マルチーズのお風呂の入れ方・洗い方・風呂上がりの注意点など

マルチーズ 風呂

みなさん、ワンちゃんをお風呂に入れてあげる頻度はどれくらいですか?

お風呂が大好きなワンちゃんなら、洗ったり乾かしたりの作業はありますが、さほど苦ではないですよね。

でも、お風呂嫌いなワンちゃんを洗うのは、飼い主さんの体力かなり消耗します。

うちのわんこがお風呂嫌いなので、洗ってあげる日は飼い主の私は相当疲れます。

今回はそんなワンちゃんのお風呂についてまとめてみましたので、参考にしていただければ幸いです。

-----スポンサーリンク-----

マルチーズにとってのお風呂の必要性

マルチーズに限ったことではありませんが、犬は定期的に洗ってあげる必要があります。

まずワンちゃんは、しばらく洗わない日が続くと、被毛の表面がベタついてきます。

これはワンちゃんから出る脂ですよね。

これは匂いの元にもなるのですが、いろんなものを吸収してしまう糊のような役割をしてしまうんです。

ワンちゃんにとって

室内を歩き回ることによって、室内のハウスダストをワンちゃんは被毛で全部吸い取ってしまっているわけです。

また、散歩で外に出た時は、さらに外で花粉や埃を吸い取ります。

それを放置していくと、ワンちゃんはどんなに毎日ブラッシングしてもらっていても、皮膚炎を起こしかねませんよね。

人にとって

人にとっても、いろんなものを吸収しているワンちゃんが、その体で家中ゴロゴロしてしまうと、やはり衛生的にもよくありません。

飼い主さんがアレルギーを起こしてしまうことも。

こういった不衛生な環境を作らないためにも、定期的なお風呂は必要不可欠なんです。

マルチーズは特に白いので、汚れてくるとすぐわかります。

お風呂に入れる頻度は?

よく言われているのが、「ワンちゃんは頻繁に洗わない方がいい」「月に1〜2回で十分」なんていいますね。

でも、これはそのワンちゃんによるのと、季節によっても違うんです。

皮膚が弱い、アレルギー体質のワンちゃん

界面活性剤を一切使わない、良質なシャンプーで頻繁に洗うのがいいです。

おすすめシャンプーはこちら

うちのわんこがこのタイプなんですが、獣医さんのアドバイスで、先ほどもいっていた通り、ワンちゃんの毛はあらゆるものを吸収します。

そのため、ワンちゃんにとってのアレルゲンも毛にくっついていることもあり、それを放置することにより、アレルギー反応が起きるというわけです。

なので、皮膚にとにかく優しいシャンプーを使い、アレルゲンを常に洗い流すことは、シャンプーをすることへの負担よりメリットが大きいとのことです。

アレルギーがひどい春などは週に1回のシャンプーでもいいのではないでしょうか?

アレルギーがない健康なワンちゃんでも

全くアレルギーとは無縁のワンちゃんでも、やはり2週間に1回は洗ってあげましょう。

マルチーズは白いので汚れが目立つということもありますが、シングルコートなので、ダブルコートのワンちゃんより毛は薄いです。

皮膚までも汚れることを防ぐためにも、定期的にシャンプーをしてあげた方がいいですね。

お湯の温度はどれぐらい?

お湯の温度は、37〜38度が適温とされています。

人の手で計ったとき、「もう少しあったかくても」という温度が適温です。

ハァハァとパンディングするようでは熱すぎます。

また、夏だからといって冷たい水は、心臓に負担がかかりますのでやめましょう。

人だって冷たい水でシャワーは浴びないように、ワンちゃんだって、冷たいと感じます。

マルチーズの体の洗い方

どんなシャンプーを使えばいい?

シャンプーですが、たまに白い毛の犬用シャンプーは、よく見ないと漂白剤(ブリーチ剤)が配合になっている、恐ろしいものがあります。

そういう類のものは、被毛にも皮膚にも良くないですし、万が一目に入ったら大変です。

ちゃんと成分を見て、安全なものを選んでください。

おすすめシャンプーはこちら

ブラッシング後、シャワー

ワンちゃんをブラッシングし、その後、バスルームに誘導します。

まずはシャワーで体を優しく濡らします。

シャワーを嫌がる場合は、スポンジや小さいタオルを使って、静かに体にお湯をかけて濡らします。

シャンプーの順番は?

適量のシャンプーを洗面器などに入れ、少量のお湯で溶かします。

スポンジを使い、モクモクの泡を作ります。

できた泡を、まず、ワンちゃんの背中に乗せ、優しく指の腹を使い洗っていきます。

背中→お尻→お腹→手足→顔の順番で優しく静かに洗います。

特に顔を洗ってあげる時は、目にシャンプーが入らないように気をつけましょう。

泡のすすぎ方

すすぎは、顔から優しく始めます。

おそらく顔にシャワーは嫌がると思うので、スポンジやタオルを使って、すすぎ残しないように、十分に洗い流します。

体も同じように、シャワーを嫌がるなら、スポンジやタオルを使って洗い流します。

お風呂に入れる時のポイント

とにかく、ワンちゃんに恐怖心を植えつけないことが大事です。

お風呂=怖いと思われたら最後。

毎回のお風呂が戦いになってしまいます。

風呂上がりにやること

ドライヤー前にすること

ワンちゃんのお風呂後は、最終的にドライヤーで乾かすのですが、大抵のワンちゃんはドライヤーの時間、じっとしていることを嫌います。

極力嫌な時間を短縮してあげるために、タオルドライで7〜8割乾かしてあげます。

また、シャワー中、耳に水が少なからず入っていますので、コットンボールを使うなどして耳の水分を拭き取ります。

ドライヤー中

ドライヤーでただ乾かすと、ワンちゃんのけは絡まりますし、下手すると毛玉になります。

ブラッシングしながら乾かすことを忘れないようにしてください。

まとめ

  • マルチーズにお風呂は必要です
  • アレルギー持ちのマルチーズは、週1のシャワーでも大丈夫です。そうでない場合でも、2週間に1回はお風呂に入れてあげましょう。
  • お湯の温度は人の手で「もう少しあったかくても」の温度が適温
  • 体の洗い方は、シャワーを嫌がるならスポンジやタオルを使い、怖がらせないこと
  • お風呂上がり、ドライヤー前に十分タオルドライをし、ドライヤーをしながらブラッシング

ワンちゃんのお風呂。

お風呂好きのワンちゃんはどんなに楽に洗ってあげられるでしょう。

羨ましい限りです。

怖がりなうちのわんこですが、苦戦しながらでも、洗ってあげるとフワッフワっでいい匂いだし、わんこ自身もまんざらではない様子。

みなさんのワンちゃんも、どうぞあの手この手で綺麗にふわふわにしてあげてくださいね。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ