マルチーズの耳が立ってる・茶色い・臭いのは病気?原因と対処法

マルチーズ 耳

マルチーズの特徴の1つが可愛い垂れ耳ではないでしょうか。

耳の部分の被毛をロングにしていてもショートにしていても、歩くたびパタパタ動くその様は、見ていて飽きない犬バカ度をアップさせます。

そんな愛らしい耳なのですが、時としてトラブルを招きます。

今回はマルチーズの耳の形(位置)や起こり得る耳のトラブルに関して紹介していきます。

-----スポンサーリンク-----

通常の耳はこんな感じ

同じ犬種のマルチーズでもそれぞれ大きさも顔も、場合によっては毛質も千差万別です。

ただ、国際畜犬連盟(ケネルクラブFCI)で定められているスタンダードの条件はあります。

それでいくと、マルチーズの耳は垂れ耳で、耳の位置は横に低くついていて、豊富な被毛で覆われているとあります。

耳が立っている原因と対処法

たまに、マルチーズの耳が立っているワンちゃんがいますね。

おそらく、耳の位置が通常のマルチーズより高い位置にあることが1番の原因と思われます。

また、耳の被毛を短くカットしていると余計に、立ってしまいますね。

もし、垂れ耳にしたければ、耳の被毛を伸ばしロングにすることで、重さで耳が垂れることもあるようです。

また、マルチーズの子犬期は耳が立っていることも稀にあり、成長とともに垂れ耳になるようです。

ただ、立ち耳のマルチーズも愛嬌があり、それはそれで可愛いですよね。

耳が茶色い原因と対処法

マルチーズは垂れ耳をしているので、定期的に耳掃除をしていると思うのですうが、そのとき、耳垢がいつもより茶色いと気づくことはありませんか?

普通でも耳垢は多くはないものの、若干黄色味を帯びた耳垢がワンちゃんにはあります。

それが茶色くなったり、色が濃い耳垢になったとき、それは危険信号です。

茶色い耳垢の原因

ワンちゃんには常にマラセチアという酵母菌が、皮膚や耳の中に存在しているのですが、体のコンディションや、耳の中の湿度が異様に高かったりすると、マラセチア菌が異常増殖して外耳炎を引き起こします。

その状態を知る目安が、茶色い耳垢なのです。

ワンちゃんは外耳炎になると耳を痒がりますので、早い対処が必要です。

対処法は?

獣医さんに点耳薬を処方してもらい、正しい回数と日数点耳する必要があります。

同時に、耳の洗浄、耳垢の除去をします。

ただ、耳垢の除去に関しては、獣医さんからのアドバイスとして、素人の私たちが下手にしようとすると、耳垢を奥に押し込んでしまうことがあるので、外耳炎を引き起こしている時などは、プロの獣医さんにお願いをして、洗浄することをおすすめします。

その他の色の耳垢

黄色い耳垢と悪臭がある場合は、細菌感染の可能性があります。

黒い乾燥した耳垢は、耳ダニの感染が疑われます。

-----スポンサーリンク-----

耳が臭い原因と対処法

ワンちゃんの耳にも耳垢は存在しますが、基本的に耳の中は臭いません。

それが、臭ってくるときは、何か原因があることが多いです。

発酵臭がするとき

発酵臭を伴い、茶色い耳垢が見えたときは、おそらくマラセチアによる外耳炎を起こしているでしょう。

飼い主さんの鼻を、ワンちゃんの耳にかなり近づけることなく匂い、ワンちゃん自身も耳を掻いたり、頭を振る仕草をしているときは特に、外耳炎と見て早めに病院へ行きましょう。

獣医さんから点耳薬と、場合によりイヤークリーナーを処方されるでしょう。

獣医さんの指示に従い、耳の洗浄と点耳薬を耳に垂らします。

また、耳の毛があって、常に蒸れている状態などは治りが悪いので、獣医さんにお願いするなどして、余計な毛は抜きましょう。

耳が臭い、耳の中も赤い

耳の異臭だけじゃなく、黄色い耳垢や耳の中も見ると赤くなっている場合は、細菌性の外耳炎になっている場合があります。

こちらもマラセチアによる外耳炎と処置自体は同じですが、点耳薬がマラセチア金と細菌では獣医さんの判断のもと、処方される薬が変わってくるでしょう。

治った後

完全に完治した後は、飼い主さんの日々のケアが大切です。

定期的に耳のお掃除と、耳の中の毛を処理して、乾燥させるように心がけましょう。

再発させないことが重要です。

まとめ

  • マルチーズの耳のスタンダードは、マルチーズの耳は垂れ耳。耳の位置は横に低くついていて、豊富な被毛で覆われていること。
  • 立ち耳のマルチーズは、耳の位置が高いことが原因。被毛を伸ばすことで、重みで垂れ耳になることがあります。
  • 子犬期は耳が立っていても、成長とともに垂れ耳になります。
  • 耳垢は通常薄い黄色です。色がつく耳垢は要注意です。
  • 耳が臭うときは、様々な原因から起こる外耳炎のこともあり、その際は、獣医さんの指示に従い治療します。

ほとんどのマルチーズは、垂れ耳をしていると思いますが、立ち耳のマルチーズもぴょんと立って、ヘアスタイルによってはウサギのように見えます。

いずれにせよどっちも可愛いマルチーズなのですが、耳はデリケートなので、飼い主さんが定期的にチェックしてあげる必要があります。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ