マルチーズがしっぽを噛む時の原因と対処法!尻尾が下がるのは何を意味してる?

マルチーズ しっぽ

マルチーズは定期的にトリミングをしてあげないと、永遠毛が伸びてしまうワンちゃんなんです。

手はかかりますが逆に言うと、いろんなヘアスタイルを楽しめるおしゃれ犬でもあるんです。

そんなマルチーズのしっぽ、見たことはありますか?

飼い主さんの好みが分かれるところなんです。

超ロングでエレガントにするか、ある程度短くしてチアリーダーのポンポンみたいにするか。

今回はそんなマルチーズのしっぽについてご紹介します。

-----スポンサーリンク-----

マルチーズのしっぽの特徴

ワンちゃんのしっぽは、飼い主の私たちに意思表示を表す、大事なコミュニケーションツールの1つです。

一言にしっぽといっても、それぞれワンちゃんの犬種によって形が違うのをご存知でしょうか?

まっすぐなしっぽやカールしているしっぽ、ネズミのように短いしっぽ、長いしっぽ、様々です。

では、マルチーズは?

毛の長さによってシルエットが変わる

マルチーズのしっぽはふわふわの毛で覆われているので、なかなかどう言う形か、しっぽ自体を見ることはないかもしれませんが、形は背中に向かって円を描くようにゆったりとカーブしているんです。

なので長い毛のしっぽは、優雅に背中から足元に垂れ下がるようなシルエットができ、短い毛のしっぽは、チアリーダーのポンポンのように、背中の上で歩くたびゆさゆさなるわけです。

しっぽが下がるのは何を意味してる?

ワンちゃんにとってのしっぽは、私たちへのボディランゲージでもあります。

嬉しい時にはしっぽがちぎれそうなくらい、ブンブン振って教えてくれます。

じゃあ、しっぽが下がる時は何のサインでしょうか?

様々なケースがありますが、例を挙げるとこんな時です。

  • さらに腰も落ち気味だと、相当具合が悪いか、不安で怖い時
  • しっぽが完全に足の間に入る位の時は、恐怖感マックス
  • 降参しました。服従します。

と、いろいろな場合があります。

もし、ご自身のワンちゃんのしっぽが下がったら、ワンちゃんの顔とその場の状況を見て、何を言わんとしているのか読み取ってあげてくださいね。

しっぽの振り方でわかる4つの意思表示

ちなみに、しっぽの振り方で読むワンちゃんの意思表示、他にもあります。

シッポをブンブン振る

嬉しい・楽しい時。

しっぽがなぜか中途半端な低い位置で振られている

ただの挨拶の場合もあるし、何か要求がある時に、「お尋ね申していいか?」のサインだったり、構ってちょーだいアプローチだったりします。

しっぽの振りの大小でも意味があるんですよ。

大きい振り

それだけ親しみが深く、嬉しいサイン。

小さい振り

飼い主や家族、仲良しの人に対しては、こんにちはの挨拶の意味があったり、呼ばれて相手を見る時に、「何?聞こえてるよ」のサインだったりします。

逆に、知らない人に対しての小さい振りは、「警戒」を意味する場合もあります。

ワンちゃんと長い付き合いをしていると、そのうちしっぽで会話が成り立つんじゃないかというくらい、彼らはしっぽで会話してきます。

-----スポンサーリンク-----

自分のしっぽを噛む4つの原因

自分で自分のしっぽを追い回し、噛みたがり、永遠ぐるぐる回っているワンちゃんを見たことありますか?

目が回らないのかなと心配になりますが、それ以上に気をつけて止めさせてあげなければならない理由があるんです。

ストレス(運動不足)

どんなに小さいマルチーズも、ある程度の運動が毎日必要です。

散歩も満足に行けない。家の中で遊ぶにも、飼い主さんが相手してくれないなど、ワンちゃんもストレスが溜まります。

結果、自分でどうにも発散できず、自傷行為に走ります。

退屈

これは運動不足とも関係してきますが、家の中にいて留守番が多く、限られたスペースに長時間いると、ワンちゃんもすることがありません。

暇を持て余し、自分のしっぽで遊んでみたら、止まらなくなってしまうことがあります。

不快だから

ノミやダニがしっぽ周り、肛門についていて、痛痒かったりしてついしっぽを噛んでしまいます。

皮膚炎

しっぽにも皮膚が当然あり、アレルギーがあるワンちゃんは、しっぽにまで湿疹ができることがあります。

湿疹ができるとやはり痒いので、噛んでしまいます。

しっぽを噛む場合の対処法3つ

しっぽを追い回して噛み続けることによって、当然しっぽは傷つき、出血を繰り返します。

それでもワンちゃんが止まらなければ、どんなに薬を使っても追いつかず、最悪の場合、化膿してそのしっぽの部分は壊死することになります。

回ってターンをしていて大丈夫?と軽く考えず、必ず原因を突き止め、止めさせなければいけません。

原因が皮膚炎やノミ・ダニなどにある場合

動物病院で適切に処理してもらい、薬を処方してもらいましょう。

治るまでの間、気になってやっぱりしっぽを噛みたがるようなら、かわいそうですが、エリザベスカラーをするなりして、噛むことを阻止してください。

ストレスや運動不足・退屈など、心理的な原因の場合

これは、一部飼い主さんの責任もありますよね。

そこまでワンちゃんを精神的に追い詰めてしまったことを反省すると共に、ストレスを溜めさせないように、運動不足にならないように、毎日散歩をするか、毎日行けない時でも、少なくとも1日に1回何かをしながらではなく、ご自身とワンちゃんだけの遊びに集中した時間を設けてください。

そうすることだけでも、ワンちゃんのしっぽを噛む自傷行為は改善されるはずです。

しっぽを噛むことが癖になってしまっている場合

散歩や運動をさせても、何をしても噛むこと自体が習慣になってしまっているなどの場合、しっぽの噛む部分に、ワンちゃんの嫌いな味のする「ビターアップル」などの害のないでも、マズイ味のするスプレーなどを使用しましょう。

原因を取り除くことが大事

基本的に、しっぽを噛むには必ずと言っていいほど原因があります。

それを解決することで通常は噛まなくなります。

最悪な事態にならないように、ご自身のワンちゃんをしっかり観察して見てくださいね。

まとめ

  • マルチーズのしっぽは背中に向かってカールしています。
  • しっぽはワンちゃんにとってのコミュニケーションツール
  • しっぽが下がるのは、体調が悪いか不安な時
  • しっぽを噛むには理由が必ずあります。(原因は心理的なものか、皮膚疾患が主)
  • 原因を突き止め、止めさせなければいけません。

ワンちゃんのしっぽは、本当にかわいく、飼い主さん達との意思疎通に大きな役割を果たしています。

ふわふわの毛のしっぽをブンブン振って寄って来たら、どんなに嫌な1日だったとしても、全てがチャラになる気さえします。

そんなワンちゃんの大事なしっぽを守るのも、私たち飼い主の仕事です。

最初は些細なことがきっかけでも大事になることも。どうぞ、ご自身のワンちゃんを守ってあげてください。

-----スポンサーリンク-----

1件のコメント

  1. […] ◆もっと詳しく:しっぽを噛む時の原因と対処法!尻尾が下がるのは何を意味してる? […]

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ