七草粥の由来は?七草の種類と意味・おいしい作り方をまとめました

七草粥 由来

お正月を過ぎて1月7日の朝に食べる七草粥

青菜の色を残すために少しほろ苦い味のする七草粥を毎年頂くという人はいらっしゃいますか?

私は結婚する前は七草粥ではなく、祖母が芋粥を作ってくれていたので、結婚して初めて作って食べたときには口がへの字になるかと思うようなお粥を作ってしまったことがありますよ!

おいしく調理すればちゃんと美味しい七草粥の由来や七草の種類、そして、おすすめの作り方をご紹介しましょう!

-----スポンサーリンク-----

七草粥の由来は?

七草粥 由来

1月は冬と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、新年に贈る年賀状には「初春」や「賀春」という文言が使われているように、旧暦では「春」に該当します。

細かく言えば早春ですが、その春一番に芽吹く七草を頂くことで邪気を払い無病息災を願うとされています。

また、お正月には祝い酒や御馳走を頂いて祝うことから、普段の食生活よりも胃に負担がかかるため、その疲れた胃を休めるために七草粥を頂くという理由もあります。

元々は中国から伝わって来た七草粥。

日本では平安中期頃に始まったとされています。

その後、室町時代には一度お粥へと変わりましたが、江戸時代に「人日の節句」として五節句の一つに数えられるようになると、「七草粥」が一般的に定着するようになりました。

七草の種類

七草 種類

「七草粥」と呼ぶからにはその使われる草花は7種類あります。

こちらでは、その七草にどのような草花が該当するのか、ご紹介しましょう。

セリ

料理にもつかわれることのあるセリ。

料理の主役と言うよりは、どちらかと言えばわき役になる方が多いセリですが、実は私達の体にとって欠かせないと言われる「ビタミンC」や「ミネラル」、「鉄」や「食物繊維」を多く含むことで知られています。

地域によっては、このセリの根を使った郷土料理も作られていますよ!

ナズナ

私もそうですが、田舎育ちであれば「ペンペン草」と聞けばわかる人も多いのでは?

このペンペン草のハート型の種の付け根を皮を剥くようにスッと引っ張り、軸となる茎を回すとパチパチと音がすることから、子供のころはよくこれを使って遊んだのも良い思い出・・。

当たり前のように草として身近な存在だった「ナズナ」には、「カルシウム」や「鉄分」、「ビタミン」といった栄養素が含まれ、殺菌・抗菌作用や利尿効果、消炎及び止血作用のほかには血液循環促進作用という素晴らしい効果も含まれています!

ゴギョウ

まだまだ未知の部分の多いゴギョウ。

白い産毛のような綿毛をまとうこの草は、別名「ハハコグサ」と言い、ヨモギ餅で良く知られる草餅のヨモギが使われる前にこのゴギョウが使われていました。

しかし、「母子草」という漢字が当てられているため、「母と子を臼と杵でつく」ということは縁起が悪いとされ、この文化も全国的には平安時代よりヨモギが使われるようになったそうです。

つまり、昔から食用にはされていたということです!

私にとってはよく親しんだ草でしたが、この見た目から、とても食べようという気にはならなかったため、初めて知ったときは驚き以外には何もなかったです!

また、この未知なる食材・ゴギョウをお茶にして飲むことで、咳止めや内臓機能に役立つ効果があるとされています。

ハコベラ

良く知られた名前では「ハコベ」と呼ぶ方がピンとくる人は多いのではないでしょうか?

私が小学校の頃、この草を近所の空き地で摘んできて、インコに食べさせていたことがあります。

整腸効果に加えて利尿作用もあるこのハコベラには、植物では珍しいタンパク質やミネラルも含まれています!

ホトケノザ

一般的な「ホトケノザ」ではなく、七草で分けたときの呼び名として定着しているのは「コオニタビラコ」

本来の薄紫色の花を持つホトケノザとは違い、こちらに付く葉はまるでタンポポの葉のように広がり、黄色い花を咲かせます。

ただし、薄紫色のホトケノザは食べられないので要注意です!

このコオニタビラコが別名のホトケノザは、民間の生薬としても知られている草で、健胃効果のほか、解熱作用や風邪の症状の改善に期待できます。

スズナ

スズナとは、西洋料理でもよく利用され、ポトフの材料としても有名なカブのこと。

食用としてスーパーで見かけることもあるこのカブには、緑の葉に含まれるカルシウム量が非常に多いことでも知られているほか、煮込み料理に使う白い根には分解酵素であるアミラーゼやジアスターゼが多く含まれ、胃腸の働きを手助けする作用があります!

スズシロ

スズナに似た白い根菜は何でしょうか?

このなぞなぞの答え、そう、スズシロとは別名大根のことです!

冬の時期にはおでんの主役として欠かせない大根!

この野菜も捨てるところがない優秀な根菜です。

白い根には、スズナ同様、アミラーゼが多く含まれ、胃炎や胸やけといった不調に効果があります。

冬の忘年会シーズンや新年会シーズンにはもってこいの野菜ですね。

-----スポンサーリンク-----

七草粥はいつ食べる?

七草粥とは、そもそも1月7日に頂くことをご存知の人は少なくないのではないでしょうか?

ですが、その日がなぜ選ばれているかまでご存知の人は意外と少ないと思います。

この1月7日は、あまり知られてはいませんが、「人日(じんじつ)」の日と言います。

お正月の一つと考えられがちですが、「人日(じんじつ)の節句」とも呼ばれ、どなたもご存知の桃の節句や端午の節句とともに五節句の一つとされています。

七草粥の作り方

七草粥 作り方

上手に作ればとっても美味しく頂ける七草粥!

クックパッドではなく、お米のレシピでは有名な白ごはん.comで紹介されている七草粥のレシピをご紹介しましょう。

七草粥のレシピ

<材料 (2人分)>
・米 1/3合(大さじ4)
・水 500ml
・春の七草 市販品1パック
・塩 ひとつまみ

<作り方>
①スズナ、スズシロの根は洗った後、薄切りにする。
②小さじ1くらいの塩を鍋にお湯を沸かし、加えた中に①を入れる。
③箸で持った時に崩れないくらいに柔らかくなったらあく取りや穴あきお玉を使って取り出す。
④全ての七草の葉をさっと洗った後、③の残ったお湯を沸騰させた中に太い茎から順番に入れ、火が通れば残りの葉をさっと茹でる。
⑤④が茹で上がったら、すぐに冷水にくぐらせる。
⑥⑤を軽くしぼり、粗く刻む。
⑦米を軽く研ぎ、分量の水を加えて炊く。
⑧煮立ったら、焦げ付きの防止のためにしゃもじで底からかき混ぜる。
⑨⑧を弱火にして40分ほど炊く。
⑩⑨に塩を加え、準備しておいた七草を全て入れて混ぜたら温める。

※七草の下準備は、お粥を炊いている間に行なってもOK!また、七草はフリーズドライのものも売っているため、手軽に作りたい人にはおすすめです!

参照:七草粥の作り方ー白ごはん.com

まとめ

・七草粥の由来は中国から!一般的には江戸時代に定着したとされています。

・七草の種類・・セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ それぞれに効果・効能あり!

・七草粥は、「人日(じんじつ)の節句」である1月7日に頂きましょう!

いかがでしたか?

年明けに新年のお祝いでフル稼働した胃腸を休めるために、七草粥を作ってみてはいかがでしょうか?

さっと下茹ですることで青菜独特のクセも軽減しますよ。

上手に作って美味しく頂きましょう!

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ