お家で出来るマルチーズの耳掃除・耳毛のカットの仕方簡単2ステップ

マルチーズ 耳掃除

みなさんご自身のワンちゃんのお手入れする時に、定期的に耳のお手入れしていますか? 

マルチーズは全身のブラッシングが毎日必要なのと、顔周りの清潔を保たないといけないなど、サロンに連れて行く以外に、飼い主さんがしなければならないケアが結構あるのです。

手のかかる子ほど可愛いって言います!

今回は、耳のお手入れについてご紹介します。

-----スポンサーリンク-----

マルチーズの耳の特徴

まず、マルチーズの耳は垂れ耳です。(稀に立ち耳のマルチーズもいます)

耳が垂れているぶん、油断すると中に湿気がこもってしまい、耳の炎症を起こす原因になります。

そして、マルチーズのようにマズル周りの被毛が長く生えている犬種(トイプードル、シーズー、ヨーキー、シュナウザーなど)のワンちゃんは、耳の中にも毛が生えています。

それを放置していると耳の乾燥を邪魔してしまいます。

ただ、例え垂れ耳でも立派な犬なので、立ち耳のワンちゃん同様耳はいいですよ。

聞こえないように静かに開けたお菓子の音も聞き分け、どこからか必ず走り寄ってきます。

耳掃除の必要性

マルチーズの耳は垂れ耳のため、湿気がこもりがちになります。

そのため、菌類が増殖しやすくなり、立ち耳のワンちゃんに比べ、耳のトラブルが多いのです。

また、先でも紹介したように、マルチーズの耳の中には毛が生えています。

そういった毛を定期的に抜くなどしてあげないと耳の中が乾燥せず、それも耳のトラブルの原因の1つになります。

マルチーズは他の犬種のワンちゃんと少し違う耳を持っているので、ケアをしてあげる必要があるのです。

耳掃除のやり方2ステップ

耳掃除に関しては、そのワンちゃんの耳が汚れる頻度や、耳のトラブルがすでにある、なしでも方法が変わってきます。

耳掃除は、健康な耳にやり過ぎても、逆に耳に負担となり炎症の原因になるので注意が必要です。

まず、飼い主の私たちができる耳掃除の方法を紹介します。

耳の中の毛の処理

耳の中をチェックして、毛がどれくらい生えているかをチェックします。

素人の私たちが全ての毛を抜いてあげようと無理をすると、ワンちゃんの耳に負担をかけてしまってはいけないので、完璧に綺麗にするのは、獣医さんかトリマーさんに任せるとして、手が滑らないように、イヤーパウダーを使うなどして、いくらか抜ける分の耳毛を抜きます。

(鉗子を使いこなせるなら鉗子を使ってもOKです)

トリマーさん曰く、耳の毛を抜く時ゆっくりやってしまうと、逆に痛いのかワンちゃんもビビってしまうことがあるので、毛を掴んだら勢いでグイッと抜いてしまうと、痛みがないのか、ワンちゃんはケロッとしていることが多いので、コツはグイッと勢いで抜くことです。

耳垢のチェック

ティッシュを適当に裂いて丸めるか、裂いたティッシュを人差し指に巻きつけるか、コットンボール(カット綿)を適当な大きさに丸めるかして、耳の中を優しく拭き、耳垢チェックをします。

この時、綿棒は使わないようにします。

綿棒だと先が細すぎるので、汚れを奥に押し込んでしまう可能性があるので使いません。

ここでいくらか耳垢がティッシュについた場合ですが、完璧に綺麗になるまで拭き続けると、耳にかなり負担がかかるので、完璧に綺麗にする必要はありません。

また明らかに耳垢が通常と様子が違う場合は、自分で何とかしようと思わず、獣医さんに診てもらいましょう。

耳掃除の頻度は?

基本、私たちがする耳のケアは以上です。

大体1週間に1回を目安にチェックと掃除をします。

耳垢をチェックした時に、通常の耳垢の色は白〜薄い黄色ですが、それ以外の色だったり、耳の中が臭うようなら、病院へ連れて行き、獣医さんに診てもらうことをおすすめします。

耳の中の炎症はひたすら掃除しても、自然治癒はせず、逆に悪化を招きます。

-----スポンサーリンク-----

イヤークリーナーの使用に関して

イヤークリーナーに関しましては、賛否両論あります。

私が通っている獣医さんのアドバイスは、健康な耳にイヤークリーナーを使うと、どうしてもクリーナーが耳に残り、それがかえって耳の炎症の原因になることもあるので、健康な耳には必要なしということです。

耳にトラブルを抱えているワンちゃんは、獣医さんの指導のもとでのケアになると思うので、イヤークリーナーの使用は、私はおすすめしません。

もしどうしても使いたい場合は、コットンボールなどにクリーナーを湿らせ、拭ける範囲のところを拭くに留めるようにします。

まとめ

  • マルチーズの耳は垂れ耳で、耳の中に毛が生えているため、湿気がこもりやすいです。
  • マルチーズの耳は形上、トラブルを起こしやすいので定期的な耳掃除が必要です。
  • 耳掃除は1週間に1回、できる範囲で耳の毛を抜き、優しく耳の中を拭いて耳垢をチェックします。
  • イヤークリーナーは、使ってもクリーナーが耳の中に残る可能性があるため、おすすめはしません。

マルチーズは確かに、立ち耳のワンちゃんたちに比べて、耳のトラブルは多い方かもしれません。

でも、定期的に耳の毛を抜いたり、耳垢チェックをすることで、耳の疾患などを防ぐことができます。

ケアもそれほど時間がかかることでもないので、ぜひ、スキンシップの一環として定期的にやってみてください。

合わせて読みたい関連記事

1件のコメント

  1. […] ◆もっと詳しく:お家で出来る耳掃除・耳毛のカットの仕方簡単2ステップ […]

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ