マルチーズの毛の色は?茶色になる・毛が抜ける原因と対処法

マルチーズ 毛
©thephotoperson

みなさんのマルチーズは真っ白ですか?

全身真っ白で、目と鼻3点だけ真っ黒で、その姿は本当に可愛いですよね。

飼っている人ならわかると思いますが、その綺麗な白さをキープするのって、結構大変なんですよね。

今回は、飼い主のケアも虚しく真っ白い毛が茶色くなってしまったり、毛が抜けてしまうなど、毛に関するトラブルを紹介します。

-----スポンサーリンク-----

マルチーズの毛の色は?

マルチーズは、本来写真やネットで見る通り、真っ白い毛が特徴です。

真っ白く輝く細い毛は、絹の糸のようだと言われています。

ただ稀に、一部レモンっぽい黄色がかった白色や、ベージュがかった色のマルチーズも存在します。

ただそれもうっすら色がついているかな?という程度で、ほとんど白に近いです。

毛色が茶色になる原因と対処法

よくあるのが、マルチーズの顔まわりが赤茶色に変色してしまうことです。

稀に手や足も茶色くなってしまっているワンちゃんも目にすることがあります。

目の周りの変色を「涙やけ」と呼び、口周りの変色を「よだれ焼け」といいます。

原因は何だと思いますか?

考えられる4つの原因

食事等のアレルギー反応で涙が溢れて常に目の周りが濡れた状態になるため、細菌やバクテリアが増殖して変色してしまう。

生まれつき涙管などに問題があり、涙が溢れて目の周りが濡れた状態が続くため。

マラセチアは、もともと常在菌であるのですが、ワンちゃんお抵抗力が下がっている時など増殖します。

そうなると、マラセチア外耳炎などになったりするのですが、同時に、そういう状態の時に手足をよく舐めるようなワンちゃんだと、よだれからマラセチア菌が毛につくようで、赤茶色く毛が変色してしまいます。

ご飯の後や、よだれを綺麗に拭かないと口周りが赤茶色く変色します。

対処法4つ

涙が流れる原因を突き止めましょう。

涙管などに問題がある場合は、手術で通りをよくするか、顔のマッサージや温タオルで温めるなどして改善に努めます。

原因が食事等のアレルギーだった場合、動物病院にある療法食に替えるのも方法ですし、思い切って手作り食に替えるのも手段の1つです。

アレルギーが原因での毛の変色は、原因が取り除かれるまで続くことですので、根気よく改善努力をする必要があります。

手足が赤茶色く変色している時は、念のため、病院でマラセチアの検査をして見てください。

特に耳の中はわかりやすいと思います。

よだれ焼けは、毎食後、面倒でもわんちゃんの口周りを拭いてあげるようにしましょう。

濡れている状態は菌が増殖するのでよくありません。

-----スポンサーリンク-----

毛が抜ける・薄い原因

マルチーズはもともと被毛がシングルコートなので、ダブルコートのワンちゃん、例えばポメラニアンやチワワと比べれば、全体的に被毛のボリュームはない方です。

そして、基本的に抜け毛はありません。

なので、ある日突然、抜け毛がひどくなったとか、見るからに毛が薄くなってきたという時には注意が必要です。

毛が抜ける・薄くなる原因

抜け毛の原因は、アトピー性皮膚炎の場合、ダニやノミによる皮膚炎、ホルモン異常、真菌や最近による感染症が考えられます。

時には人と同じように、ストレスで脱毛することもあります。

そして、あって欲しくありませんが、栄養不足でも脱毛します。

痒がる場合

ワンちゃん自身が気づくと体を掻いていて、飼い主さんが皮膚のチェックをすると、毛が抜けていたり、薄くなっている場合、これは大抵、アトピー性皮膚炎や、ダニやノミの皮膚炎、真菌や細菌に夜皮膚炎によることが多いです。

痒がらない場合

ワンちゃん自身、特に痒がることもなく、飼い主さんがたまたま毎日のブラッシングで、毛が抜けやすくなっているとか、薄くなっていることに気づく場合、ホルモン異常が原因か、ストレスの場合等あります。

対処法

基本は、動物病院に連れて行くことです。

様々なことが原因で起こった皮膚炎であれば、それぞれにあった薬を使うことが大事で、そのうち治ると放置してしまうと、慢性化してしまい、完治に時間がかかります。

また、ワンちゃんも人と同様、痒さは我慢できません。

掻けば掻くほど、脱毛しますし、ひどくなると体全体の毛が抜けて禿げてしまいます。

内分泌系(ホルモン)が原因の場合

単純な皮膚疾患とは違いますので、適切な獣医さんの診断と薬の治療が早急に必要です。

ワンちゃん自身、痒がる様子がなかったりすると、早期発見が少し遅れることもあるかもしれません。

ちょっとの変化でもすぐ気づけるように、毎日のワンちゃんのボディチェックをするように心がけましょう。

まとめ

  • マルチーズの被毛は基本「白色」です。稀にレモン色やベージュもあります。
  • 被毛の一部が赤茶色になる原因は様々ありますが、多いのは被毛が涙や食事時に濡れ、そこに菌が増殖することで変色します。
  • マラセチア菌が原因で被毛の変色が起きることもあります。
  • マルチーズの脱毛は滅多になく、起きたらそれは皮膚疾患かホルモン異常・ストレス、栄養不足です。
  • 原因にあった治療をするため、獣医さんにかかりましょう。

マルチーズは、毛が真っ白な分、体調の変化がすぐ毛の色の変化でわかることがあり、それはそれでありがたいような、そうでもないような。

毎日、顔のお手入れや体をブラッシングすることで、何がスタンダードな状態かわかるようになりますので、ぜひ毎日の手入れをすることをおすすめします。

マルチーズは基本、脱毛がほとんどありませんので、毛が抜けるというのは異常だということを忘れないでくださいね。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ