Windows7で画面の明るさ・光量を調整する方法

Windows7 画面 明るさ

パソコン作業をしていると、その光に疲れることありませんか?

最近のディスプレイは大きかったり解像度が良かったりして、より一層画面がまぶしいなぁと思うようになりました。
(画質とかはきれいですごくいいんですが。)

そこで今回は、パソコン画面の明るさを変更する方法をご紹介します。

-----スポンサーリンク-----

画面の明るさを調整する

私が使っているWindows7の説明になりますが、他のOSでも基本的な部分は同じだと思います。

Windows10での変更手順はこちら

やり方としては、

スタートボタン(Windowsロゴマーク)

コントロールパネル

ハードウェアとサウンド

画面の明るさの調整

で明るさを変更できます。

「明るさの調整」がないときは

しかし、私の場合なぜか上記の手順では「画面の明るさの調整」ってとこが出てこなかったんですよね。

なので、当記事では別手順もご紹介しておきます。

まず、スタートメニューの検索欄から「ディスプレイの色の調整」というところを探してクリックします。

ディスプレイの色の調整

「次へ」をクリックするといろいろ説明?が出てくるので、「次へ」を押しておけば大丈夫です。

ガンマの調整

すると「ガンマの調整」っていうのが出てくるので、左側の矢印を上にすれば明るく、下にすれば暗くすることができます。

あとはコントラストを調整したりして、「完了」をクリックすれば、画面の明るさの変更完了です。

ディスプレイの光対策

画面の光量以外に、ブルーライトカットの眼鏡を使用することで、パソコンによる目の疲れの軽減が見込めます。

私の場合はもうこの眼鏡が無いとパソコン作業は出来ません(笑)。

普通の透明なレンズでもいいのですが、それでも眩しいという方は少し色が入っているものがお勧めです。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ