マルチーズのシャンプーの仕方 頻度や回数は?おすすめはこれ!

マルチーズ シャンプー

マルチーズをシャンプーしてあげる時、皆さん、どんなシャンプーを使っていますか?

頻度はどれくらい?

うちのわんこは、季節や皮膚の状態にもよって回数は変わります。

今回はワンちゃんのシャンプー、何をどうしたらいいかご紹介します。

-----スポンサーリンク-----

シャンプーの必要性

マルチーズは、ほとんど体臭がない犬種なので、シャンプーをそれほどする必要がないように思いますよね。

体臭がないから、シャンプーは必要ないという解釈は間違いなんですよ。

人も体を洗わないと汚れるように、ワンちゃんも日々、ハウスダストや外でホコリやチリを吸って、汚れます。

ワンちゃんの皮膚は、人と比べ3分の1の薄さしかありません。

清潔を常に保ってあげなければいけないのと、皮膚が弱いので、良質なシャンプーを使わなければいけません。

どれぐらいの頻度でやればいいの?

どれくらいの感覚で、ワンちゃんをシャンプーするかですが、そのワンちゃんと季節によります。

皮膚トラブル0なマルチーズ

健康優良児で、全く皮膚トラブルがないワンちゃんの場合、よっぽど外に行って汚れたとかがないのであれば、2〜3週間に1回のシャンプーで問題ないでしょう。

ただし、足回りやお尻は毎日チェックし、汚れていたら部分シャンプーしてください。

皮膚トラブルありなマルチーズ

皮膚トラブルの内容にもよりますが、基本、アレルギーが原因で皮膚トラブルを起こしやすい子は、アレルゲンを皮膚についたままにしないために、頻繁に洗ってあげることが大切です。

ただその時は、皮膚へのダメージを考え、良質な皮膚に優しいシャンプーを使いましょう。

花粉症の時期

季節関係なく、ワンちゃんは定期的にシャンプーをしてあげなければならないのですが、特に注目したいのは、花粉症の時期。

これはワンちゃんのためにもそうですが、一緒に住む家族に「花粉症」持ちがいる場合、散歩でワンちゃんの毛についた花粉を、家に持ち込み撒き散らす可能性があるので、注意が必要です。

だからといって、毎日散歩の度にシャンプーはできませんので、洋服を着せて花粉から毛を守るなど対策をしましょう。

そして、洋服で守りきれない顔などは、タオルで拭くなどを日課とし、春は少し頻繁にシャンプーをするといいです。

ワンちゃんも人も花粉症から守りましょう。

梅雨時期や暑い夏

梅雨時期は本当にジメジメして嫌な季節ですよね。

ワンちゃんたちにとっても、迷惑な季節です。

特にマルチーズのような垂れ耳のワンちゃんに湿気は大敵です。

皮膚トラブルの起きやすい季節なので、ワンちゃんの皮膚の状態を見ながら、シャンプーの回数を調節しましょう。

また真夏の暑い日は、シャンプーでリフレッシュ!

暑いから、ドライヤーしなくてもすぐ乾くでしょう。はいけません。

ワンちゃんはシャンプー後、必ず乾かしてくださいね。

おすすめのシャンプーはこれ!

一言でマルチーズといっても、千差万別でいろいろな皮膚のタイプのわんちゃんがいます。

試行錯誤で、ご自身のワンちゃんに合うシャンプーを見つけてくださいね。

合わないシャンプーを使い続けると、皮膚疾患の原因になるので、注意が必要です。

プロも使うシャンプー「ラファンシリーズ シャンプー」

このシャンプー&リンスは、プロのトリマーさんも使っているところが多く、皮膚の弱いワンちゃんでも問題なく使える、愛犬家の中では有名なシャンプーではないでしょうか。

良質なシャンプーを使うと、マルチーズが持つ絹のような毛は、本当にシルクのように輝きますよ。

ティートリーの匂いが香ります「A.P.D.C ティートリーシャンプー」

オーストラリア製のシャンプーなんですが、無添加の安心できるシャンプーです。

オーストラリアの専門家たちが、犬のためだけに研究して作ったと言われるシャンプーです。

ワンちゃんが通り過ぎる度、ふわっとハーブの香りが漂います。

ティートリーといえば、虫除けにもいいとされるハーブなので、夏、利用するのにいいかもしれませんね。

シャンプーの仕方・注意点など

準備

準備として、被毛をよくブラッシングして、毛玉などないようにしましょう。
(毛玉がある状態で洗うと、濡れると毛玉周りは固まり、切る以外処置できなくなります)

シャンプー

シャンプー剤は、直にワンちゃんの皮膚に乗せてはいけません。

必ず、洗面器などを使い、シャンプー剤を少量のお湯で薄め泡だててください。

そして、その泡をワンちゃんの被毛に乗せて爪を立てず、指でマッサージしていきます。

洗う順番

面積の広い場所から洗います。

背中→お尻→お腹→手足、最後に顔を洗います。

すすぎは

お湯の温度は、人の手で「もうちょっと温かくても」という温度(37〜38度)がベストです。

すすぐ時の順番は、顔からすすぎ、背中、お尻、手足、お腹の順番ですすいで行きます。

すすぎは、シャンプー剤が残らないように念入りにしましょう。

タオルドライとドライヤー

シャンプー後は、必ずタオルドライとドライヤーを使い、完璧に乾かします。

タオルドライで8割乾かすくらいの気持ちで乾かしてあげると、ドライヤー嫌いのワンちゃんの負担が減ります。

水を怖がるワンちゃんは

シャンプーをする方法ですが、ワンちゃんが水を怖がるかどうかで、かなり飼い主さんの苦労レベルが変わります。

水が大好きなワンちゃん以外は、ちょっとしたことで恐怖を覚えてしまいますので、バシャバシャお湯を体にかけないようにすることと、シャワーを怖がるようなら、スポンジや小さいタオルで代用するようにしましょう。

まとめ

  • ワンちゃんにシャンプーは必要です。
  • シャンプーの頻度はそのワンちゃんによってや、季節で変わります。
  • シャンプーはちゃんと成分を見て良質なものを選びましょう。
  • シャンプーは適切な方法で、ワンちゃんに負担がないように要領よく洗いましょう。

ワンちゃんのシャンプーは、そのワンちゃんによりますが、準備から洗って、乾かす作業まで、結構な時間を要します。

そこで、ワンちゃんの「嫌だ」アプローチが加わると、さらに飼い主さんは体力消耗しますよね。
うちもそうです。

水嫌いなワンちゃんは、少しの改善はあっても、水を好きになることはないようです。

怖がらせないことがポイントだと思うので、みなさんもいろいろ工夫して、少しでも早くシャンプーできるように頑張りましょう。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ