来週と翌週・来月と翌月の違い・意味と使い方は?

来週 翌週

「来週」と「翌週」・「来月」と「翌月」の違いは何でしょう?

わたしたちは、「来週、遊ぼうね」とは言っても、「翌週、遊ぼうね」とは、あまり言わないのではないでしょうか。

でも、それは、なぜ?

また、「来月、旅行します」には違和感を感じませんが、「翌月、旅行します」は何となく変な気がします。

「来○」と「翌○」は、どう違うのでしょうか。

-----スポンサーリンク-----

来週・来月の意味・使い方

「来週」「来月」は、現在から見て、次の週・月を示します。

例:今週はサボってしまった。来週はしっかり勉強しよう。

例:今月は雨の日が多かったが、来月は晴れの日が多くなるという予報が出ている。

「来週」にせよ「来月」にせよ、「来」の字が使えるのは「今」に基準を置いている場合です。

翌週・翌月の意味・使い方

話題となっているある時から見て、次の週・次の月という意味です。

例:あの事故の起こった翌週、また事故がおこってしまった。
(あの事故のおこった週が基準)

例:彼は、アメリカ旅行から帰ってきた翌月には、インドに旅立った。
(アメリカ旅行から帰ってきた月が基準)

「基準となる週の次の週」・「基準となる月の次の月」の意味で「翌週」「翌月」が使われています。

来週と翌週の違いは?

「今」を基準にするのが「来週」で、過去、未来、どちらにしても「ある時点」を基準に考える場合が「翌週」です。

例:学校は、来週から始まる。(今が基準になっている)

例:学校が始まったら、翌週から運動会の練習を開始する。
(未来の、学校が始まった週を基準にしている)

来月と翌月

「月」でも同じように考えられます。

例:学校は、来月から始まる。(今が基準になっている)

例:学校が始まったら、翌月にはもう、定期試験がある。
(未来の、学校が始まった月を基準にしている)

来年と翌年

「週」「月」が出たので、ついでに「年」も考えましょう。

「年」に関しても同様のことが言えます。

例:来年は成人式だから、晴れ着のカタログが送られてくる。
(今が基準)

例:成人式の翌年、私は結婚しました。
(過去の、成人式があった年が基準)

まとめ

  • 来週、来月は「今」を基準にした次の週、次の月。
  • 翌週、翌月は「ある基準となる時点」から見て次の週、次の月。

では、ここで、最初に書いた問いを思い出してください。

「来週、遊ぼうね」とは言うけど、「翌週、遊ぼうね」とはあまり言わないようなのはなせか?

もう、おわかりでしょうが、誰かを誘う場合、現在に視点をおいていることが多いからでしょう。

ですから、視点が少しずれれば「翌週、遊ぼうね」も、当然ですが、使えます。

たとえば、「中学を卒業したら、翌週から思いっきり遊ぼうね」というように、現在ではないある時点を基準にするケースです。

例:来週は山で遊んで、その翌週は海で遊ぼう。

「来月、旅行します」と「翌月、旅行します」も、同様に、基準となる時点がいつか?によって使い分けます。

例:来月は北海道を旅行して、その翌月は九州を旅行しよう。

日頃は何気なく使っている「来週」や「翌週」に、こういう意味の違いがあったのですね。

言葉って、面白くて不思議ですね。

-----スポンサーリンク-----

コメントを残す

※スパム防止のため、いただいたコメントはいったん承認待ちの状態となり、すぐには反映されませんのでご了承ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ