マルチーズのトリミングを自分でやる方法!頻度や料金はどれぐらい?

マルチーズ

マルチーズは、基本的に小さく、抜け毛や匂いもなく、飼いやすい犬種です。

ただ、1番大変なのが、トリミングですよね。

マルチーズの毛は定期的にカットしてあげないと、ずっと伸び続けてしまうんです。

ショーに出るようなフルコートのスタイルから、子犬カットのように短くカットするスタイルまで、いろんなカットを楽しめるマルチーズ。

今回は、トリミングについてご紹介していきます。

-----スポンサーリンク-----

トリミングの必要性

トリミングは、ワンちゃんの毛をカットしてスタイルを作ることを言います。

マルチーズには必ず必要なんですが、なぜがご存知でしょうか?

衛生上清潔を保つため

マルチーズは毛が抜けない分、定期的にカットしてあげないと、顔も見えなくなるくらい、毛が伸びてしまいます。

また、そんなに伸びてしまったら、ブラッシングもままならないですよね?

そうなると、皮膚呼吸もうまくいかず、皮膚の疾患にかかることもあります。

また、あまりにも毛が伸びすぎていると、当然、排泄をした後、肛門周りが汚れてしまいますね。

ケガを防ぎます

マルチーズは、全身の毛全てが、カットしないと伸び続けますので、足回りも当然毛むくじゃらとなり、歩くのに支障が出て来ます。

また、フローリングなどでは滑りやすくなり危険です。

マルチーズと飼い主さんの絆のため

飼い主さんが自分でトリミングする場合でも、そうでなくても、可愛くカットしたご自身のワンちゃんを見たら、やっぱりデレデレになりますよね?

そんな姿にワンちゃんも嬉しくなるはず。

ワンちゃんは、飼い主さんの表情を読み取るのが上手ですから、嬉しそうにしている飼い主さんの顔をみて、ワンちゃんも幸せを感じるはずです。

どれぐらいの頻度でやればいいの?

常に短いカットをしているのであれば、伸びてきたらカットが必要です。

見た目ももちろん大切ですが、例えば、お尻周りの毛が伸びてしまって、汚れやすくなったり、足回りの毛が地面を引きづるようだと、緊急事態でカットが必要です。

そうなる前くらいで、定期的にカットすることをおすすめします。

うちは、だいたい2〜3ヶ月に1回くらいでトリミングをしています。

自分でトリミングする場合の手順

私はプロではないので、サロンでやってもらうカットとは雲底の差があります。

それでも日々、次回サロンでのカットに行くまでの間、グルーミングついでに、伸びてきたところをちょきちょきしています。

少しでも私自身がトリミングに慣れることで、いつか、うちのわんこがシニアになり、サロンにもなかなか行けなくなった時、私が全身世話してあげられたらいいなと思って始めたのです。

まだまだ未熟者ですが、手順をご紹介します。

揃えるもの

クリッパー

(プロ仕様は切れすぎて危険と、トリマーさんの助言より、panasonicのワンちゃん用クリッパー)

大小のハサミ(プロ仕様のワンちゃん用)

すきバサミ(プロ仕様のワンちゃん用)

コーム

ブラッシングと毛玉取り

シャンプー後のカットが1番やりやすいかとは思うのですが、まずは、全身ブラッシングをよくして、毛玉や毛のもつれをなくします。

クリッパー登場です

クリッパーで毛を刈って行くのですが、最初から短く刈ろうとすると、虎刈りになる危険があるので、自分のイメージより長めを選んでやって見ることをおすすめします。

毛に逆らうのではなく、毛の流れに沿って刈っていきます。

顔まわり、手足はハサミで

全身をクリッパーでというのは、無理があります。

特に脇や股関節の部分は、ワンちゃんの皮膚は薄く伸びるので、クリッパーで巻き込んでしまうことを防ぐためにも、ハサミを使います。

また、顔周りも同じようにハサミを使います。

ハサミの使い方

基本はハサミで輪郭を作り、すきバサミでぼかす。

素人なので、完璧にはできませんし、線が若干歪むことがありますが、ハサミとすきバサミを使うことで、限りなく、見られる状態には近づきます。

自分でトリミングする際に注意したいこと3つ

動いてしまうワンちゃん

静かにトリミングをさせてくれないワンちゃんは、無理にやろうとするとケガの元になりますので、まずは、触ることに慣れさせる他、1人でやろうとせず、誰かに手伝ってもらい、2人でやるようにしましょう。

繊細な部分はそれぞれ道具を分けて

顔まわりは、目や鼻、耳はよくみるとわかるのですが、耳の根元が2重になっています。

そういった複雑なところは、クリッパーで一気にというのは危険ですので、必ずハサミを使いましょう。

肉球の間の毛

肉球の間の毛を処理するときは、ついハサミの方が小回りがききそうですが、ちょっとでもワンちゃんが動いてしまうと、間違って切ってしまうこともあり得ます。

なので、肉球の間の毛は、クリッパーを使うのが安全です。

お店でやるといくらかかる?

気になるのは、サロンに連れて行った場合の、トリミングの価格ですよね?

今時のワンちゃんは、全身のカットと手入れ以外に、泥パックやマッサージがついているコースもあり、かわいくしてあげたい反面、金額にドキドキしますよね。

もちろん、行くサロンによって、価格設定は全く違ってきますが、基本的には4500〜6000円の間のようです。

サロン選びは、同じワンちゃんの飼い主さん同士の情報や口コミを集めて、自分のお好みを選んでくださいね。

トリマーさんとの相性は、意外と大事なもので、いいトリマーさんだと、自分が気づけなかったことでも気づいて報告もらえます。

まとめ

  • マルチーズはトリミング必須です
  • 自分ができる範囲で無理せず安全に、トリミングしてみる
  • 自分でトリミングする場合、場所によって道具を分ける
  • サロンでの相場は4500〜6000円

自分でキレイにワンちゃんをトリミングできたら最高ですが、なかなかうまくいきませんよね。

でも、普段自分ができる範囲で邪魔な毛をカットしてあげるだけでも、だいぶ違ってくると思います。

少しずつワンちゃんと一緒に慣れていきましょう。私も日々頑張っています。

合わせて読みたい関連記事

1件のコメント

  1. […] マルチーズのトリミングを自分でやる方法!頻度や料金はどれぐらい? […]

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ