手が汚れない納豆フィルムの剥がし方3選!割り箸を使うと気持ちいい!

納豆

日本独自の食べ物の1つに納豆があると思います。

美肌効果や便秘改善、ダイエットにも良いとされ、味も美味しいですよね。
(味に関しては好き嫌いが分かれるかもしれませんが。)

私も納豆が好きで定期的に食べるのですが、パックの納豆って、フィルムを剥がす時に手が汚れませんか?

もともと臭いのきつい食べ物なので、手についてしまったら一気にテンションが下がります。

そこで、この記事では私が試した手の汚れない納豆の開け方をご紹介するので、納豆好きの方は是非参考にしてください。

-----スポンサーリンク-----

納豆がネバネバする理由とは?

まずは「そもそも何で納豆ってネバネバするの?」という疑問から。

納豆は大豆を納豆菌によって発酵させたものであるいうことはご存知ですよね?

実はこの菌がネバネバの原因を作り出していて、主に「γ-ポリグルタミン酸」という物質から出来ているようです。

納豆をかき混ぜると美味しくなる?

「納豆はたくさんかき混ぜたほうが美味しくなる」と言われることがありますよね。

これはあながち間違っていなくて、かき混ぜることでγ-ポリグルタミン酸から旨味成分であるグルタミン酸が出てくるからなんですね。

手が汚れない納豆フィルムの開け方3選

ネバネバの原因がわかったところで、それを排除することは出来ません。

そもそもこのネバネバが納豆の醍醐味なので、無くしてしまっては元も子もないですしね。

というわけで、手が汚れるのを防ぐための開け方をご紹介します。

気持ちいい!割り箸トルネード

まず、パックを開けて、付属のたれやからしを取り出してください。

そして、割り箸を用意します。

納豆 割り箸

その割り箸をフィルムの上から真ん中に突き刺します。

底まで突き刺してOKですが、ここでのポイントは、フィルムを破らないようにすること。

力を入れ過ぎてフィルムが破れてしまうとうまくいきません。

納豆 割り箸

その状態で割り箸をぐるりと一回転すると、きれいにフィルムがまとまって取れます。

これはとても気持ちいので是非試してみてください♪

納豆 割り箸

あとは割り箸についたフィルムを捨てるだけ。

ただし、このフィルムを割り箸からはずす際に手が汚れる可能性もあるので注意です。

大粒は王道パターンで!

大粒の場合はフィルムに粒がつきにくいので、王道?のやり方が適していると思います。

こちらもまずはたれやからしを取り除いておきます。

納豆 王道

その後、ふた側からフィルムをはずしていきます。

納豆 王道

そしてそのままフィルムをふたに貼り付けるだけ。

食べ終わった納豆パックと一緒にフィルムも捨てられるので、一切手が汚れません。

1番おすすめはこれ!

上記の方法もいいのですが、小粒の場合フィルムに何粒かついてしまうことがあります。

これを避けるために、私が1番おすすめする方法は以下になります。

先ほど同様、まずはたれとからしを取っておいてくださいね。

納豆 おすすめ

手前のフィルムをちょっとだけ剥がし、ふたを閉めます。

納豆 おすすめ

あとはそのまま引っ張れば、1粒も納豆がつかずにフィルムを剥がすことが出来ます。

剥がしたフィルムは捨ててもいいですし、ふたに貼り付けておいてもいいですね。

フィルムが無い納豆も!

今までいかに手が汚れないようにフィルムを剥がすかについて書いてきましたが、実はフィルムが無い納豆も存在するのです!

それがこちら、「金のつぶパキッ!とたれとろっ豆」です。

とろっ豆

ふたの部分にたれが入っていて、パキッとふたを割ることで、たれが出ます。

とろっ豆

これ、フィルムを剥がした後ではなく、ふたを開けると最初からこの状態になっています!

これなら手を汚すことなく食べることが出来ますね。

考えた人頭良すぎ!

まとめ

  • 納豆のネバネバは菌が原因
  • 割り箸を使うと気持ちよくフィルムが剥がせる
  • 大粒は普通に剥がせばOK
  • 私のおすすめはフィルムを引っ張るやり方
  • そもそもフィルムが無い納豆もある

いかがだったでしょうか?

美味しくて健康的な納豆。

より気持ちよく食べるために、是非お試しください。

※本記事で使った納豆は、筆者が美味しくいただきました(笑)

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ