マルチーズの年齢換算!人間で言うと何歳?出産はいつまでOKなの?

マルチーズ 年齢

犬は、人間とは違うスピードで生きています。

子犬のうちは特にものすごいスピードで時間が経過し、成長してしまいます。

そんなに急がないでほしいと願いますが、そればかりはどうにもなりません。

ワンちゃんの時間の早さを把握して、飼い主として健康管理やその年齢にあったライフステージを作って上げましょう。

-----スポンサーリンク-----

マルチーズの年齢換算表

小型犬 人間でいうと何歳
1ヶ月 1歳
2ヶ月 3歳
3ヶ月 5歳
6ヶ月 9歳
9ヶ月 13歳
1歳 17歳
1歳半 20歳
2歳 23歳
3歳 28歳
4歳 32歳
5歳 36歳
6歳 40歳
7歳 44歳
8歳 48歳
9歳 52歳
10歳 56歳
11歳 60歳
12歳 64歳
13歳 68歳
14歳 72歳
15歳 76歳
16歳 80歳
17歳 84歳
18歳 88歳
19歳 92歳
20歳 96歳

1ヶ月〜9ヶ月

生まれて1ヶ月ですでに人間の年でいえば1歳になります。

3ヶ月で5歳。
6ヶ月で9歳。

この時期が1番著しく心も体も成長する大切な時期です。

健康な体を作るため、質の良い栄養価の高いフードをたくさん食べさせ、社会化として、いろんなものを見せたり触れさせることをする時期です。

犬にも反抗期が?

また9ヶ月は人間でいう思春期です。

知ってました?
ワンちゃんにも反抗期が存在します。

ずっといい子でいうことを聞いてくれていたのに、突然おすわりをしなくなったりちゃんと完璧だったトイレもわざと失敗したり。

人と同じです。
慌てず叱らず、「無視」です。

いずれ落ち着きます。

1歳

人間で言えば、17歳。

1番エネルギーに溢れ、見るもの聞くもの全てが新鮮で、毎日が新しい発見ですよね。

この時期は、だんだんと太るワンちゃんは太ってきますので、散歩や運動で体を動かすようにし、食事管理が必要になって来ます。

1歳半

人間で言えば、小型犬は20歳になります。

まだまだ若く、この時からシニア犬になってもしっかり歩けるように、足腰を鍛えておく必要があります。

2〜4歳

人間で言えば、23〜32歳までの1番安定している時期になります。

いろんなことを学習し大人になり、飼い主の私たちともどっしりと向き合う余裕を持てる年齢です。

子犬のヨチヨチ時代も可愛かったですが、言ったことを理解してもらえるこの時期のワンちゃんは本当に頼もしく、まさに、パートナーと思えます。

5歳〜10歳

人間で言えば、36〜56歳までの中年期になります。

人と同じ。
少しずつ、今までどんな生活をしてきたかで、体に異変が起きてくる時期です。

でも、何かの疾患が出てきても、まだ遅くはありません。

生活習慣を見直して改善できることはさせ、この年齢になったら年に1回は検診を受けるように心がけましょう。

11歳

人間で言えば、還暦(60歳)です。

ぜひ還暦のお祝いをしてあげてください。

11歳を迎えるみなさんのワンちゃん、うちのわんこはどんな可愛い年寄りになっているのでしょうか。

このころになると、どんなに大型犬より年老いるのはゆっくりという小型犬でも、少し老いが見てわかるようになってきます。

ワンちゃんの体力によりますが、無理は禁物。

トリミングなどサロンに行く回数も減らすなど、あまり疲れるようなことは避けるようにしましょう。

16歳

人間で言えば、長寿(80歳)になります。

ここまで一緒に生きてくれたワンちゃんを心から祝ってあげたいですよね。

16歳といっても、まだまだ元気なワンちゃんはたくさんいます。

ワンちゃん社会も最近では、高齢化でどんどん長生きをしています。

ただ、80を過ぎると、やはり無理はできません。

ワンちゃんの体力によっては、ずっと歩いての散歩ではなく、少し歩かせ、抱っこして休ませ。の繰り返し散歩に切り替えをしましょう。

17歳〜

人間で言えば、84歳から・・・ここまで長生きしてくれたワンちゃんに感謝し、とにかくあとは我が儘だろうが、何だろうが、好きにさせてあげたいです。

出産は何歳まで?

一般的には出産に適した年齢は2〜5歳までと言われています。

あとは、出産と出産の間をある一定期間空けてから、次の出産をする・しないで、ワンちゃんへの体の負担がだいぶ違ってきます。

実際は6歳以上でも出産は可能ですが、ワンちゃんへのダメージが大きく、難産にもなりやすいため、出産はさせない方がいいとされています。

愛犬に長生きしてもらうために

自分の最愛のワンちゃんには、化け物か?!と言われるくらい、長生きして欲しいですよね。

「どうしたら長生きしてもらえるか」飼い主にとっては、永遠のテーマな気がします。

間違いなく言えることは、「体にいい食事」「適度な運動」「ストレスを溜めさせない」「飼い主からのたくさんの愛情」

これらは最低条件です。

あとは、飼い主さんがワンちゃんのちょっとした変化も見逃さない観察力と、毎年の検診。

これだけでだいぶ違ってくるはずです。

こちらの記事も参考にしてください

まとめ

  • 犬の時間は人間の時間よりすごく早く過ぎる。
  • 生まれてから9ヶ月まではワンちゃんにとって1番大事な成長期。
  • 5歳から人間でいう中年になります。
  • 16歳で、人間でいう還暦を迎えます。
  • それぞれのワンちゃんの年齢に合わせて、食事や運動管理を考えましょう。
  • マルチーズの出産は2〜5歳まで。
  • 長生きの秘訣「体にい食事」「適度な運動」「ストレスを溜めない」「飼い主からのたくさんの愛情」

どんなに小さくて、いつまでたってもあどけないワンちゃんも、認めたくありませんが、着々と年は取っているのです。

「あの時ああしてあげれば良かった」「一緒にもっとかけっこすれば良かった」など、そんな後悔しないために、今、ご自身のワンちゃんが元気で走り回れる時に、いっぱいいっぱい遊んであげてください。

私もそう毎日思い、わんことの時間を大事にしています。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ