マルチーズが白目になる原因は?かかりやすい病気の白内障とは?

マルチーズ 目

ワンちゃんにはいろんな犬種がありますよね。

大きさや被毛の色や質、シッポの形、様々なものが同じ犬は犬でも全く違うのです。

そして、ワンちゃん達、目の形も違うってご存知ですか?

アーモンド型、三角型、丸型とあります。

さて、マルチーズの目はどの型でしょうか。

-----スポンサーリンク-----

マルチーズの目の特徴

マルチーズの目は丸型になります。

全身が真っ白い被毛にまん丸い黒い大きな目は、大きなボタンがそこのあるようで、それがまたマルチーズの可愛さの1つでもあります。

知っていますか?

マルチーズはまつ毛まで真っ白なんですよ。

犬の目には〇〇が無い

そんな可愛いワンちゃんの目ですが、私たちとの最大の違いは、下まつげがないのです。

人は上下のまつげを使い、うまくホコリやごみから目を守っているのですが、ワンちゃん達の目はそうではなく、瞼の内側に瞬膜という膜があり、瞼を閉じた時、瞬膜が目を覆って守るようになっています。

白目になる原因は?

シニアのワンちゃんで、たまに黒目がうっすら白く濁っているのを見たことがありませんか?

人と同じ、白内障が原因なんです。

人間が年老いてくるとよく、「白内障」になるといいますが、ワンちゃん達も同じなのです。

同じように、年をとると瞳孔の奥の水晶体のタンパク質が変化し、白く濁ってきます。

人ではあまり見た目ではわからなかったりしますが、ワンちゃんの場合、見た目でうっすら黒目が白く濁って見えてくるのです。

この白内障、マルチーズでは結構なりやすい疾患と言われています。

また、白内障は基本的に老化と同時に発症する場合が多いのですが、稀に遺伝等の原因で、2歳以下のワンちゃんでも起きることがあります。

もしくは、外的要因からなることも。

白内障の原因

まず、なぜ白内障になるのでしょうか。
原因は何でしょう?

加齢によって起こることが1番多いです。

これを「加齢性白内障」といいます。

他に、生まれつき水晶に濁りがあったりする先天的な白内障を「先天性白内障」といい、遺伝的に問題があり、生後数ヶ月〜数年経ち発症した白内障を「若年性白内障」といいます。

また、もともと他の疾患(例えば、超尿病、ぶどう膜炎、低カルシウム結血症など)を持っていてそれが引き金で白内障になる場合もあります。

そして、がん治療で行った放射線なども原因の1つとされています。

最近では、紫外線が原因の1つということもわかってきました。

白内障の対処法

目の保護に努めること

目の保護に関しては、例えば特に、真夏の日中のように日差しが強い日は、紫外線も強いです。

目を保護するために外に出るときは、ワンちゃん用のサングラスをするとか、その時間は極力外に出ないなど心がけが必要になります。

顔のお手入れ

マルチーズはよく涙やけを起こすように、涙が止まらないワンちゃんも多いです。

そうなると、目の周りが常に濡れた状態で、ばい菌が増殖し目に炎症を起こしやすくなります。

そういう余計なリスクを避けるために、涙やけを起こしている場合は特に、顔のお手入れを毎日マメにするようにし、目の周りの清潔を保ちましょう。

涙やけについてはこちらを参考にしてください

少しの変化も見逃さない

ワンちゃんのブラッシングの時などに、いつもと何も変化はないか、全身含め目もチェックするようにしましょう。

例えば、目の色に変化はなくても、ものにぶつかりやすくなった、前よりも何かビクビクしている、つまずくなどの変化が見られた時は、迷わず病院へ連れて行きましょう。

白内障の治療法

人の白内障と違い、ワンちゃんの場合の外科治療は、かなり高度な技術が必要で、ワンちゃんへの負担も大きく、一般的ではない治療法になります。

なので、わんちゃんの白内障への治療は、完治を目指す治療ではなく、進行を遅らせるための対処療法として、目薬の点眼がメインの治療になります。

早期で発見し、目薬を開始した場合、視力を失うことは防げることが多いので、いかに普段のチェックが大事かわかりますよね。

目のケア方法

少しでもワンちゃんの目を健康にいろんなリスクから守るためにどんなケア方法があるでしょうか。

毎日、顔のお手入れは怠らないこと

毎日、顔を綺麗にしてあげることが大切です。

特に、涙が多いワンちゃんの場合、ばい菌が繁殖しやすい環境ですので、気づいたら涙を拭くなどして、乾燥を心がけましょう。

定期的なトリミング

マルチーズは定期的にトリミングをしないと、被毛が伸び続けます。

それは体だけじゃなく、顔も同じなのです。

そのため、ちゃんと手入れをしてあげないと、伸びた被毛が目に刺さることも。

そうなると、ワンちゃん自身がそれをどけようとして、目を掻いてしまったり、刺さった被毛自体が原因で、炎症を起こしたりします。

そのため、こまめに顔だけは、伸びたら飼い主さん自身でカットしてあげるなどし、目の周りの被毛の処理をしましょう。

トリミングについてはこちらを参考にしてください

目にいいサプリメント

サプリメントは、薬ではないので、飲んで間違いなく効果を発揮するかは100%ではありませんが、栄養補助食品として、取り入れてもいいかなと思います。

まとめ

  • マルチーズの目は丸型です。
  • たまに見る黒目が白く濁ったワンちゃんの目は白内障が原因です。
  • 白内障になるのには、加齢が原因の場合と遺伝、または外的要因が原因でなる場合があります。
  • 対処法は、ちょっとした変化も見逃さないことと、顔周りの清潔を保つこと。
  • 白内障の治療は、基本は目薬の点眼。
  • 目のケアを毎日しましょう。

全シニアのマルチーズが必ずなるわけではありません。

でも、日々の生活の仕方の積み重ねで、知らないうちにリスクになるような生活はしたくありませんよね。

防げるものは飼い主の手で防ぎ、いつまでもキラキラの目を守ってあげたいですね。

合わせて読みたい関連記事

1件のコメント

  1. […] ◆もっと詳しく:白目になる原因は?かかりやすい病気の白内障とは? […]

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ