筋トレで筋肉が減る原因とは?食事・プロテイン・時間帯に注意!

筋トレ 時間

筋トレをいつするかについてですが、逆にこのタイミングでは筋トレをしない方がいいという場合があります。

僕が実際に行ったのはしっかりと食べるという事です。

よく筋肉がつかないと言われる人で多いと思うのが筋トレはしっかりとするが、食事に関しては適当になってるという事です。

最低限筋トレの効果を下げるタイミングではしないようにしましょう。

その上で適切なタイミングで筋トレを行う事が効果的です。

せっかく筋トレを頑張ってるのにその頑張りを無駄にしたくないですよね?

それでは筋肉をつける為に必要な事を説明していきたいと思います。

-----スポンサーリンク-----

筋肉がつく仕組みとつけ方

筋肉がつくという事に関してもよく勘違いされてると思いますが、食事の量やタンパク質を適当にしては筋肉はつかないという事です。

実際に僕が昔やっていた筋トレというのは食事の事は考えないで筋トレをガムシャラに頑張るという事でした。

結果はもちろん筋肉は少しもつける事は出来なかったです。

というか逆に筋肉は減ってしまったと思います。

筋トレをしているのに筋肉が減る理由

どうして筋トレをしてるのに筋肉が減るのかとう事ですが、筋肉の栄養源は糖質になります。

という事は食事をしないままで筋トレをするという事はエネルギーがないという事になります。

では筋トレのエネルギーはどこからくるのか?

それは自分の筋肉を分解してエネルギーを作ろうとしてしまうのです。

僕も食事をせずに筋トレをした事がありますが、全く力が出なかったです。

という事はこの時に既に筋肉の分解が始まってるという事です。

そして筋肉はオーバーカロリーにしなければつける事は出来ないです。

とういう事は増量期と減量を設ける必要があるというわけです。

僕は増量期に毎日オーバーカロリーにして筋トレをした結果、筋肉をつける事が出来ました。

筋肉量を調べる方法は?

どうして筋肉が増えたのかわかったのか?

それはジムにある体組成計を調べる体重計があるからです。

ネットでも買えます。
↓↓↓

毎月調べました。

毎月1キロの筋肉が付きました。

約半年増量をしましたが、1キロずつしっかりと筋肉をつける事が出来ました。

もちろん脂肪も増えていきましたよ?

増量期に脂肪がついてしまうのは仕方のない事なんです。

そしてプラス大量のタンパク質が必要です。

最低限体重の2倍以上は取らないとダメです。

プラスして炭水化物の量は2000キロカロリー程摂取します。

これは結構きつかったです。

プロテインの活用を

僕は元々沢山の食事を食べる事が出来ない人間でした。

そういった人の事をハードゲイナーというみたいです。

太りたくても太れない人です。

僕もそうでした。

ではどうやったのか?

それは増量用のプロテインを飲む事です。

増量用のプロテインというのはタンパク質だけではなく大量の炭水化物と少量の脂質がプラスされたものになります。

ます朝起きてからすぐに増量用にプロテインを飲みます。

しかもそれだけではなく、その増量用のプロテインに更に普通のプロテインをミックスするのです。

そうする事により大量のタンパク質を摂取する事が出来るようになります。

大体人間の代謝できるタンパク質が40gが限界と言われてるので、40g摂取を目指しました。

食事量はどうする?

その上で一回の食事のカロリーを600キロカロリー程にしました。

そして一日の総カロリーを3500くらいに設定しました。

一日の食事の量は6回以上です。

もう常に食事の事ばかり考えていましたよ。

三時間に一度は何かを食べないと落ち着かないようになっていました。

早く食べないとやばい!って感じで。

そうする事により徐々に体重を増やすことが出来ます。

その上で筋トレをする事により筋肉が増えます。

みなさんはやってますか?

筋肉を増やしたいのなら是非参考にして欲しいですね。

僕はこうして身体を大きくしました。

1ヵ月ごとに身体が大きくなっていくのが鏡を見てるとわかります。

そうすると筋トレが面白くなってきますよ。

これまで持てなかった重いものがどんどん持てるようになってきますから。

筋肉を大きくするために必要なこと

筋肉を大きくする為に最低限覚えておきたいのがBIC3と呼ばれる「ベンチプレス」「スクワット」「デットリフト」です。

それにプラス懸垂をする事をおすすめします。

僕はベンチプレスを始めた時は40キロが限界でしたが、半年で85キロまで持ち上げる事が出来るようになりました。

もちろん個人差はあると思いますが、一年本気で頑張れば100キロを持ち上げる事が出来るみたいですよ?

僕は素質がなかったのか85キロでしたが、でも僕自身は満足しています。

正直そんなに持ち上げる事が出来るようになるとは思っていませんでしたからね。

とにかく胸が大きくなるのがわかりましたよ。

なんていうか身体が大きくなるって表現が一番いいかなと思います。

それはやった人じゃないとわからないと思います。

スクワットやデットリフトに関してもプラス50キロくらいはあげられるようになりました。

もちろんそれは僕が初心者だったって事もあると思います。

初心者というのは筋肉が刺激に慣れてなく、筋肉がどんどん大きくなるみたいですから。

その他気を付けたこと

あと筋肉を大きくする為にした事はよく寝るという事ですね。

筋トレに関しても高重量にどんどんチャレンジするって事が大事です。

軽いものをひたすら持ち上げても筋肉は大きくなってくれないです。

あとは週に3回はトレーニングするようにしました。

ジムは別に有名なジムじゃなくても全然大丈夫です。

本人のやる気があれば筋肉を大きくする事は出来ます。

僕でも大きく出来たという事は誰でも出来るって事です。

筋トレをしてはいけない時間帯

筋トレをしてはいけない時間帯は寝る前ですね。

これは間違いないです。

寝る前に筋トレをやったら寝られなくなりますよ。

あとは早朝に筋トレをやるのも無理ですね。

というかたぶんジムとかやってないですよね。

眠い状態で筋トレなんて力出ないですもん。

筋トレに効果的な時間帯

筋トレに効果的な時間は早朝と夜中以外ならいつでもいいですよ。

別にこの時間が一番筋肉が大きくなる時間なんてありません。

好きな時間に筋トレが出来る時にやればいいんですよ。

僕は大体お昼か夕方にジムに行ってましたね。

しっかりと食事を摂ってから筋トレをしてました。

筋トレってやらされるものじゃないですよね?

自分が行きたいって思った時に行けばいいんですよ。

どれぐらいの時間筋トレすればいいの?

筋トレは10分だけでも効果が出ますよ。

でも長時間筋トレをするのは筋肉が分解し始めるのでやめた方がいいですね。

これも出来る時間だけやればいいんですよ。

1時間やりたいなら1時間やればいいし。

でもしっかりと栄養を取りながらじゃないと筋肉が分解を始めるので気をつけた方がいいですよ?

僕のおすすめは30分から多くて1時間ですね。

というかそれくらいじゃないと集中力もなくなってしまいますよね。

人間の集中力って大体30分くらいらしいですよ?

そして集中力が切れたら無理に筋トレしない方がいいですね。

それこそ怪我の原因になります。

まとめ

  • 食事を大量に摂る。オーバーカロリーにする。脂肪もつける。
  • 筋トレも自分の限界を超えるような高重量にチャレンジする。BIC3をメインに。
  • しっかりと睡眠を取る。

たったこれだけです。

これだけで筋肉はつける事が出来ます。

筋肉がつけられない人はこの3つの事が出来てないって事になります。

僕でも出来たのですから誰でも出来るって事です。

たぶん食事に関しては出来ないって人が多いのかなって思いますね。

太る事を怖がってしまうっていうか、躊躇してしまうって人が多いって思います。

でもそれでは筋肉をつける事は出来ないです。

なので一番大事なのは筋トレより食事です!

みなさんもりもり食べてガンガン筋トレしましょう!

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ