洗濯物の簡単なたたみ方・きれいに収納するコツをアパレル店員が紹介!

洗濯物 たたみ方

洗濯は、干すのが好きですか?
それともたたむのが好きですか?

私は、干す作業よりたたむ作業の方が好きです。

綺麗にタンスに収納出来た時の達成感がたまらないですよね。

以前、アパレルに勤めていたこともあって、たたみ方にはちょっと自信があったりもします。

洋服のたたみ方ひとつで、タンスにスッキリ収納出来ます。

洗濯物をたたむのが苦手な方でも出来る簡単なたたみ方・きれいに収納するコツをお伝えしたいと思います。

-----スポンサーリンク-----

洗濯物を上手にたたむメリット

洗濯物を綺麗にたたむことでのメリットは、たくさんあります。

  • 洋服がしわにならない
  • 収納が楽になる
  • 収納スペースをしっかり活用できる
  • 洋服の出し入れが楽になる

etc…

恐らく私が思いつくこと以外でも、たくさんのメリットがあるはずです。

綺麗にたたむことで、毎日着る洋服の時間が快適に過ごせるのであれば是非試してみるべきですね!

たたむ順番はあるの?

洗濯物をたたむ順番は、好きな順でいいと思います。

ただ、効率的にたたむコツとしては、種類ごとにたたんでいくことです。

洗濯物を取り込む際に、右に左に取り込むのではなく、タオル→シャツ→下着などカテゴリーごとに取り込んでいくことで種類ごとにたたむ事が出来ます。

もちろん反対の取り込み方でもOKです。

たたむ作業で嫌になるのは、いつ終わるのかがわからない感じじゃありませんか?

種類ごとに分けて取り込むことで、「靴下が終わったから、次はタオル!」とゴールが見えてやる気もアップ。

カテゴリーを分けてたたんでいくことで、タンスにしまう際も効率よく時短に進める事が出来ます。

収納しやすい洗濯物のたたみ方

洗濯物を収納しやすくするには、なるべくかさばらずにたたむことが大事です。

シャツ

シャツは、基本的にはハンガー掛けする方がおススメですが、畳む場合は2つやり方があります。

1つ目は、袖同士を重ねて内側に入れて、2つ折りに畳む方法。

2つ目は、肩の部分が左右均一になるように袖を内側に織り込んで、2つ折りに畳む方法です。

他に、半袖シャツだと面白い方法があったりします。

半袖シャツなら、2秒でたためる!?

夏になると、Tシャツや半袖の洋服を着る機会が増えますね。

そんな半袖シャツを2秒でたためる方法があるんです。

これならかなり時短でたたむことが出来ますね。

面白いほど簡単にたためるので、興味のある方は試してみてください!

Tシャツ

出典:LOVEHOME STORE+INTERIOR

Tシャツをたたんだら、もう一折りしてしまえば、場所もとらずに綺麗にしまえます。

長袖・セーター

長袖やセーター類も、シャツ同様の1と2のやり方でいいと思います。

ただ、セーターの場合は幾つか注意点があります。

まずは、セーターをハンガーにかけると伸びてしまう恐れがあることです。

セーターは着るたびに洗濯をするものではないので、ついついハンガーに掛けたくなりますが長持ちさせるにはたたむ方がおススメです。

そして、セーターを着たら湿気が残らないようにすることも大事です。

脱いだ後タンスへはすぐにしまわず、ソファーや椅子などで少し干してからしまうと湿気がとんで綺麗に保管することが出来ます。

ズボン

ズボンは、ジーンズとスーツパンツのようなナイロン生地のものが一般的でしょうか。

ジーンズは、3つ折りでたたむのが基本です。

1.ジーンズを2つ折りにする

2.股の部分を内側に入れて、股の部分に合わせて裾を折りたたむ

デニム たたみ方

出典:50代からのワクワク断捨離ブログ

3.折りたたんだ下の部分を、ウエスト部分に合わせて2つ折りする
デニム 折り畳み

こうすることで、型崩れもせずに畳むことが出来ます。

もう2つ折りすると、コンパクトになってスッキリ収納できます。

-----スポンサーリンク-----

ナイロン生地は、生地の折り目に合わせてたたむのが基本です。

しわになりやすいので、しっかり生地を伸ばしてたたむようにしましょう。

1.センターラインに沿って折り、広げる
ナイロン生地 たたみ方

2.下の裾をウエスト部分へ2つ折りする
ナイロン生地 たたみ方

3.もう一度、2つ折りする
ナイロン生地 たたみ方

◆参考:知っておきたい!美しい畳み方⑤ ~スーツパンツ編~

スカート

スカートは、3つ折りでたたむのが基本です。

しわになりやすいので、しっかり生地をのばしてからたたむようにしましょう。

靴下・タオル

靴下やタオルは、まるめてたたむと収納がしやすくなります。

基本は、丸めてたたむと見た目も綺麗に可愛く収納できますよ。

たたんだ衣類の収納術3つ

たたんだ衣類を綺麗にしまうコツは、3つです。

たたみ方を統一する

洋服は色々なたたみ方があるので、気分によってたたみ方を変えてしまうなんて方もいますよね。

ただ、色々なたたみ方で洋服を収納してしまうと、スペースに無駄が出来たり、見た目も綺麗に見えなくてあまり良いことはありません。

たたみやすいやり方を見つけたら、その洋服のたたみ方で統一して収納するようにしましょう。

カテゴリーごとに収納する

タンスや収納スペースは、カテゴリーごとに分けて収納することで見た目も洋服をしまう効率も上がります。

ただ、ひとつの引き出しに靴下だけだとスペースが余ってしまうので、下着も一緒にしまう方もいますよね。

一緒にしまっているうちに、靴下と下着がまざってしまい、ぐちゃぐちゃになりませんか?

そういう場合は、仕切り版を利用するのがおススメです。

靴下と下着の間に仕切り版を置くことで、洋服がまざらずに綺麗に収納できます。

タンスのサイズに合えば100均などのカゴを使うのもおススメです。

色ごとに並べていく

少し上級テクニックですが、洋服は色ごとにしまっていくと綺麗に収納出来ます。

見た目のスタイリッシュさはもちろんですが、色ごとに分ける事で着たい服を選ぶ時の時短にもなるんです。

今日は、赤が着たいと思ったら赤のゾーンが好きな服を選ぶことが出来るので、すごく便利。

色移りしやすい物も色ごとに分けて置けば、その心配がなくなるのでおススメです。

ちなみに色の順番は、虹色のイメージ。

絵の具や色鉛筆のように、明るい色から暗い色の順番で入れていくのがコツです。

まとめ

  • 洗濯物を上手にたたむメリットはいっぱい
  • たたむ順番のコツは、種類分けすること
  • 洋服のたたむコツを掴んで、収納上手に
  • 3つの収納術でスタイリッシュな収納を

洗濯物をたたむ作業は、ちょっとしたコツを掴むことで楽しい作業になります。

効率的なやり方で、家事の時間を節約しちゃいましょう。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ