっぱいになったら・・・という程度でしかやっていません。

かなりズボラなやり方です・・・

年間のお金の流れを把握する

そしてここからがポイントです!

私は「年家計簿」をノートにつけています。

この年家計簿は家計簿ノートなどを購入すると大抵最初か最後についていますよね?

1年間の収支を表にされているものです。

毎月必要な支出を記入できるものです。

月末になると必ずこの年家計簿に月の項目ごとの収支を記入していきます。

それだけで
「今月は食費使いすぎてるな〜・・・」
「行方不明のお金が多いな〜」
と反省させられます。

もちろん月の予算と簡単に比べることができます。

私はいつも200円のジュースとパンを買っていました。

しかし月に換算すると、200円×30日=6000円になります。

月に換算すると大きい金額ですよね?

こういった月の無駄遣い、年間においての無駄遣いに気づくことができるものなんです!

まとめ

  • ズボラな人こそ家計簿活用
  • 家計簿アプリで簡単管理
  • 月単位の家計簿と年単位の家計簿で徹底管理!

私は家計簿をつけるようになってとても節約に成功したと思っています。

毎日の無駄遣いはもちろん、タバコの金額も1日450円かかっていました。

450円×365日=164250円、1年間で16万円も無駄にしていたんです・・・

家計簿にタバコ代の計算をした時に「旅行行けちゃうじゃん・・・」と驚きました。

今までどんぶり勘定だった私は貯金もなかったんですが、今では毎月2万近くの貯蓄型保険に加入できました。

2万×12ヶ月=24万円の貯蓄に成功しています。

まだ私も家計簿を初めて3年目ですが、1年目は自分のお金の使い方の確認、2年目は改善策を練りながら貯蓄開始、3年目の今年は昨年よりもっと削れるところはないか、貯蓄は増やせないかの再構築中です!

家計簿をつけたからと言って、すぐに貯金ができるようになるわけではありません。

しかし、つけ始めて1年、2年とたつにつれて少しずつ自分の無駄に気がついていきます。

これは本当に必要だったんだろうか?

そう気付いた時が節約のチャンスです。

家計簿は節約するアイテムではなく、無駄遣いに気づくチャンスを与えてくれるものなんです。

ぜひ家計簿にチャレンジして来年には無理なく小さな無駄を削って10万以上の貯金をしませんか?

いきなり100万円貯めることは難しいです。

まずは10万円、次の年は20万円・・・と少しずつ増やしていけるといいですね!

合わせて読みたい関連記事

1件のコメント

  1. […] ●節約できない主婦には必要?おすすめ家計簿とつけ方を紹介します […]

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ