ペットショップでのマルチーズの値段の相場は〇円!子犬や種類で違うの?

マルチーズ 値段

「犬を飼いたい」そう思ってから、どんな犬種をパートナーに迎えようか、みなさんいろいろ探しますよね?

ネットを見たり、直接ペットショップへ足を運んだり。

そして、自分の運命の愛犬は「マルチーズ」と決めた時、次に何で悩みますか?

どんな子を選べばいいの?
料金は?

などなど、具体的な悩みが出てきますよね。

今回はそんなマルチーズを選ぶポイントや値段の相場をご紹介します。

-----スポンサーリンク-----

マルチーズを飼う前にやっておくべきこと2つ

ワンちゃんは連れて来て終わりではないんです。

家にやって来たら、できるだけすぐに家に慣れ、居心地良い場所になってもらうため、揃えておくべきものや、万が一の病気や怪我に備えてどうしようか決めておく必要があります。

新しく家族が増えるのは楽しい反面、いろいろな責任も生まれます。

準備は完璧にしたいものです。

最低限、必ず必要なもの

  • ゲージ(お留守番させる時や、トイレトレーニングに役立ちます)
  • ベッド(ワンちゃんにも専用の寝床が必要です)
  • トイレ
  • ドッグフード
  • おもちゃ

これらは、マルチーズが家に来てからでは遅いので、ワンちゃんを迎える前までに準備が必要です。

ワンちゃんの保険はどうしますか?

これは、飼い主さんの考え方次第ですよね。

ワンちゃんは人と違って、病院に行ったら100%飼い主さん負担で支払いが発生します。

ワンちゃんの保険は、子犬のうちに入った方が、掛け金も安く済みます。

また、いろんな会社からさまざまなプランがありますので、見比べて検討することをおすすめします。

上限いくらまでがカバーされ、疾患、ケガ全てに適応なのかそうじゃないのかなど。

ワンちゃんは、一生病院の世話にならないのが1番ですが、おそらくそんなワンちゃんはいないので、思い切って保険に入るか、かかるであろう将来の医療費と毎月の保険の掛け金を計算し、自分でワンちゃん貯金をする方が、堅実と考えるかは飼い主さんが決めましょう。

おすすめのペット保険はこちら

2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション

マルチーズの値段ってどれぐらい?

マルチーズって、だいたい相場おいくらくらいかご存知ですか?

子犬、成犬、血統書付き、それぞれ変わって来ます。

また、小さければ小さいほど、金額はお高くなる傾向があり、男の子より、女の子の方がお高いんです。

プラス、親がチャンピオン犬など血筋がいいと、更に金額は上がります。

購入する場所によっても、価格は違ってくるので、大まかな相場ということでご紹介します。

子犬
(小さめ)
血統書付き
女の子
20万円~
子犬
(小さめ)
血統書付き
男の子
15万円~
子犬
(スタンダード
~大きめ)
血統書付き
女の子
子犬
(スタンダード
~大きめ)
血統書付き
男の子
10万円~
6ヶ月以上
~成犬
血統書付き
男女共
~10万円

どんな子を選べばいいの?

具体的に、ではどんなワンちゃんを選んだらいいでしょうか?

まず大事なのは、健康なワンちゃんが1番です。

見た目は?

目の周りが綺麗かどうか。
目やにで汚れている場合は、目に疾患があるかもしれません。

そして、耳の中が汚れていないか。

また、ワンちゃんは基本的に肛門は排便した後も綺麗なんです。

それが汚れているということは、下痢をしてしまった可能性もあり、何か原因があると思われるので注意が必要です。

触ってみた反応は?

抱っこさせてもらった時の反応はどうですか?

あまり喜ばなかったり、嫌がるようであれば、体のどこかが痛い可能性もあります。

本来、子犬は特に全てに興味津々で活発なはずですから、あまり動かないワンちゃんは注意が必要かもしれません。

美男美女を求めるなら

マルチーズの基準は、両目と鼻を直線で結んだとき、正三角形になるのがいいんだそうです。

また、耳の位置はあまり高すぎず、目の平行線にあるのが好まれます。

ペットショップ以外での入手方法

ブリーダーから

ペットショップが1番お手軽な方法かもしれませんが、それ以外にも専門のブリーダーさんから譲り受ける方法もあります。

もしかしたら、近所にはブリーダーさんはいないかもしれず、遠方まで出向かなきゃならないかもしれません。

でも、専門のブリーダーさんはペットショップと違い、本当にその筋のプロです。

まして、マルチーズに特化してブリーダーをなさっているところなら、間違いなく健康なワンちゃんプラス、育て方を指導してもらえるでしょう。

ペットショップとはまた違う良さがブリーダーさんにはあります。

保護犬を引き取る

または、保護犬を引き取る方法も1つです。

成犬がほとんどになるかもしれませんが、新しい飼い主さんを待っている、ワンちゃんたちがたくさんいます。

そういうワンちゃんをパートナーに迎えるのも素敵だと思います。

まとめ

  • マルチーズを迎える前に、身の回り品などは準備しましょう
  • ワンちゃんの保険に加入するかどうか決めましょう
  • マルチーズの相場はだいたい15万円〜
  • 健康なマルチーズを選ぶには、顔まわりとお尻チェック
  • 抱っこした時、子犬らしく活発なワンちゃんがいいです
  • 顔は目と鼻を結んで正三角形になるのが理想
  • ペットショップ以外では、ブリーダー、保護施設から迎え入れできます。

ワンちゃんが家に来る前、ウキウキで準備をして、いっぱいいろんなところに足を運び、最愛のワンちゃんを探すドキドキ。

選ぶポイントは色々ありますが、最終的には飼い主さんがピンと来る子が運命のマルチーズになります。

どうぞビビッとくる子に出会えますように。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ